「格が違う」と出版業界関係者も認める実力のスピリチュアルカウンセラー桃伽さん。


 相談内容はオールラウンド対応可能で、そのアドバイスも非常に濃く、必要であればヒーリングまでもこなす。そして持って生まれたカウンセラーとしての資質の高さも含め多くの方に支持されている超能力者。


 そして実は、東京都にいる占い師さんの回答とよく被るのがこの方なんです。


 今回、その桃伽さんの取材でモニターを三名の方にお願いしたところ、偶然にも全員アラフォー世代。しかし相談内容は被らず三者三様となる内容になりました。


 そのモニターさん達からメールで送信されてきた相談内容をプリントアウトして、PanjaRoom出演の合間に桃伽さんにお見せして鑑定してもらいました。。。


{ 相談者Aさん 40代 女性 }


 相談内容


3年前に離婚して、子供と3人で楽しく暮らしていますが、
今後、仕事か再婚か、どちらに気持ちを向けていけばよいのか占って欲しいです。


今、お付き合いしている方は、××××さん  19××.××.××生まれです。


宜しくお願いいたします。



 「守護霊さんが言うには、『このAさんは神経の細かい人だから、今この子どもさんに凄く守られている』って。で、『今後、仕事か再婚か、どちらに気持ちを向けてよいのか』っていうことを本人がおっしゃってるけどぉ、この方は元々家庭的な人なんで、やっぱり出来たら『恋愛』とかね、『再婚』を織り交ぜながら。。勿論仕事をしてもいいんだけれどぉ、やっぱり人と人との付き合いを大事にして行かれる方なんで、まずそのぉ、今お付き合いされている方のことを書いてあるんだけれども、ま、『この人と再婚の方法へ気を向けて行ったほうが良い』って出ているの。で、ただこの人も凄くこうあの~、一本気っていうか、一途な人なんで気持ちが凄くこっちとこっちというふうに分散するのが凄く苦手なんだよね。だけど人間っていうのはぁ、子どもも居たりとか仕事も大事でしょ!? でも『恋愛も』って言って、全部こっちかこっちかっていうふうに二者択一っていうので一個に絞ることも大事なんだけど逆なんだよね。この人の場合は、仕事もちゃんとある程度その再婚が決まるまでなのか決まってからするかは分からないけれど、ちゃんとやりながら恋愛の方向にもちゃんと目を向けて行かれるようにしないと、逆にバランスが崩れちゃうみたいなのよね、性格的にね。だからこの人に対してアドバイスをしたいのは、『どちらに気を向けて行きたいのか占って欲しいです』って本人はおっしゃってるんだけど、できたら両方。。凄くどっちかにエネルギーを集中して分けないで、ちょっと分散してもいいからこの二つのことを見つめながら両方。。お母さんなんだから冷静になって。。で、母親としてその子どもを育てる観点で男性にもケアをしてあげたりだとか、あとね、癒しを与えてあげるだとか細かく気配りをする。。集中するってことを考えるじゃなくって、逆に一歩引いて関係性は仲良くなっていいから冷静にその相手の彼がね、何を求めているのか? そしてこのAさんの子どもさんもいるんだけれども、『優しくて、とてもよく気が回って、そして温かみのある女性だな』ってこの彼が思っているから、そこをね、女としてバーッと突っ込むよりも今まで通りに自分はお母さんなんだけれども彼のことも見守っているよって雰囲気で相手の良き理解者であり、良きアドバイザーみたいなその役割を取って行かれると、この男性から見てこの彼女のことを『あっ、こういう人だったら子どもさんが居ても、もっと深くお付き合いしたいな』とか、あと本気で考えても『凄くこうシッカリしていて素敵な人だから未来のパートナーにして行きたい』という気持ちがもっともっと固まってきたりとか、もっともっと深くなってくると思うので、彼に関しては逆にそういうやり方をしたほうが物事が上手く進むと思うし、あとそれからこのAさんは凄く優しい人だし凄く温かい人なの。で、お仕事に対しても勿論、人に気を配っているんだけれど、やっぱり今まで通り形態を変えず人に優しい雰囲気を与えてあげるとか、笑顔ひとつ対応するとか、細かく気を使いながらやって行くと色んな人のストレスとかマイナスが流れていって、エネルギー的に浄化されるから、『結構、お仕事も再婚の方向も上手く行く』って出ている」


