昨年まで五反田でセッションをされていた霊感&占星術のスピリチュアル占い師アンダルシアさん。

  andarucia~アンダルシア~

 その後は恵比寿に移転されたようで、先日その新たな鑑定場所へと足を運んで来ました。

 今回は2009年夏以来、5年半振りの鑑定となります。。




アンダルシア
 恵比寿駅から歩いて2~3分ほど歩いた場所にあるマンションの一室。

 そのマンションに到着すると、占いで使うにはいい場所見つけられたなと思うほど築年数の割には古さを感じさせない綺麗なマンションだ。

 アンダルシアさんとはご縁なのか、以前当占い処の顧問をお願いしてもらっていたこともある先生である。




アンダルシア
 占術は以前と変わらずアンダルシアさんお気に入りのラピスラズリの振り子を使う霊視と西洋占星術で占って頂きました。


 仕事運

 「今後のパンジャの運勢はどうでしょうか」

 「抱えている占い師さんが金運と人気運があるかどうかってだけなんだよ。場所はどこでも占い師さんと相談者との縁とか相性とかってのがあるからさ。でも6人抱えてるんだったら回っていくと思うよ」

 「毎日出てくれるわけでもないしねぇ」

 「誰もお部屋使ってないって日があるの!?」

 「75%しか稼働してないんですよぉ」

 「じゃ、もう一人入れるの?」

 「欲しいですよねぇ」

 「募集してもう一人入れたら?」

 「誰かいないっすかぁ」

 「いないよぉ」

 いい先生並べすぎてしまったせいか、今年は同等レベルで新たに発掘するのが難儀になってしまった。


 「占星術的にいうとぉ、4月頃っていうのはあなたの太陽と土星が重なるのでちょっと停滞なのかな。土星って星は『停滞』とか『我慢』っていう意味もあるんだよ。プラスに働く時はなんか今まで温めてきたものの実績が認められるんだけど、基本的にはその頃はちょっと停滞なのかな」

 「私心配してるのが、これからの3ヶ月間なんです」

 「そうすると2015年の2月っていう星回りを視た時に土星がやっぱしあんまりいい角度じゃないんだよな。土星って星が○○(パンダ)さんの太陽と90度っていう不調、停滞とかちょっと自分が心配になってくるとかちょっと前へ進めないとかっていう感覚になってくるっていったらそうかもね。だから占星術師が来年停滞の星座は魚座って言ったり射手座って言ったりすると思うよ。この頃は停滞っていったら停滞かもな。なんとなくパーッとしないかも。現状維持で行けたら良しにしといて。で、その時期を上手く乗り越える。。。ちょっと停滞であっても最悪ではないよ


