前編からの続きです。。


 「じゃ次、カードのほうに移りますね」


 「はい」


 手相鑑定の前に私が切り終えていたカードを先生は机上に展開した。カードをクライアント自身に持たせて触らせる手法は前回のエリザベス牧さんと同じだ。


 トートやライダー版よりも古い18世紀誕生のタロット、エテイヤ(エッティラ)カードの研究家であり弟子も抱える先生の占い。どんなんだろうか、ワクワクするなぁ。



 

012

 「えー、これはあなたのカードです。これ仕事、人、家庭、健康、それぞれの運気と今後どう動いて行くかを視ていきます。えー、お仕事であれば、ここの仕事運で出ているのがね、なんかこう~、自分の感性とかそれを活かせるお仕事で多少変化があるほうがよろしいようです。で、性格的には人をサポートするとか。リーダーシップを取るというよりかは、なんか上手いこと人をサポートしたり、ニーズに応えるほうがいいのかなという感じです」


 「はい、はい、はい~」 タロットも図星。リーダーシップを取るタイプではないというのは、正木りささんをはじめとする数々のカウンセラーから言われ続けてきた。


 「今は何のお仕事をやっていらっしゃるんですか?」


 「今はあの~~・・・・・・・・・」


 真剣に相談したくなり、ここで面割れ。゚(゚´Д`゚)゚


 次に先生はカード別に意味する手描きで記された虎の巻の手帳を開き、私にそれを見せながら一枚一枚出たカードの説明をしていく。。


 「一応ね、あなたが持っているものとしてはこれなんですよ。アクティブな現場や活気のある現場向き。本人が常に現場に身を置くとか動きがあるほうがいいんですね。で、これが仕事運に影響します。で、仕事運で言いますとこれは自発性のカードです。流行、未来を先取りする仕事。自分の意志により移動したり転職したり、創始者。何かを立ち上げる力というか、これ『カオス』というカードですから無から始める力をお持ちのようです。で、企画とか開発、広報、広告代理店、外交、旅行、デザイン、ファッション、先物。なんか先見の明みたいなものをお持ちなんです。社会運でそれを切り開いて行かれると非常によろしい」


 「。。。。。」 無から始める・・・ってところは、紅秘女さんから言われたことあった。


 「性格からみると人のニーズに応えるとかサポートする。『人のため』のお仕事が良いようです。性格的にはそういうものに向いていらっしゃる」


 「ふぅむ。。」 恐ろしく図星かもしれない。


 「今年なんですが、お仕事のことで何かと心配事が多くなるかもしれません。考えても分からないことは後回しにして先ず目の前に起きているやらなければいけないことから消化していくことをお勧めします。これ、来年の5月まではそのように動いて行かれるとそんなに悪いことは多く起こらない」


 「。。。。。」 ではその通りに難しく考えないことにしよう^^;






013

 「あと人間関係ですけれども。。そうですねぇ、今年はねえ、『一人で無理なことはせず、人の力を借りよ』と出ています。誰と契約交渉手を結ぶ、どういう人の力、自分に無いものを持っている人を集めてくるといい思いますねえ。まぁ、お仕事もそうですしぃ、プライベートでもそうですしぃ、自分の中に無いものを持ち合わせている人に集合を掛けていくと自分一人で出来ないことでも乗り越えて行かれる波の力が出来ますねえ。なんか人間関係変わってくると思いますよぉ。動きがあります。その中で誰と向き合う、誰と協力するとか、そこがポイント。。ですかね」


 「はぃ。。」 太字部分、この3日後に起きました。いきなり当たり過ぎで気味悪りぃ。


 「あと性格的に大人なんだか子供なんだか分かんないところがお有り。。のようですね(苦笑)」


 「どっ、どのカードですか、それっ」 図星過ぎるんで聞いてみた。


 ここでカードの説明をして頂いた後、更にアドバイスは続いた。。


 「とにかく人と行動を共にする。人との協力を惜しまぬように補い合うですね。で、ご両親はお元気?」


 「横浜です」


 「ご健在でいらっしゃるんですね。今年そうですね~、もし家と向き合うのであれば引越しであるとか改装があるとか、家をちょっとランクアップするには吉の時です。で、まあ男の方だとご両親と向き合う時間はないかもしれませんが、お食事であるとか旅行であるとか、目標を同じにすると良い」