 「ふぅ~~ん」


 「で、この人の一番の特徴は、温かみがある人。そしてね、凄く可愛らしいっていうかねえ、お母さんなんだけどねぇ、そういうお母さん的な雰囲気じゃなくって凄いねぇ女の人としても魅力がある人だからぁ、だから自信を持っていただいて。だからそういう魅力もあるしそういう男性にも仕事仲間にも勿論、子どもにも癒しとそして安らぎを与える。。パワーを与える感じで自分の中で毎回マントラみたいに唱えていってキャッチフレーズっていうのが大事だから、うん。先ずね、人間は役割が色々あると自分っていうのを見失って、自分は人に対して何の役割を持っているか忘れてしまうんですよ。で、疲れてくると、『こっちは止めてこっちに絞ろう』とかって思っちゃうんだけど逆効果で、それをやっちゃうと他のバランスが崩れちゃうの。だから一番大事なのは、人間はバランス感覚なんで、どれが一個秀でるんじゃなくって、全部均等にある程度そつなくやるっていうのが大事で、それが出来ていくと『総合運』っていって、全部の運が自然に上手く行くの。あとは人の動きもあるし気の流れってのもあるから、だからそういう人の動きと気の流れがあるってことも信じながらある程度のところで自分は意識を冷静に落ち着いて意識を何かに集中するっていうよりもリラックスして自分がある程度『無』になって相手を見つめてあげる。その目でその人が欲していることをしてあげる。『この時はこうしてあげる、この時はこうしてあげればいい』っていうように皆を助けていってあげるとこの人の場合は、仕事も再婚も上手く行って老後も安泰になるみたいな安定感のある運命を持っているみたい」


 「ふう~ん」 老後まで視えちゃうんだなぁ。


 「うん、だからバランス感覚と何か一つに集中するっていうことをせずにやっぱり、『全体的なものをそつなくこなすっていうことは、やっぱりこの方に合っている』って出てるね」


 「それでは、最後にもう一つ何かAさんにアドバイスがあれば。。」


 「この人は可愛いらしいし、女っぽいんだけど。。。目! 目のパワーが凄く私は良いと思うから、アイシャドウとかにバイオレット系を使うとか、ちょっとしたマスカラでもそしてアイライナーでもいいんだけれど、ちょっと工夫するだけで女性としてのねセクシーさが出る。それと自分の目を鏡でジーッと見つめる。それも何秒間か意識して見つめて、そして自分の目を必ず見て息を『フーーッ』って吐いて、また見て息を『フーーッ』って吐いてこれを何度か繰り返すと目力が出るから。この人はね、多分そのね、目でモノを見るとか目でアイコンタクトをして相手と通じるっていって人にパワーを送ったりだとか自分が好かれるタイプなんで、目のそういう美容と鏡を見て息を吐くっていうことを繰り返してやって行かれると。。凄くこの人の目には目の神様が宿ってるから。その目に宿っている神様がとても喜んでこの人にまた普段の幸せとは別の何かのラッキーな出来事を起こしてくれるとか、それが恋愛系で起きるのか、お仕事から起きるのか子どもさんのことで起きるか分からないですけれども、『招運』って言って、運気を呼び込むパワーを与えてくれるんで。で、このところちょっと迷いが強かったりするから、出来たら鏡を持ち歩く時の小袋みたいなのは、赤とかオレンジだとか黄色系のそういう元気をくれる色をちょっと持って行かれると、この色々迷いやすい気分が大分取れてくるのね」