 ブログ鑑定

 次にブログは今のラ○○ドアで正解だったのか、又は独自ドメインを取りこのブログでつづけるか、はたまたFC2やセカンドブログのアメブロにすべきかという相談をした。

 「今動いてもあまりパッとしないような気がする。春までちょっと待ってみた方がいいと思う。。今はちょっと停滞なのかな、でも何度も言うけど最悪じゃないよ」

 「今のブログはどうなんでしょうか?」
 「△かな」

 「はぁ。。△。アメブロに移るべきですか?」

 「うんうん」

 「アメブロってそんなにいいんですか。。あんまりいじれないしね~。なんでアメブロがいいって出たんですか?」

 「あなたとの相性で視たときそっちの方がいいのかなって」

 「FC2はどうです?」

 「ん~、△かな」

 「△かぁ。。じゃあ独自ドメイン取ってラ○○ドアでやるのはどうです?」

 「なら独自ドメイン取るう?」

 「するとどうなるんですか?」

 「まだこっちの方がいいのかな、このまんまっていうよりも」

 「○ですか△ですか?」

 「○って」

 「アメブロか独自ドメイン」でラ○○ドアにする」

 「例えばまたOCNみたいなことになっちゃうと困るんでね~」

 「○○さんはどうしたいの?」

 「私は今ので問題なければ今後コロコロ変えるよりも。。若しくは変更するんだったら早い方がいいかなと思ってね」

 「ん~、じゃ今変更したとしても星回りあんま良くないんだよなぁ」

 「悪い時期にやっちゃうと後々良くならないんですよね」

 「そうなんだよ、うん」

 「月と水星も180度、書くとかなんかそういう情報のものは180度だから結果オーライにならないんだよね」

 「じゃあちょっと待った方がいいですね」

 「待った方がいいなぁ。春先かなあ。3月いっぱいまで考えて4月頃からっていうのがいいかな」

 「そういえばアメブロがいいというのは、先日陰陽眞澄さんっていう方からも言われたっけ」

 「そういう占い師巡りみたいなのはまだやってるわけなのね」

 「やり方を変えていかないとっていうのも言われたんですよ」

 「もう流れが変わってきてるってことなんだよ。臨機応変に変えてくしかないんだよ」

 「これからまた振出しに戻ってぇ。。」

 「でもなんかそんな感じだよ。不安かもしれないけれどちょっと仕切り直しで」

 「勢い戻るんでしょうかねえ?」

 「でもあなたってブログ書く才能あるし、それで人引き寄せるっていう才能があるんだからブログは書いてたほうがいいと思うよ。じゃないと自分がなんかこう中途半端になんか腐っちゃうよ」

 「ふぅ~~む」

 「仕切り直しで時代の流れなんだからしょうがないからアメブロか独自ドメインで考えるかちょっと今ラ○○ドアで様子見ててっていうのが今の答えなのかな。ちょっと停滞なんだよ、ちょっと」

 「例えば△ってのは、これメインでこのまま続けてったら結局将来的に伸びて行かないってこと? ○なら上がるけど△なら上がらないってこと!?」

 「だから上がってくのに少し時間が掛かるっていうんじゃないのかな」

 「△だと途中で障害が起きるってことあるんですか?」

 「障害が起きるっていうんじゃなくって、なんかギクシャクしててちょっと時間が掛かるってことなのかな

 「ふ~む」

 「でもそこまで運気悪くないから大丈夫だよ」(笑)。

 「最近あちこちで相談したんですけどそこまで悪くはないって言われました」桃伽さん、麻耶さんはじめ多くの先生方に言われてきた。

 「凄く良かった時と比べてるから不安になってるだけなんだよ。私は順調なほうだと思うよ」


 ラッキースポット鑑定

 陰陽眞澄氏に先日言われたラッキースポットの恵比寿について聞いてみた。

 「私、恵比寿に縁はないですか?」

 「あなたが恵比寿って感じしないけどお。山手線沿線上だと違う場所だよ」

 「私が恵比寿に来たら営業妨害になるからそう言ってるんじゃないですかぁ」(笑)。

 「でもお、恵比寿って多いんだよ。どの業種も激戦区だよね。直ぐそこにも占いの館あるしね、激戦区だからさ。その代り人の出入りも多いよ。。。あなたがやるとしたらあ、高田馬場とかぁ」

 「ふふふ、馬鹿にしてる~。わざと言ってるぅ、高田馬場?」(笑)。

 「なんでえ、だってあそこだって人の出入り多いじゃん」

 「あっはっはは~、馬鹿にしてるう」(笑)。

 「縁で視てるんだよ」

 「わざと遠ざけようとしてる」(笑)。

 「じゃ、恵比寿で探すう?」

 「今のところより恵比寿の方がいいって言われたんですよ。『青山とか広尾じゃなくって恵比寿ですか?』って聞き返したら、『ホントは恵比寿だといいんだよねえ』って言われて」

 「まあ商売やるなら恵比寿は恵比寿様があるくらいだからね。ここ(恵比寿)ってねえ、ちょっと盛り上がってるでしょ、古墳の跡なんですよ」

 「誰のお墓なんですか」

 「誰か分からないくらい古いらしいんだよね。確か大家さんが一枚岩で岩盤になってるからって言ったからちょっとそういう神倉、岩倉じゃないけど。。そこに神が宿るわけじゃないけどスポットとしてはここは凄くいいですよ」

 「あっちの広尾駅界隈は江戸時代武家屋敷だったようですよ。私江戸時代の前世だか守護霊が武士だったんで縁があったのかな」

 「代官山っていうのもそうでしょ。お代官さんがいたとかね」

 「以前先生が私の前世はドイツにいたって言ってたじゃないですか」

 「うん」

 「で、あそこの同じブロック内にドイツ大使館と中国大使館の別館があるんですよ。中国でもやはり前世であったんですよ」

 「ありますよ、あなたに」

 「あったんで、それでもう一つ、二つ隣のブロックにフランス大使館があって、フランスでも生を受けてたっていうこと1,2回言われたことあったんですよ。だからこれも縁なのかなと」

 「まあ場所って土地の神様との縁だからね。そこに来たときも行けないときは行けないし、まあそれは縁でしか決まらない。土地の神様との縁だから」

 「隣町が白金なんですけど、そこは元々昔豪商の住む地区だったらしいんですよね。だからあそこは商売人に縁があるかもしれないですね。だから自分は白金でっていう感覚、気持ちはあまり無いんですよね。だから土地の縁ってあるんだなと」