 「親とですかぁ。もう数年会ってないでねぇ」





014

015

 「このカード(上)がご本人で、これ(下)が親ですねぇ。距離感を感じるというとか、冷たいというのが出てますから。まあご両親もあなたにちょっと距離感を感じてらっしゃったり、特に今前向きに関わろうとしてない感じ。。ですんで、だからまあタイミングを見ながら距離感縮められても悪くはないかな」


 「。。。。」


 「あと健康なんですけれども、長引きぶり返しというのが出てるんですよ。何か病気をしてしまうと中々治らなかったり、治ったと思って中途半端にまた表に出ちゃうとぶり返したり。細く長くを心掛けて行かないとちょっと今後が困難になりますねぇ、うん」


 「生活習慣病で大病患いますかねぇ?」 手相と同じ結果に激凹。(/ω\)


 「やっぱりこれが治りにくい病やぶり返す病に掛かりやすいと出ているんですね。20番のカードですね」





016_2

 「うぅっ


 「やっぱり今年は細く長くを心掛けていかないと。無理しないで欲しいけど病と上手く付き合って欲しいという長引く病。持病とか跡の残る傷、血流など。。」


 「入院とか手術しなきゃいけないってことないですかね


 「うーん、でもこれ長引くというのが出てるんで、今年発病っていうかそれが表に出るとホント一生のお付き合いになりますね。繰り返しになるから。だから今年は気を付けないといけない」


 「。。。。。」凹 凹 凹 凹 凹


 「で、これ本人が割とねえ、何かあると無頓着って出てるんですよ。無頓着で動いてしまうというのがあるので、まあお仕事をやってらっしゃるんでねぇ仕方がないと思いますがぁ、ついつい無理をしてしまうのかもしれないですね」


017_2

 「。。。。。」(~_~;)


 「ちょっとそれが重なっていくとぉ、歳も重なっていくのでぇ、去年の無理が今年効かなくなるっていうことですね。去年はセーフでも今年はアウトになりかねないということですねぇ」


 「。。。。。」(×_×)


 次に仕事に関する相談をした。。


 「これ(カード)は感情に捕らわれる選択肢は良くないということなんですね。元々あなたの場合、感情で決めてしまうと良いことがないようです。このカードがね、『情動』ですね。だから感情。こちらが『思考』です。思考で情動をコントロールすることというのが基になります。ですから具体的に結果を見て答えを出すと。人間ですから好き嫌いあると思います。合う合わないで判断してしまうのは良くない


 「はい」 なんと腑に落ちる素晴らしいアドバイスだこと。(;^_^A)


 「優し過ぎるのもNGと出ているんですね」


 「。。。。」 数年前に胡龍幸子さんを通して私の補助霊に言われたアドバイスと被った。


 「いかにクールダウンしてその状態を見ていくっていうのが先ずポイントであるということで、あともしそうですねー、詳しく視たいのはそこじゃない。。んじゃないかな!? まあそれは今のヒントで答えはある程度出るとは思うんです。で、うーん、もしも何か詳しい占いをやられるんであれば恋愛運か社会運だと思うんですね。仕事であれば、今視てるのがここ(カード)なんですよ。で、所々視えたところでヒントを差し上げているんですね。で、ご自分で仕事をやっていらっしゃるんでしたらこれ(カード)が風向きです。で、仕事を船と考えてください。これ、波です、実際船が乗っかってる波。で、これ風向きで波は変わりますよね。ただそこではなく、あなたの中の潮、海の中です。潮の流れというのは風の影響も人の影響も一切受けません。表面どんなに荒れていようとも潮は規則正しく動いております。で、これはゆっくり動きます。3年毎に変化して4つの波が12年を支配します。元にまた足すと戻ります。で、一生分出るのと同じことなんです。で、お仕事の潮の流れを視ていけば今の答えも全部出てくると思うんですね。今の潮が分かればどうするべきか全部分かりますので、後日他のことで問題が起きてもその表を差し上げておけば自分である程度把握出来ますので。。。潮から逸れてしまうのが一番マズイんですよ」


 「うーむ」


 「で、生年月日とかだと天中殺、大殺界、または厄年とかそういうものをあげます。ただそれはあくまでもシナリオなんですね。私が視ていくのはシナリオは一切視ないです


 「九星や四柱推命とかですか?」


 「ではないです。全部カードです。これ(カード)一本です。カードで全部バイオリズムが出せるんです。普通のタロットは現在、過去、未来の結果で出しますよね。私はバイオリズムをカードで出せます。だから最後まで名前とか生年月日とか全部無の状態でやるんですよね。シナリオは変えられないものとして存在しますが、生きるのはあくまでも人ですから。役者なんです。で、役者自体が精一杯演じれば、喜劇であろうが悲劇であろうがもう関係ないと取るんですね。で、役者の演じ方を私が演出しますので、役者さんが気持ちよく演じきる方法は全部カードで出ますので」