 「ふぅ~ん」


 「で、この人に付いている人は、木花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ)様っていって、美と若返りの神様が付いている。だから富士浅間神社っていって、浅間神社さんとかそういうところへ行かれるのも良いし、要は女神系にもの凄く好かれる人。優しい人だからあとは、弁財天様もこの人を気に入ると思うの。だからもしお参りに行くとすれば、荒神様とかそういうところよりも女性のそういう神様がいるところへ行かれると自分の持っている女性性が拓くから。だからこの人、桜の咲く時期からもっともっとね女としてのパワーが全開になると思うよ。だから美容とかそういうものにもまた花が開いてくると思うね」



 相談者Aさんの感想コメント


自分の中で、あれもこれもと欲張っちゃダメだと思っていました。なので、モヤモヤしてたんですが、バランス良くなんですね。

ずっとこのテーマで悩んでいましたが、霧が晴れたようにスッキリしています。


今は 子供たちに守られているっていうので、昨日具合が悪かったんですが ちょっと寝てたら、おかゆを作ってくれて自分たちもご飯ちゃんと食べて お風呂も入ってました。朝起きたら、お皿も洗ってくれていて、お風呂掃除もしてあって成長したなぁ、優しい子に育ってくれたなぁと嬉しく思いました。


客観的に読ませて頂いて凄く魅力的に書かれてて、そうでありたいと思っているので 嬉しいです。

今までも色んな方にもっと自信を持ってと言われてるんですが、自信が持てなくて・・・。あと、自分の今生のテーマは癒しだと小さい頃から思っていました。お友達からも、癒される、安心する、元気になると良く言われます。その事に触れられ、ビックリしました。


これからも、色んな人を癒していけたらと思います。


趣味でクレイデコレーション(樹脂粘土で花などを作ってます)をしているので そういったものでも人を癒せたら良いなぁと思っています。


鏡は持ち歩いて、目力をアップさせたいと思います。


家から車で5分ぐらいの所に、浅間神社さんがあるので 今度のお休みに行ってきますね。


一つの事に集中しないで、色んな事をバランス良くやっていこうと思います。


桃伽先生、鑑定ありがとうございました。アドバイスを一つずつ実践してみます。



************************************


{ 相談者Bさん 40代 女性 }


 相談内容


相談内容ですが、私の職場での人間関係と転職についてです。今の職場は小さなクリニックの医療事務で、女性だけの職場です。

経営者である院長も女性で、かなりのワンマンです。私も皆も、院長に振り回されて疲れてます。私の性格は人見知りが激しく、相手に意見をなかなか返すことができないでいます。

今の職場は勤務形態は悪くないので続けたいのですが、今の状態ではストレスが酷い状態です。どのように対処してばいいか、アドバイスお願いします。

後、転職するならばどのような職種で時期はいつ頃が良いのかお願いします。



 「あー、この人はねー、胃にストレスを抱えちゃうんだよねぇ。胃に溜め込んじゃうの。そしてこの院長ってのは凄いんだよね、人に吐き出しちゃうタイプ、ストレスをね。だからBさんのことを嫌っているわけじゃないんだけど、Bさんがまるで格好の餌食みたいに当たりやすい人っていうのがいるわけよ。別に口で当たる当たらないじゃなくって、エネルギー的に。。いわゆるパワハラっていうんだよね、エネルギー的に結構この彼女に自分のストレスを発散してしまっているからBさんがモロに吸い込んで胃に溜め込んで受けちゃうから凄くこれがもうフツフツとマックス状態になってデトックスがこのBさんは出来ないの。で、なぜ出来ないかって言うと、この人自分でもおっしゃってるけれど、意見が言えない。要は自分が結構自分のガードがあって、霊的な殻が一枚バリア張るみたいに被ってるの」