 「あると思う。白金っていったら違うかもねぇ」


 健康運

 「健康はどうかなと思って。。」

 「今どこか悪いかっていったら別に悪くないよ。元々胃腸系は気を付けた方がいいけど。あと、『病は気から』っていうでしょ、考えすぎちゃってなんかこうストレスで自分で胃腸にくるっていうそういうタイプ。ストレスをため込むところがあるんだよ。それは胃や腸にきやすいわけ」


 オーラ鑑定

 「オーラ鑑定出来ますか」

 「一番最初に来たときハッキリ言ってあまりいい色ではなかったよ。ちょっとグレーっていう色だったよ。だけど今はそこまで悪くないよ。オレンジ色もちゃんと頭の上にあるし、薄い紫色(首、肩辺り)にもなってるし。。だから胃が疲れてるだけなの。ちょっと疲れてるだけなの。だから少し小食にしたら。例えば一日食べないとか。。結構占いが好きでぶっ飛んでるのかなと思ったら意外と現実的なんだよね。がからあなたグラウディングはしてるよ。1番、2番のチャクラはちゃんとしてると思うよ。だからそこまでぶっ飛んではいないよ。ちょっと胃が疲れてるなってだけ。胃が疲れてるんだったら断食しちゃった方がいいよ。水分は取ってよ。休めてあげる」

 「意がもたれ気味なんですけど、それって年齢的なもんなんですか」

 「いや違うと思うよ。だって最初に来た時は胃じゃないもん。なんかその時は気持ちがブルーだったから。でも今はそうじゃないよ」

 「あの当時は、来月の家賃光熱費の支払いも厳しい時期でしたからねぇ。仕事も無くってねぇ」

 「そうだよお、あのとき『仕事なにしたらいいですか』って言ってたんだもん」

 「今そういう悩みは無くなったんですけどねぇ」

 「悩みは作るもんじゃないから作っちゃ駄目だよ。。別に変な霊障も無いよ


 守護霊鑑定

 「そうですか、お~。。。前世とか守護霊は視えますか?」

 「守護霊さんは男の人が憑いてるよ」

 「どんな人ですか」

 「あなたは女性の前世が多いよ。6:4とか7:3くらいで。で一個前も二個前も女性だったんだけど今回は男性を選択したんだよ。ほんでまた女性を選択しちゃうとバランス悪くなるから今度ちょっと男で頑張って社会出ようと。だけど女性の質が強い分、社会の波を上手に乗り切れないの。だけどそれを頑張ってここまで来たのよお」(笑)。

 「守護霊はまだ変わってないですか」

 「そんなに簡単に変わらないよ」

 「変わったことによってこの運気が変わったのかなと思って!?」

 「指導霊は変わる」

 「どんな人?」

 「指導霊は男の人で生まれたときにお坊さんだったって言わなかったっけ?」

 「怠け者の坊さんが憑いているとは言われたことありますが」

 「それは自分の前世。自分の前世と守護霊って少し重なるんです。指導霊も少し重なるよ」

 「今はどんなのが憑いてるんですか」

 「今はそのお坊さんっていうのは相変わらず憑いてるね。でもあなたのことは凄くバックアップしているよ。ちょっとまってね・・・(霊視中)・・・んー、『心配することない』って言ってるけどね」

 「その坊さんは指導霊なんですか」

 「守護霊って言っときます」

 「確かに私も怠け者です」

 「でもブログを書くことが仕事。それで占い師さんを管理して収入を得るっていうのもそれは半分仕事なの。それで占い師さんと上手くやって行くってこともそれを仕事だと思ってください。だから根は真面目でなんか腹黒くないんだよね。根は純粋でいい人だと思うよ。変な馬鹿正直さがあるなと思う。まあ、『怠けた』って反省しているお坊さんだから、『ちょっと頑張ってやってよ』っていうサインはあなたに送ってるよ」(笑)。

 「ふぅむ」

 「だからあなたは社会に出てサラリーマンは出来ないんだよ。やるんだったら別にやってもいいけどやっぱし出遅れる。自分が(過去世で)やってないから。質がそういうタイプじゃないんだよ。だから信仰心があってなんか誰かのためになれる仕事を今出来てるわけだからこれで良しとしたほうがいいんだよ