 「。。。。。」 何年もジプってきたがこれは初体験の占術だ。


 「だから仕事であれば占いがよろしいと。あと恋愛であれば、相手が出てきたときに自分にどう向き合えばよいのかというのが、誰とでも出せるあなただけの恋愛占い表を差し上げます。人は『相性』と『縁』と『運』で結ばれてまして、相性は一番浅いです。相性が良くても分かれる人は別れますし、悪くても別れないこともあります。これはあまり気にせずに。縁が育て易い家育てにくい家がありますから縁の深さによって取り扱い方法があります。運っていうのは一番大事で、相性と縁が良くても運が悪いとロミオとジュリエットになります。運の良い出会い方、出会った瞬間に運命が支配しますから自分にとって一番ラッキーな出会いと縁を図る表を作りますので、自分にとってこの縁の深さであればこう取り扱う、好きになった人が現れたら、どうやったら手に入れるか、付き合った場合にどうやってご縁を育てて行くか、これ一個で誰でも出せますから。ご自分で使えますので」


 「では仕事運の方でお願いします」


 仕事運と恋愛運の両方だと追加料金が発生してしまうとのことだったので、今回は仕事運に関する表を作成していただくことにした。


020

 先生は表を作成しながら今後の流れを事細かに説明していただいた。


  (中略)


 「そうねぇ、今あんま欲張っちゃいけない時ですね。とにかく現状を維持すること」


 「はぁ」 残念だがそうかもしれない。


 「あ! ちょ~どあなた良いタイミングで独立してますよ


 「あっ、そうですか!」(◎o◎)


 「潮の流れに丁度忠実に動いてますね」


 「ほ~」(^O^)!


 「あのっ、ほんっとに良いタイミングで独立されてますね!」


 「そ~なんですか!?」


 「やっぱりそういう力があるんじゃないですかね? 直感力っていうかそういうのに関わってるからなのか分かりませんけれどもお、ここ(表に記された『固持』)しかないんですよ、独立のタイミングが。『よくぞここで独立したな!』というぐらい凄く良い時に始めてますね」


 「はぁ、そうですかぁ」 天職ということで今の仕事に呼ばれちゃったかな!?


 「正直、凄く華やかな運気ではないんですが、この意思を試されるときポイント、ポイントでキチンとやっておけば続けられるというのが出ていて、元々持ってらっしゃるものが、アドバイザー、コンサルタント。。これお坊さんのカードなんですね」


023

 「ほお」


 「元々あるのが、教育する、人を指導するというものを持っているんです。で、療法士、インストラクターとか、なんかやっぱり人を動かすっていう。。元々仕事運の中心部が人を引率していくみたいなものを持っているんです。色んな人をコマとして集めて動かしていく。あなたがそれを引率するとか、あとお客様とかに対してもアドバイスするとかそういうものは良いと思いますよ。元々キング(カード)ですからそういうものがあります。穏やかであるけれども人の上に立つ感じ。まとめていくっていう感じですね」


 「キングはお坊さんのカードでもあるんですよね!?」


 「そうです」


 「ふぅ~ん」 後ろの人は坊さんってのはよく言われてきた。


 「で、ごめんなさいね、これは非常にね、人に束縛されない人です。色んな経験をすることが良い。個性が重視される変化のある仕事、色んな経験をしたほうが良いと。人に指図されず、拘束されない仕事。クリエイティブ系。自由業、自営業、デザイナー、タレント、役者、イベント業、出版社、広告代理店、占い師、芸術家とかね」


 「へえ~」 太字部分はそのまんまの人生を歩んできた。これは運命通りってことか。


 「あとここにも自由業、自営業同じような意味があります。サービス、セールス、広告代理店、デザイナー、タレント、アーティスト。。やっぱこう水物を扱うとか。。。やっぱ自分でやるものを持ってます。出世、自立、独立運あり。責任を背負ったり、人の上に立つ。若い内に勝負することが大事であると。で、経営者、店長、責任者、プロジェクトのリーダー、運転手、旅行添乗員。これはバスの運転手のように多くのお客様の命を乗せる。。」