 「ふう~ん」


 「それはどういうところから来るかって言うと、やっぱり色んな前世があるんだけれど、前世で例えばシスターをやってたとか色んな前世があるとモノを喋っちゃいけない職業だとか、あと人に対して戦争もそうだけれど自分が危うくなっちゃうっていう前世を繰り返した人は、そういうことをちょっと繰り返した男性でも女性でもってことがあるんですよ。だからねぇ、どうしてもねぇ、自分を守るためにガードを張ってるっていうスタイルを前世から今まで持ち越して持ってるから自分が意識している以上に壁が厚いわけ、霊的な。そうすると言われたストレスが吸い込むのは吸い込んじゃう。。これ今回の体質ね。その体質を持ってるから吸い込むだけ吸い込んでるってことは自分でガード張っちゃって外へ吐き出せないから物凄い弱くなっちゃうのね。で、そうだなー、こういう人の場合ホントは外にあるバリアを霊的に外してその中にあるものをヒーリングみたいなものでブワーーッと引き出して、そしてその自分が悩んでいることを言葉で例えば私でもどっかのカウンセラーでもいいけど吐き出したものを受け止めてもらうってことを繰り返すと、中にあるそれが取れてくるから段々それが軽減されるってことはあるわけ。ただ本人が今までそういうやり方をしていなかったかもしんないし、しても中々相性が合わないと出来ないってときもあるけどね。あとそれからこの方の場合は、もうホントに吐き出せないから喉のチャクラが物凄い詰まってるの。それだと物凄く自分で自分が止まっちゃうわけ。だからその止まってる状態を解すにはやっぱりこの人の場合も自分の中では気が付いていない流れが出来ないのね、流せない。貯めることは出来るんだけれどね、ガードすることは出来る。そしたらね、キャンドル焚くと良いんですよ。キャンドル焚くとキャンドルの火のエネルギーのエレメンツは流すから自分が止まってても知らない間に色んなもの流してくれるし、まあ火事にならないようにして欲しいけど、どんなキャンドルでもいいから焚いていただいて、やっぱり自分の家に居る時は、ハーブティも飲んで欲しいんですよね、喉の詰まりが全然取れないから」


 「ふ~~ん」


 「取っていただいて、取っていただいた後にそこへ新しい流れを作るためにAさんと同じように呼吸法をしたほうがいいの。普段喋れないから呼吸が浅いんで詰まっちゃってるんだけどやっぱり自分で簡単でいいからただ息を『フーーッ、フーーッ、フーーッ』って吐くのを例えばワンセットで何回か一日の内にやるとか、例えば10回とか20回続けてやってもいいんで。このAさんは吐き出すことが中々自分の中でね、前世からしてない。今まで『溜め込む』、『黙る』そういう修行はしているんだけれども人によっては吐き出すってことしてない人がいる。この方はね、今回これで180度吐き出す方向へ変えなくちゃいけないの。で、Bさんが水の神様に凄く守られていて、水っていうのは情報を自分が人から流れて来たものをキャッチするから頭がクリアで頭脳明晰で黙って静かに受け止めるっていう性質を持つんですよ。で、それは完璧にその水の性のパワーも持っているし。。修行はもう終わったから、それが無くなるっていうわけではなくってそれはもう消えないんで、今度は火の性っていって火の勉強をしなくっちゃいけなくって火のエレメントって言って、風とか土とか色々あるんだけれどこの人にとって今必要なのは『火』だから今度は『吐き出す』。そしてホントに火を焚いてエネルギーを流す。そして言えない人は、ノートの半分に『これだけこういう嫌なことがあった』って書き出して、もう半分のページには、『でもこれはこうやって呼吸法をやるから○○が変わるよ』とかね、で、『キャンドルを焚くから○○が変化するよ』っていうふうにノートの左側と右側で嫌なことと良くなることをドンドン書いていくことによって枠を外す。これは心理学的にもある方法なんだけれど枠を外すっていう方法なのね」


 「ふぅ~ん」


 「Bさんの場合はどんどんノートに書いていって、もし良いようになれるっていうことが浮かばない場合は、とにかく嫌なことだけ書いていって最後に棒線を引いて、『必ず私は今のやり方でエネルギーを変えているので全部が後々良くなります』みたいな言葉も書いていいから。そんな感じで自分の頭の中をセッティングし直すっていうのと流すって作業していただいて、それをやって行くと今の職場のストレス状態も半分に減るかもしれないし、そしてこの半分に減っている時にこのBさんが浄化されると院長も浄化されるから」


