元警察官という異色の経歴を持つスナック美星(ビスター)のマスター。そのマスターである大清水高山氏の占いを2012年の夏に受けたことがありました。

  スナックマスターの鑑識&波動鑑定(前編)

  スナックマスターの鑑識&波動鑑定(後編)


 時の流れは速いものであれからもう2年。過去ログを振り返る度、「もうそんな前のことだったんだ。時間の使い方下手だなぁ」と計画性のなさに反省してしまうことしばしば。

 さて、今回はこれからの仕事運と健康運を占ってもらいに中央線に乗り込み高円寺まで行ってきました。


大清水高山




大清水高山


 電話で予約した時間に行くとおは当時と変わらずありました。マスターも相変わらずのガタイのよさでお元気そうだ。

 前回同様、用紙に氏名、生年月日、干支、血液型、職業、好きな食べ物、好きな色、今一番行きたい所、相談回数、占って欲しい事を記入し鑑定スタート。

 今回は今後の仕事運と健康運を占っていただきました。

 「利き手の手相を視せていただけますか」

 「はい」

 「あのー、ホントは2012年、13年くらいにですね、日本とか世界がですね今まで適当に先送りして蹴飛ばしてた問題をですね、改めなければいけない時だったんですが、まあ時期的にアセンションだった時代なんですけれども、また人間っていう特に日本人は我慢強い気質があってですね、なんか先延ばししてきた気がしますね。まあそれの限界がですね2014年度いっぱいかなっていう気がします。だからTPPにしてもまあ色んな産業や政治経済にしてもですね、また法律にしてもほんと今年度いっぱいまでと。2015年から大きくですね変化しなければいけない丁度そういう時期に来たと思うんですよ。であのー、前視たかもしれませんけども落とされる人間と残っていい人間と振り分けさせられるのが、ただこうようやくその時期が2015年の4月からあるのかなっていう気がいたしますね。『でもこれはああだろう、こうだろう』と世の中のこと聞いててがむしゃらに走った人間がもうそろそろ疲れ切ってですねあのー、癒しを求める時期に生きていることを教えられてきますね。まあそういった意味で言うとですね、人間毎日前へ進まなけれないけないわけですからね、進むための糧、言葉であったり勇気であったりね、マイナスを指摘するっていうところもちゃんとですね見つけてあげて伸ばしてあげるとかですね、そういうことを生業としている仕事っていうのは多分2015年からねスポットライト浴びてくると思いますよ。まあ○○(パンダ)さんの手相とか顔相とか視てますとですね、あのまあ来年からこう人間が何をこうどうあるべきかとかですね、どういう方向へ向かうべきとか、何を信じるべきかそういった迷う人間がいっぱい出てくると思います。辛うじて健常者っていうかなんとか会社へ向かって頑張って歩いてきた人間もですね、来年は壊れてくる人いっぱい出てくると思うんですよね。潜在非健常者って出てくると思います。まあ自らの部分はご飯食べて会社に行って給料貰って家賃払って光熱費払ってやっててもね、メンタルが壊れる人間はいっぱい出てくると思いますよ。そういったときの道標になる人間がですね、それに応じて必要になってくると思いますね。○○さんのやっていらっしゃる仕事とかこれからもっともっと僕は求められていくと思いますね。その代り辞めてしまうもう駄目だといってあれだけ沢山あった占いのいろんな人たちが撤退して辞めてですね、今OL普通にやってますよね。だからもう残ってやってください。残るべき資格のある者とやっちゃいけないよというね、そういう中途半端な気持ちで人の心を左右するやっちゃいけないってね、これしっかり区分けされる次期になると思います」

 「ふう~~む。。。私は区分けされて。。廃業っていう形になる?」

 「いや、ならないと思いますよ・・・・・(省略)・・・・・」

 ここで先生にOCNブログ終了し新たなブログで再スタートしたことを話した。その結果、どうやら来年の私の誕生日、または節分以降運気が上がるということであった。そして先生は続けた。。

 「自分の運気が悪いとかそういうことじゃなくって○○さんはまだまだですね、全然悪い運気にいないといないと思いますよ。これはねえ。。試されていると思いますね」

 「私いつも不安が尽きないんですよね。経営者は基本的に能天気なくらいの方が経営は上手く回るものなんですか。それとも足元見ながら石橋叩いていくべきなのでしょうか」

 「やっとその形の無いものがですね、色とか匂いとか物質的に無いものがですね、我々は売っているわけですから、これはですね悲観的に石橋を叩くべきものではないんです。結局自分はネガティブな状態にいるっていうものがエンドユーザーにネガティブに伝わっていくんです。決して私は拒んでますっていうわけでもなんでもないんですけどね。ま、これは全部伝わってくると思うんですよ。目に見えないものの中に運気が流れていきます