 「私、営業は絶対ダメだと思うんですよね」


 「営業は会社の窓口ですから、それを背負って立つという意味なんです。これは全責任、皆の期待を背負って立つというものを持ってるので、こういう立場になるということなんですね。あとサポートですね、持ってる社会運のもう一つの種が、人を助けるサポートする。。やっぱキャビンアテンダント、秘書、窓口、カウンセラー、エステシャン、福祉関係、ボランティア、やっぱ癒す者っていうのがおありで、これらを総合して視るんです。元々やっぱりそういう自分の中の感性とかそういうもので人にアドバイスしたり、今までやってきたことを人に与える者」


 「ふぅ~ん」


 「で、自分らしさ、ワガママ自由に自分のやりたいことをやっていく仕事。ま、あんまり普通の会社員は向いてません!


 「ふぅーむ。。やっぱり」


 「うん。で、『まとめて引率する者』を持っていますから、ま、いろ~んな人を集めてあなたが代表として動いていくと。で、これは『人のため』っていうのが元々同じような人格カードが出てますから人に『何か与える者』っていうのがおありのようです。これがあなたの社会運の基本なんです


 「あっ、そうですかぁ」 人生なるようになってるわけか。


 「で、ここで一枚引いてください」


 「はい」





024

 「これ、自分からのメッセージと考えてください。あなたの中にいるもう一人の自分からあなたへ対するアドバイスです。仕事のことで行き詰まったり、社会的に自分がちょっと辛いところに立ってしまったりと問題が起きてしまったら、その現状からほんの少しずつでも前進する努力が必要です。始めは小さな一歩であってもやがては大きな大躍進に繋がります。景色が変われば気分も変わるので、欲張らずにコツコツと幅広い低めの階段を登っていくようにしていけば、その先に成功が待ってますよと。。やっぱりなんかコツコツと積み重ねて、ここ(表の『固』持)でダーッと勝負するのが一番のようですね」


 「ほお~」


 「だからご自分でこの年回りにやったのも当たり前なんです。ただ、人間っていうのは潮の流れを放っといてもその流れに乗ってくんですね。そのように動きます。何でこれが必要かというと、魔が差す瞬間ってあるんですよ。自分の中の天使と悪魔が言い争ったときにふっと魔が差して悪魔の言葉が魅力的に感じてしまうときがあって、いつもだったら絶対右に曲がる道を『今日は左に曲がると良いことがあるよ』というそういう魔の言葉を聞いてしまって潮から落ちるんです。悪魔はその人が転げ落ちて笑えますから、そのためにこれ(表の赤文字)を気を付けておけば、悪魔のささやきに惑わされることなく。。自分の潮に忠実に乗っかってますから勿論仕事で良いこと悪いことが色々あると思うけど、潮から落ちなければちゃ~んと前には進んでおりますので、トラブルも乗り越えられますよということなんです。だからここ(固持)で潮を忠実にやったはずなんです、だから今がある」


 「あ~」


 「今も凄く地道に頑張っていらっしゃると思いますよ。欲さえ出さなければオーケーって感じですよ」


 「あっ、あそうですか! おっしゃる通りなんですよねぇ」 この言葉にも驚いた。欲を出さずその日暮らしでやっている。地道に頑張ってるというのはその通りかも(苦笑)。また、欲さえ出さなければってのは胡龍幸子さんをはじめとする何人かのアドバイザーからアドバイスされている。


 「コツコツ型なので、成功するんだけど一歩ずつ低めの階段。。自分からしたら、『大して上がってないのかもしれないな~』と思いながら。。三段跳びしないで一歩ずつ上がっていけば上に登って行けますので


 


 手相鑑定と同じくタロット鑑定もこれまた深い鑑定でした。今回いただいた表は、リピする時に持ってくると時間を省けるとのことであった。


 中華街での鑑定日以外は、生徒に教えているという今回の先生。教習料のほどは分かりませんが、「霊感はないけど占いで一本立ちしたい」という意気込みのある方は、宇治さんに入門されてみてはいかがだろうか?


 今回のセッション、改まってレコーダーを起こしながら途中途中、そのレベルの高さに唖然とさせられてしまうのでありました。。

 



021



【タロットカードの源流】ブック・オブ・トート エッティラ・タロット

【タロットカードの源流】ブック・オブ・トート エッティラ・タロット
Lo Scarabeo/ITALY


 占いインフォメーション欄トップページ


  にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ     ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

Photo