 「ふう~ん」


 「いわば、Bさんが浄化できないから溜まるだけで院長も浄化されないけど、Bさんが浄化されちゃうと院長は浄化率が上がるからストレスが減るのよ、繋がってるから」


 「ふう~~ん」


 「ここ繋がってないと思ってるけど、だからもしやる気があるんだったら私のやることをやってみるも良し、やってみてから院長の様子見て改善されたら続けるも良し。また、『桃伽さんに言われてもやるまでの気力が無くて疲れちゃってるから気力もないわよ。どうにもならないし、今までのトラウマがあって、そんなことやっても根に持ち過ぎちゃって、もう自分はダメなんです』ってことであれば、『転職するならばどのような職種で時期はいつ頃が良いのか』ってあるんだけれど、この人の場合は、ホントに優しくて溜め込むタイプなんで、やっぱりホントだったら人のケアしてあげたり介護でも良いし、後は何かのアドバイザーでもいいし、喋るの苦手って書いてあるけど、人の話聞くの上手いからそんなのも向いてるし、勿論他の興味ある職種あったらやってもいいんですけど、そんなのにも向いてますよっていう感じがあるから、もし転職したいって言うんであれば、ここ一、二ヶ月とか三ヶ月ぐらい掛かるかもしれないよね、相手に言うのにね。早めだったら早めでもいいんじゃないですかってことは感じるけれど、まあ改善策でやってみる価値はあると思うね。そうすると院長のイライラが必ずちょっとは取れてくると思う」


 「ふう~~ん。女の世界って難しいですよねぇ」


 「女の世界は難しいよ。。。でも法則があって女の人に対する対応の仕方だとか、こういうタイプの人のケアの仕方ってあるの。今みたいにストレス溜めてこうなってる場合はストレスを抜くやり方を教えればいいし、あと相手との喋り方もあって、こういうワンマンな人っていうのは自分の話を聞いて欲しいから何でも『そうですね、そうですね』って聞いてニコニコしてこっちがストレスないようになって行けば治まるから、このBさんの場合はこのやり方のほうがいいね」


 「では最後に一つ、何かアドバイスがあれば。。」


 「この人は、自分の前世とかインナーチャイルドって言って、子ども心の昔ながらの溜め込み癖、ちっちゃい時からのものがある人だから、こういう人はアクアグッズが凄く向いていて、例えば瓶の中にビー玉とか綺麗なキラキラ光る石を入れてお水を入れて自分の傍に置いたりとか、たまにはご本人がお風呂に入る時でいいから入浴剤を入れる時にお酢をカップに1、2杯入れていただいて自分の体の中を。。酢っていうのは毛穴から浸透して流すのね、出すのもあるんだけど。だから死にかけた人でもお酢のボトルを1本とか2本入れてあげてザーッて流してあげると取り憑かれて調子の悪い人は取れちゃう場合あるの。でもそこまで多く入れる必要はないけれど、ちょっと入れていただいてバスクリンとかの入浴剤と一緒に入れていただいてもいいけれど、お酢のエネルギーをちょっと取り入れていただいてそしてお湯で流してください。そうすると、『気の流れの水』が滞ってて廻っていなかったものが1回か2回、もしくはこの人頑固だから3回、まあちょっとまだ足りないなと思ったら4回でもやっていただくだけで、多分頑固な体の中に凝り固まっているエネルギーを内側から流す作用が霊的に出てくるんで。それをやっていただいてそして今言ったような。。例えば金魚をわざわざ飼わなくてもいいからアクア物的なビー玉でも何かのパワーストーンの石でもいいからガラスのコップや瓶などに入れていただいて、たまにそこで自分が水を目で見ていただく。そして目で見ていただきながらさっき言ったお酢で流した体で目で見ることによって水のエネルギーを吸収して循環して流すってことがそこから出来てくるから。そうすると前世からとか子ども時代から凝り固まってしまったバリア張っちゃうのとか流れが悪いものの体質とかエネルギーが開放されるというか溶けてくるんです。とにかく毎日続けなくてもいいので週1回程度でいいから。そうすると『形(かた)』、これは目に見えないから壊せないんだけど、脳なのか腹なのか分からないけどその『形』を壊せる、形壊し」


