実は4月のある日、電話鑑定を受けておりました。鑑定士の名は天河(あまかわ)りんごさん。


 『鑑定師からのメッセージ』欄を見ると近親者にイタコがいらっしゃる霊能家系のようだ。


  天河りんご プロフィール ~電話占いウィル~ WILL


 『最新の口コミ・評価』には以下の通り絶賛の声が多数上がっている。

  • アドバイス通りの結果になった
  • 凄く頼り甲斐がある先生
  • 圧巻な鑑定
  • 当てまくられた
  • 本当に力のある先生
  • 本当に心が楽になりました
  • 久しぶりに安眠できた
  • とてもフレンドリー
  • 先生とお話すると悩んでいるのが馬鹿らしく思えてきた
  • 裏のないストレートな先生なので信頼できます
  • 先生と話してストレスがビックリするほど減った
  • サバサバしてて凄く頼もしい
  • 何度鑑定を受けてもブレない
  • 予言通り状況はガラリと変わった
  • 的確で心のこもった鑑定
  • 能力は本物でした

 その他つらつら延々と並ぶクチコミ評価は果たしてホンモノなのだろうか。それはともかく、この時期ちょっと悩みが重なっており相談していたのであります。。


 先ずはじめに算命学による鑑定から始まった。


 「非常に人格的にバランスが取れていて、真ん中に『石門星(せきもんせい)』がありますので、人と人との調和をするのが得意といいますか、お仕事でも対人とか横の繋がり、お客様との繋がり、人を介するお仕事というのは非常に向いていらっしゃる方なんですね。だから自分というのもちゃんと持っていらっしゃるんだけど、自分を守るために周りと上手くやれるような、例えばこれが個性の星とか自我の星とかがある人っていうのは、あんまりサラリーマンに向かないとか色々あるんですが、非常に皆とバランス取れるような人格の方なんですね。でまあこれは天中殺とか算命学で言うじゃないですか、それの年回りでもありませんので今年は特に問題ありませんし、恋愛結婚運は奥さんの星を一つ持っていらっしゃるんです。だから人生で、『一度ちゃんと結婚されますよ』っていう意味合いです。2つとか3つとかも無くって1つだけありますので」


 「。。。。」 失敗は許されないってか(^^;


 「えっと、恋人の星も1つございます」


 「。。。。」 たったの(+。+)


 「なのでパートナーも人生で一人いらっしゃる感じ。すごく遅いんですけど大運っていって、これ人生で来ない人もいるんだけれど、2021年から20年間ですね、ここでモテ期が来るんですよ


 「はぁ。。」 遠すぎるε=(・д・`*)


 「で毎年一回ずつ来るんですね。で2020年とか2021年でも来ますけど、それよりなによりも2021年からバーッと入るんで、もうこっからモテ期ですね。スゴイのが来ます。ま、今年とかも決して悪くないので、婚活とかされれば今年とか来年も悪い年ではないですね」


 「2021年まで長いですねぇ。。」


 「大運でこの時期に来る人は珍しい。皆が皆来るわけではない」


 ここまでの時間僅か3分。シャキシャキ占ってくれる挨拶がわりの算命学が終わり、ここからは先生の真骨頂となる霊感タロット鑑定へ。。。


 「今月(4月)って変化の月なんですね。なのでご自身の中で変化とか特にこれ恋愛を中心に視ています。なんかこう結婚観とか異性観とかそういうのが変わるような感じになるかもしれません。それはもしかしたら誰かとの出会いによって変わる可能性もあります。うーん、でぇ、あと良いのはね、7月、8月、9月いいですね。夏がいいですね。7月なんかは例えば趣味とか。。婚活とかじゃなくてもいいんです、女性のいる場所へ行くだけで割と人気が出たりだとかそういう可能性があって、8月にはその出会った方と誠実なお付き合いが始まってもおかしくない流れです。だから出掛けるだけで多分割とそういう華やかな月になると思います。だから夏は旅行へ出掛けるだのレジャーに出掛けるだの趣味の集まりに行くだの、まあちょっと生活を変えてみられることはオススメしますね」


 「変化がないんですよねぇ」


 「いつも同じ生活を送ってる感じですか?」


 「そうですねぇ。。。あんまアクティブじゃないんで」


 「まあそれはそれで。。ただ人間関係は上手い方だとは思いますけどね、非常に。ソフトだし柔らかいし。それがもう特徴だからそれを活かして。。例えば引き篭る学者だとか、頭はいい方だけどそういうものよりは対人の仕事とか、プライベートでも例えば趣味のリーダーになってもおかしくないような。。」


 「趣味の人!?」


 「うん、趣味の集まりとかあるじゃないですか。そいうところへ行くとリーダーとかになってってもおかしくないし、そこで恋愛に限らず人間関係は広がっていくし、そこから自分の人生が拓けて行くっていう感じの方ですよ」


 「それは算命学?」


 「算命学です」


 「趣味の人の集まり!?」


 「例えばの話ですね。石門星が真ん中にあって下のところにも石門星があるじゃないですか。石門星はそういう方ですよ。適職もそうだし、他にも人生っていうのが人が中心になって拓けて行く


 「石門星。。へえ~」


 「はい。これは算命学ですよ。2つも持ってらっしゃいますから


 次に将来的な金運を占ってもらった。


 「うん、やっぱり50代が肝になってきますね。50代で得たお金を手放さないようにしたほうが良いと思います。40代は投資の時期でいっぱい使ってもなかなか元が取れないだとか。。別に食うに困ったりはしないですよ、もちろん」