 そして相談は続き。。。
 「今後人を増やしていくべきでしょうか?」

 「だからそのーむしろですね、『この枠空いてるんでちょっと来てくれませんか』って○○さんがへびくらうんでなくってね、もっと強気でですね君の実力をですねもっともっとですね試してみたらどうだってね、むしろ強気でですね、『こことここの枠が空いてるからね、君だったら出来るんじゃないか』ってね、お願いしますというよりかはやってみたらどうだっていう強気の発想の方が僕はいいと思います」

 「いい時期に出会った人とは上手くいくとか、悪い時期に出会った人とは上手くいかないっていうのはあるんですか?」

 「元々○○さんの持っている運気の総量ってやつですかね、悪いときに出会っても落ち着きがない人は落ち着かない、残る人はちゃんと残るわけですね。量の力学、量的なものはね、小さい人っていうのは辛うじて運がいい時だけ上手く回ってるんですよ。そういう制度は一気に叩き付けられて無くなるわけですよね。振り落とされるんですね。なんか運気の総量はちゃんと持っていらっしゃると思いますよ」

 「霊障はないんでしょうかねぇ?」

 「霊障で物事視てしまうとですね、ちょっとしたことでも何もかも自信が持てなくなってしまいますよね。その道のエキスパート、トップアーティスト、トップアスリート、実業家、事業家っていうのはですね、みなさんやっぱり運気の悪いときにですね、皆さん船出してますよね」

 「あ、そうなんですか」

 「よくいう大殺界とか天中殺ですね、厄年に皆さん船出してますよ」
 
 「あー、なるほどね! じゃあ、新たに人間を入れても問題ない!?」

 「問題ないと思いますよ。○○さんが見て感じる。だって自分が積極的にやっているというよりもね、そういう引き合わせる仕事をやっているわけですから、見てこの人だったらお客さん呼べるなだったりだとかね。大体分かるじゃないですか、ね。そういう人に声を掛けてですね。。声を掛けられた人間はですね、最初はもう何か色々言うかもしれませんが、実は心の中はですね、ちゃんとスケジュール調整してですね、『この日は行けますけど』ってね、言葉は準備してると思いますよね。だから一度怪訝そうな顔されたときに『あー、御免なさい。余計なこと言いましたね』って引くんじゃなくってですね、まあ2度、出来れば3度くらいアタックされてですね、『じゃあやりましょうか』って僕はアリだと思いますよ」

 ここで今後の仕事運を『確認』してみた。。

 「他の先生方にも相談したんですよ、『今後どうなりますか?』って。それが皆、『大丈夫』だって言うんですよ。占いってそういうもんなんですか? どうなるんでしょうかって相談して、『いや、あなたもう駄目だね』とは言わないものなんですか?」

 「駄目なものは駄目って言いますよ。必ずちゃんと言ってあげます」

 「あ、そうなんですかぁ」

 「ええ、もう泣くほど言いますね。『もう少し頑張っても駄目?』と言われても『辞めろ辞めろってね』皆に迷惑掛けるんだから辞めなさいって」

 「今のところで存続できる?」

 「僕は2015年度まではですね、これはちゃんとですね自分の中で実力を発揮するまではですね、撤退ということは考えない方がいいですね。『撤退』って言葉考えた瞬間から運気っていうのは一気に下がっていきますからね」
 
 「私の指導霊は軍師だって言われたことあるんですね。だからNo.2タイプだから誰かをサポートするタイプかなと。だから私が独自でやるよりも誰か経営者を見つけて組んだ方がいいんでしょうかねぇ?」正木りささんから聞かされた背後霊団のアドバイスは今でも心に残っている。

 当時の鑑定:背後霊団を知り、腑に落ちる ( 前編 )