 「ふぅむ、なるほどねぇ」

 「で、皆のためになんか良くなってもらえたらいいなと思う。守護霊さんは坊さんだよ」

 「『凄く厳しい坊さんが憑いてる』って言われたことも何人かから言われたことあるんだけどまた違うんですか」

 「厳しい坊さんが憑いてるんだったらもっと厳しくなってるかもね。守護霊って人は自分とちょっと同化してるし、一つ格上くらいの人で、自分と守護霊ってのは少し同化してるんだよ。だから守護霊と自分ってちょっと似てるの」

 今回は上記のような感じで私の相談は終了しました。

 高田馬場について後日改めて思い返してみたところ、学生時代高田馬場にある学校へ通っていたことがあった。また以前住んでいた東村山は都内へ出てくるときは西武新宿線を利用していたため、乗り換えで高田馬場駅は長いこと利用していた。
 また、年に一、二度行く預言カフェは高田馬場だし、ここ数年部屋に貼っているお守り一陽来復の穴八幡宮は高田馬場の隣町である。
 そして思い出すこと数年前、「ちょっと相性いいかも」と思ってた女性の住まいが高田馬場のはこれも偶然だろうか。その他思い返してみても、『高田馬場』というキーワードはいくつか出てくる。
 単なる偶然にしては自分の住んでた場所でもなければ勤めていた場所でもないのに不思議であります。

 今回のセッションは私にとって今後の運勢を再確認できたこと、そして新たな発見をすることができました。


 そして最後に私の知人から預かってきた相談内容を先生にお見せし鑑定して頂きました。


************************************************************************************

知人A(40代 女性)

【 相談内容 】

今回12月より、今の派遣先に勤務になりました。
こちらの会社は、お仕事をきちんとすれば永く勤められる可能性もあるとのことです。
年齢のこともありまして、ぜひとも頑張りたいです。
果たして今回、永くきちんと勤められるでしょうか。
仕事は、食品関係で興味ある分野です。
前任の方は、職場の社員さんと揉めてしまい辞められたようです。
イライラしていたのか?前任の方に、引き継ぎの時結構厳しく指導され、正直私は萎縮しています。
私はしっかり自分を保ち、今後やっていけるでしょうか。
やるしかないのですが、占って頂きたいです。よろしくお願い致します。



 「この人、嫌なことあると結構尾を引くところがあるから、うーん、時期で視てもこの人もこの1月、2月がひとつのピークで、ちょっと迷うだろうなぁ。。。でも私は続けた方がいいと思う。1月、2月はちょっとブルーになるかも。それを過ぎれば。。うーん、続けられるかな。。。。あのー、この人はシッカリしてるし別にあのー、これでやるんだってなったら真面目にきちんとやれる人であると思う。ただ一回誰かになんか言われてしまうとこの人結構萎縮しちゃうね。この人いつまでも覚えているよ。『あの人にあれ言われたこうされた』って。で、ちょっと空気を読みすぎる傾向にあるから気を遣わないようにって言っといて。気を遣いすぎるの、空気読みすぎ。人の顔色伺っちゃったり、それで自分が疲れちゃうとこあるから。あの非常に人情味もあるしね、なんかこう誰かを面倒見るみたいな質も持ってる人だから、この人自身には問題ないけどね」

 「プライドが高いとかワガママというのとは違う?」

 「人の好き嫌いはハッキリしてくるよ、この人は。切羽詰ってないっていうのもあるんだよ。プライドが低いかと言ったら低くはないよ」

 「仕事をキチッとしていれば嫌な上司がいても何か言われることもないとは思うんですけど?」

 「いじめたくなるオーラの人っているんだよね。だから言われない自分も作っとかなければダメ出し、自分も言わないようにする。難しいよねそれは。まあ2月を乗り切ったら大丈夫だよって言っといて。その頃『ここ選んで良かったのかな?』ってちょっとテンション下がるけど、それを過ぎたら大丈夫でしょうって」

 「結局のところ甘いんでしょ?」

 「じゃ、この人にガツンと言った方がいいのかっていったらそういうタイプじゃないよね。言っちゃダメなタイプだね。傷ついちゃって委縮しちゃう方だから。ガツンと言ってあげた方がいい場合もあるんだけど、この人は違う」