 「えっ、そうですかぁ」 まあとりあえず一安心(;^_^A)


 「満足いくのは多分50代から。で50代にある程度貯蓄もして行かれればあとは楽。だから50代が肝になる。それまでは思いっきり自分のやりたいこととか趣味とか投資とかそういう感じに使っちゃっても良いと思うけど、50代からはそういう冒険はしないほうがいいです。50代からは貯蓄に回していけば大丈夫という感じですかね」


 時間がもうちょっとあるので相性の良い女性のタイプを聞いてみることにした。


 「すごく愛情に溢れている方で、クールビューティーというかは奉仕に。。イメージで言うと職業なら看護師さんとか介護士さんとか、マッサージとかエステティシャンとか人に尽くすような仕事をされているような感じの方。もしくは仕事は普通であってもそういうボランティアやってたりだとか、愛情に溢れているような人に尽くすことを苦にしないような人。そういう方が将来のお相手です。多分今まで付き合ってきた人は、ちょっとプライドの高い人だったりだとかそういう人もいたかもしれない、そういう人に惹かれていたかもしれない。割りと周りからみて高嶺の花みたいな感じのまあそれこそクールビューティーみたいな人がいたかもしれないけど、実はちょっとポッチャリしていたりだとか、顔は美人系じゃなくて愛嬌系だとか、だとしても優しい感じの皆にニコニコして好かれるようなそういう感じの方が将来のお相手です


 確かにクールビューティー系に惹かれてきたところはあるかもしれない。しかしそれはやっぱりちょっと違ってるかなと感じたりもするんでなにげに当てられてしまったかな。f^^;


 実はこの日もう一つ、人物透視もお願いしてもらっていた。詳細は伏せるが、これがヤバイほど当たっていて驚いた。ただその透視に終わらず適切な対応の仕方をアドバイスされたがこの時は、「それは違うだろうな」とばかりに受け止めていた。しかし後日、これが良い意味で裏切られアドバイス通り見事な結果に。そしてその時に予言されていたことまでもが当たる結果に再び驚かされてしまった。


 そんなわけでまた占ってもらいたく、数日後再びリピした。。


 「どんな件を占えばよろしいでしょうか?」


 「実はマンションの斜め上に住む人の洗濯排水が落ちてくるんですよ。それが手すりに跳ねて洗濯物にかかってしまうんですよ。それで管理会社に言ってこれで収まったかなと思ったんですけど、それから数日経ってまだちょこっと跳ねてくるんですよ。これ今後どういう流れになるんでしょうか?」


 ここでタロットを展開された。


 「ちょっと視ていきますね。。。。。そうですね、管理会社は意外と別に手を抜いているわけじゃなくて結構やれるべきことは何でもやっているような感じですね。『困ったなあ』という感じではあります。ただ勿論おっしゃっていいと思うんですね。ただ繰り返し繰り返し言う必要があります。今月(4月)中はまだバタバタすると思うんですけれども5月にはまあなんとかなって6月には快適に過ごせるようになる感じですね」


 その後どうなったかというと、5月に入り問題は収まった。繰り返しクレームを入れる必要もなかったので大当たりとは言えないが、一応当たりといえるかもしれない。


 最後に最近気になる健康ということで、自分と相性の良いお酒を占ってもらうことにした。


 「ちょっと最近健康が気になり始めて、アルコールは何を選択して飲むべきかと考えてるんですよね。赤ワイン、白ワイン、手作りハイボール、梅酒の中ではどれが相性よさそうでしょうか?」


 「まあどれもすごく良いものはないんですけども意外と相性が良いのは赤ワインなんですよ。今までも結構好きで飲んでるくらいなんじゃないですかね」


 「はい」 最近一番飲んでるのが赤ワイン。


 「白ワインは飲みすぎなければ大丈夫。相性悪くないですね」


 「ハイボールはなんかあんまり良くなさそうですね。好きそうですけどね」


 「はあ~」 確かに好きで手作りで飲んでるくらいである


 「梅酒は適度であれば問題ない。何の問題もない。ただこの中で言うと赤ワインが一番良いかな。人によっては赤ワイン全然合わない人もいますけどね。ワインは多分相性良いんだと思いますが、絶対大丈夫というカードではないですよ。だからどれも飲み過ぎないようにという前提の上でですね。抜群に良いジャンジャン飲んでもいいですよとかいうのは出てないです」


 前回は人物透視が見事だったので今回も1名視てもらったが、これもかなり当たっていた。


 


 具体的な鑑定方法や解決策を提示させて頂きますとメッセージ欄に記されていた通り、対人関係においてズバリ導くそのアドバイスは的確な結果となった。記事には記さなかったが、統計学においても相性などを視るとき算命学以外に宿曜占星術を絡めてきたりと、本格派占い師として今後期待の持たされる一人であったと思う。

 あ、そうそう、『最新の口コミ・評価』は異議なしでありました。




  占い処PanjaRoom Information


 このブログサイトにつきましては、パンダが興味を持った占い師や商品に対して、実際に体験したり商品を使用して、その時にパンダ自身が感じたことをストレートに表現している感想文にすぎません。そしてまた、パンダが見聞した様々な事柄に対する評価は全ての人に値するとも限りません。占い鑑定に行かれたり商品を購入される事に関しましての保障は一切致しかねますので、十分ご検討の上、読者様の自己責任にて行動願います。


       にほんブログ村 その他趣味ブログ 開運カウンセリングへ       Photo_3

Photo