時が経つのは早いもので前回の預言から14ヶ月、既に一年を経過しておりました。

 今回急に訪れたい衝動に駆られてしまったのは、この夏体調が悪くこのままでいくとヤバいんじゃないかなと真剣に思い悩んでいたから。。

 というわけで今回も高田馬場にある預言カフェへ預言を頂戴しに行ってきたのであります。



007

 場所は高田馬場駅新宿寄りの改札を出て線路沿いを新宿方面へ2~3分歩いた所にある。






009

 アライズ東京キリスト教会が運営する預言付きのカフェ。








008

 金曜日の夕方6時前に訪れてみたところ、この日は5~6人待ち状態で15分くらいで着席することができた。

 スペシャルティコーヒーという最上級グレードの豆で淹れるここの珈琲は味にも定評がある。今回はアイスコーヒーを注文。


 3分の2程度飲み終えたころ、前回同様松葉杖の初老の男性が私の席へやってきた。男性客はなるべく男性スタッフが対応するようにされているのだろうか。それはともかく今回もICレコーダーを渡して預言はスタートした。




 主が言われます。我が愛する息子よ、私はあなたを愛しています。

 私はあなたが今まで誠実に一生懸命物事に取り組んできたその姿を視ていました、と主が言われています。


 私は今あなたが今までなかなかその取り組めなかった、あるいは自分の力でなんとか出来ないんじゃないかと心配になってやり掛けたんだけど途中立ち止まってしまった。そういったものに対してもう一回勇気と自信を持って取り組む事が出来るようにあなたにその知恵と力を与える、と主が言われています。


 あなたが今まで見てきたというか捕らえ方ではなくて、新しい捉え方を持つことによって、例えば全部やろうと思ったときは難しいかもしれない、でも幾つかのパーツというか部分に分けて、「この部分は自分がやってこの部分とこの部分は誰かと一緒にやろう」、「この部分はあの人が得意だから任そう」とか、そんなふうに全部いっぺんにやろうとしないで、何人かで分担して最後に組み合わせれば、あるいは力を合わせて何かの形にするそういった見方、捉え方をすることによってあなたが一回チャレンジして難しいと思って止めてしまったもの、それにもう一回向かい合いそして今度はちゃんとそれを形にする事が出来るそのような経験をちゃんとさせる、と主が言われています。


 あなたが持っているそのアイディア、「それ、もっとこうしたほうがもっと良いものが出来るんじゃないか」あるいは皆が気が付かなかった、「こういうふうにすればもっと便利になるのに」、「もっとこう工夫すればやりやすくなるのに、使いやすくなるのに」と思っていたものをあなたがこれから順番にアイディアとして周りに伝えていくそのような自分の思いを伝えるっていう勇気、その自信、それもこれからあなたに与えていく、と主が言われています。


 あなたがこう地道に色々取り組んできたその成果が、その経験がこれから満たされる、と主が言われています。


 「今までこういうふうにしてきたけれど、こうしたほうがいいんじゃないか」とあなたが語った幾つかの事が大きな切っ掛けとなって、なんか流れが変わっていくっていうか、今までこうでなければいけないと思ってマンネリというかいつも同じことを繰り返していたそのような流れから、「じゃあ違う発想で、違う見方でこういうのをやってみよう」、「新製品で良いものとしてこれをやってみよう」とあなたを中心として周りが動き出す。そのような変化をこれからあなたが見ることになるでしょう、と主が言われています。


 自分のやって来た事が、自分自身にとっては平凡で毎日変わらないことをやってきたと思っているかもしれない。でも他の人から見たら、それだけ集中して出来るとか、同じことに取り組めるとかそれはとっても大きな力ですよ、と主が言われています。


 ですから自分のやってきたことに力を持ってそして勇気を持って、「こういうことをやってみたら」と今まで考えてきたことをこれから形にして行くものとして私はあなたを用いていきます、と主が言われています。


 そしてあなたが暫くの内になにか下に仲間。。若い人を仲間にして育てて行く。そのような新しい役割もあなたに与えていきますよ、と主が言われています。


 ですからその自分がやってきたことを他の人に教える機会がやってきたら、「どういうふに伝えようかな」あるいは自分がやるんだったら簡単なメモでいいかもしれない。でも他の人に伝えるんならもうちょっと絵があったほうがいいのか、なにか書いたものがあったほうがいいのか、そんなふうに閃いたもの、それをこれから少しずつ準備していくといいですよ、と主が言われています。

 


 今回レコーダーのタイムは4分9秒


 期待した健康運に関しては残念ながら触れられずで何故か前回同様の預言内容だった。


  前回の体験記事


 「まさか来る人来る人に同じようなこと喋ってるのでは?」と一瞬思ってしまったが、そんなことしてたらバレて既に通用しなくなってるだろうからそれは考えられない。となれば、一旦諦めたことといえば何だろう? ネパールで本格オルゴールメーカーの設立か、または、占いの館の店舗化か!?
 どちらにしろ一番の夢は前者だが業界ノンキャリアの私には夢のまた夢。しかし現在やってることが絶対縁のなかろう一番遠い業界だと思っていたことを考えれば、これもまた縁でいつの日か導かれる時が訪れるのだろうか。ならば機が熟すその時まで今回も「果報は寝て待つ」とするかな(笑)。


  預言CAFE



  占い処PanjaRoom Information


 このブログサイトにつきましては、パンダが興味を持った占い師や商品に対して、実際に体験したり商品を使用して、その時にパンダ自身が感じたことをストレートに表現している感想文にすぎません。そしてまた、パンダが見聞した様々な事柄に対する評価は全ての人に値するとも限りません。占い鑑定に行かれたり商品を購入される事に関しましての保障は一切致しかねますので、十分ご検討の上、読者様の自己責任にて行動願います。


        にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ       Photo_3

Photo