 「前職の人がトラブったっていうのは確かに気になりますよね。だけどそれは自分が先に仕事をきちんとすればいいわけでは?」

 「そうそう、この人がじゃあまたその人と揉めるかっていうとそれはまた別の話だからね。。まあ、言われちゃうと委縮して殻に閉じこもっちゃうところがあるからこういう人にあまりガツンと言っちゃダメ。自分のせいにするっていうのは自分が辛くなるから。人のせいにするのは楽だからね。まあしょうがないかなそういう人は。ガツンと言う人は誰かいるよ。言われて、『あの人に言われた』、『傷つけられた』って、またそういう人のせいにするのかもしれないけどね。しょうがないから。。。そういう人なんだもん」

 「他にこの人に何かアドバイスがあれば」

 「まず体の部分で気をつけなきゃいけないのが、やっぱり女性独特の病気だよ。子宮系。それとまだ若いけど更年期障害っていうのは出やすいです。体質的にホルモンのバランスが崩れやすいです。だから気まぐれなんだよ。その時その時の気分で。だから今日と明日が違うんだよ、こういう人って。だからお腹とか腰まわりもっと暖めなきゃダメだよって。半身浴してねって言っといて。普段から冷たいもの食べたり飲んだりしない。要するにいつもお腹を温めるっていうことを意識しないとダメだよ。で、そのお腹の胃の調子の悪さっていうところで、気分が大分ムラがあるから。そういう人なの」

 「前世は?」

 「前世は。。。。お子さん産んでるよ。んーっとお、いくつか視えるのは、日本の転生多いよ、この人。それでいくつか視えるのは、職人の奥さんだったとき。それと戦に行ってる武士の奥さんだったときと二つある。それが今回大きく出てるよね。。。職人の旦那さんは座って何かモノを作ってるね。それで戦の時代の頃っていうのは戦国時代だね、うん。旦那さん亡くしてるね。だけどお子さんは両方ともいる旦那さんが武士だったときは自分も早死にしている。お腹とか子宮系が冷えてるから暖めるしかない。冷え性なの。ホルモンのバランスがとても崩れやすいからね。。。気分屋なの。自分に正直って言ったら正直だよね。自己中って言ったら自己中かもよ。だからこの人が気を付けなければいけないのは、子宮系、腰、あと喉とか首、あと肩とか。この人に胃腸は出てこないよ。あと冷えてて気分にちょっとムラがあるかな。お腹とか腰回りいつも冷えてると思うよ」



【 Aさんからの感想コメント 】

アンダルシアさんの鑑定、ありがとうございました。
来年2月を過ぎれば、今の仕事は続けられるんですね。
まさに私も、その頃が勝負だろうな、と感じておりました。

人に何か言われると気にするほうです。
空気を読み過ぎるのも、そうかもしれません。

威圧的な人に、目をつけられやすいのかもしれません。
それが、「いじめたくなるオーラ」だとしたら、怖いですね。

私は、前職の方が揉めた人と、揉める気は全然しません。
そこは気にしてなかったので、その通りだと思います。

体は、よく色々な方に子宮系に気を付けるよう言われていました。
ホルモンバランスが崩れやすいんですね。
お腹を温めなきゃいけないんですね。
気を付けようと思います。前世は、女性が多いと他でも言われたことがあります。
旦那さんが職人さんや、武士というのは、今の旦那さんだと思います。旦那さんの雰囲気にピッタリです。

旦那さんが前世で戦で死んだから、今も私は旦那が事故に遭うのでは、健康を損なうのではと、いつも心配なんだと思います。

全てとても当たっていると思います。驚きました。

来年2月を超えるまで、お仕事何としても頑張りたいと思います。
この度は、ありがとうございました。


************************************************************************************


 【 アンダルシアさんの過去ログセッション体験レポ 】

  霊視&占星術で良心的な鑑定 前編


  霊視&占星術で良心的な鑑定 中編


  霊視&占星術で良心的な鑑定 後編



  芸能界の駆け込み寺 前編


  芸能界の駆け込み寺 中編


  芸能界の駆け込み寺 後編



  パンダも駆け込む占い師 読者編


  パンダも駆け込む占い師 先生編


  パンダも駆け込む占い師 仕事編


  パンダも駆け込む占い師 最終編


 占い処PanjaRoom Information

 このブログサイトにつきましては、パンダが興味を持った占い師や商品に対して、実際に体験したり商品を使用して、その時にパンダ自身が感じたことをストレートに表現している感想文にすぎません。そしてまた、パンダが見聞した様々な事柄に対する評価は全ての人に値するとも限りません。占い鑑定に行かれたり商品を購入される事に関しましての保障は一切致しかねますので、十分ご検討の上、読者様の自己責任にて行動願います。

   にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ   菜食のススメ 静止 com 緑