 「その人間関係をいたずらにですねぇ、複雑に広げる必要はないと思いますよ」

 「ボスの器じゃないなと最近思うようになりましてねぇ」

 「ボスの器じゃないと自覚してもですね、かといって他のボスにずっと寄り添ってですね、その人を支えていくだとか、管理運用するだとかそういうものでもないと思います

 これは2年前宇治眞七美さんも同じようなこと言ってた。

 当時の鑑定:宇治さんとパンダの相性鑑定

 「安心してていいんですか、それともビクビクしてた方がいいんですかねぇ、経営って」

 「大量の食材を仕入れてしまったとかですね、明日から十日掛けてこれを処理しなければならないとかね、天気予報はどうも雨っぽいぞ。どうするんだって考えてもしょうがないと思います」


 次に人物透視をしてもらったが、統計学的なものだけでなく霊感で視えているようなアドバイスであった。


 最後に健康運についての相談。。

 「健康運は多分ですね、少しこう無意識の内に寝てる間とかですね、ちょっといろんな考え事してるときにですね、奥歯少し噛んでるような気がしますね

 「あ、そうですか! はあ~~~」

 「ちょっと歯と歯が触れてるような気がします。普通は1㎜くらい浮いてるんですがね、グッと力入ってですね。あの~、そういうことになると頭を支える、脳を支える首の筋肉だとかこれに血流障害が起きてですね、また気の経絡だとか新鮮な酸素の血液が全身の気の巡りが悪くなるんですね。どーしても考え方がですね、マイナーな方へ転がっちゃうんです。頸椎のところも少し歪んでますし、多分腰椎とかもですね骨盤も斜めに変形している気がいたしますね。あなた自身が一般の人よりも考えることが多くなってしまっているので、どうしても体のシンメトリーがですね保てなくなってくるんです。どっちかに傾いたりね。それを保とうとして変な姿勢になったりですね、そういうことによってなんかこう『大丈夫かな』とか。『まあなんとかなる』だとかね、そういう気持ちに段々なれなくなってしまうんですね。こういう時こそね、体に少し汗をかいてですね、あんまり得意じゃないかもしれませんけれども、マイナスをデトックスするくらいのですね気持ちで。考えて考えて寝れないというよりも筋肉が少し疲れてですね『あーこれどうしようかな』とか思っている内に気が付いてたら寝てたっていう精神の疲労をですね肉体の疲労をもってこれを制す。それに尽きると思います」

  奥歯の話は予想外の回答で驚いたが、姿勢の悪さは確かに納得。そして7月頃から足を痛めた話をしたところ、姿勢を正し肩甲骨を伸ばして歩くことが改善の道とのことであった。

 「食べ物、飲み物でよくなるということではない?」

 「50歳までは適当なものを食べてていいですよ」

 「今年何人かに胃が真黒だって立て続けに霊視されたんで胃癌とかちょっと懸念しちゃってるんですけど」

 「顔相、手相でいいますとね、そんなものはないですね。歯の噛み合わせ頸椎、腰椎、骨盤の歪みからくるですね消化器系の違和感とか鼠蹊部の違和感とかもストレスからくるんです。だからちゃんとですね深呼吸してですね正しい歩き方をしたり正しい座り方をすることによってそういう不安は消えてくると思います。もうそれしか考えられないです

 運動するのが良いとアドバイスをされたので散歩かサイクリングどっちがいいか聞いたところ、フィットネスクラブでマシントレーニングをするのがベストだと勧められました。

 散歩じゃ駄目なのかなぁ。。体育会系じゃないんですよねぇ。


 毎日20人を超えるほどのセッションをしているという先生。最後にその秘訣を聞きました。

 「僕は占い師は占い師ですけども、若い人だったら自分のお父さんでありお兄さんでありね、話を聞いてあげる。『話を聞く』っていうことから始まりますから。あとは警察OBなんで、占いを超えたような夫の暴力だとか離婚に関することであったり、また変な人間に会わされたことによってだとかね。自分の後輩だとか知り合いの弁護士さんだとかむしろ自分のアウトソーシングできるようなブレインいっぱいいます」


  美星 高円寺の占い師 大清水高山の占いサロン


  占い処PanjaRoom Information

 このブログサイトにつきましては、パンダが興味を持った占い師や商品に対して、実際に体験したり商品を使用して、その時にパンダ自身が感じたことをストレートに表現している感想文にすぎません。そしてまた、パンダが見聞した様々な事柄に対する評価は全ての人に値するとも限りません。占い鑑定に行かれたり商品を購入される事に関しましての保障は一切致しかねますので、十分ご検討の上、読者様の自己責任にて行動願います。


 にほんブログ村 その他趣味ブログ 開運カウンセリングへ    ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対 com 黄