 「ふう~~ん」 色々な方法があるようだが、お酢を利用する技は初耳である。


 「人間関係で悩む方っていうのは、自分自身に対して自信がなかったり自分に絶望していることがあるから。何で絶望したり自信が無いかっていうと、中にあるエネルギーが止まっちゃってたり固まっちゃってるからなのよ。だからその固まっちゃってたり止まったりしたものをどっかで打ち破ってあげたり流してあげることによって新しい気が入るでしょ。そうすると自信が出てきたりだとか自分の新しい運命が拓けるわけ。だからこの人はそのようなタイプ」


 「ふーむ」 なるほど、なるほど。



 相談者Bさんの感想コメント


今回の鑑定結果を頂いて、私が溜め込んでしまうのは、そういう原因だったのかーと理解できた部分が多くありました。前世の事は私にはよくわかりませんが、子供の頃から溜めてしまっていた部分ありましたので。ストレス溜めて胃を悪くする、息苦しい感じがする、最近ずっと感じてました。
それをどう解釈していいのかわからなくてイライラしてたので、だいぶすっきりした気持ちです。

お酢やローソクを使った浄化、早速実践してみます。吐き出すこと、とても大切なことですね。

どんどんまだまだバワハラはパワーアップしてますが、もう少し頑張ってみようと思います!

自分では人に接するのが下手だなと思ってますが、今の体質を改善できれば桃伽さんがおっしやっている仕事もできるのかなと思います。

前向きになる鑑定、ありがとうございました。



************************************


{ 相談者Cさん 40代 女性 }


 相談内容


桃伽様


このたびは、このような形で鑑定のご縁をいただき嬉しく思っています。

モニター鑑定よろしくお願いいたします。


最近スピリチュアルに関心があり、今後学びを深めていきたいと思っています。
色々ある中で何か私に向いている分野やこれを学ぶとよいというものはありますか?


よろしくお願いいたします。



 「あー、この人はねー、植物とか動物とか人間とか全体に対する『人類愛』が強いの。で、この人はアロマテラピーとか勿論ハーブも良いし、あとペットセラピーみたいな動物をマッサージしてあげたり動物をケアするようなそんなことがお仕事とか趣味も向いてます。で、この人の場合、凄く綺麗な天使とか妖精とか目に見えないエネルギーの中でも柔らかくて優しい系列のものが合うんで、ドリーン・バーチュー博士のエンジェルカードとかカラーセラピーみたいな色を使った何かの療法とかね、そういう綺麗なものとか可愛らしいものを勉強なさるとこの人の持っている感性の『愛』っていう、愛のハートの広がりを持っている人なんで、自分のハートからエネルギーがグリーンの優しい綺麗なエネルギーが人に流れ込むタイプの方なんで、この方が人と喋る時、人を癒す時にカラーを使ってあげたりとか、ハーブとかアロマを使ってあげたりとか、逆に動物のペットを癒してあげるとかね、あと自然の中で植物、そういったもののそれが漢方薬でもよろしいし、何か香りのものでもよろしいし、そういったものをこの人がベーシックに勉強してね、で、その知識と自分のブレンドされたハートから沸き上がる人を癒すような愛のエネルギーを相手に送るっていう意識で、例えばカウンセリングしたりだとか施術をして行かれると来たお客さんが、『あっ、Cさんのところだったら他のところ行った時に得られない温かみを感じる』って。。世の中の人って温かみを感じる場所へ行きたいから。で、色んな先生とか業者があって、『ここはこういうふうに良い』とか一杯あるかもしれないけれど、『やっぱりCさんのところに一回行ったらね』って、『Cさんのところはホッとするし、何か心のわだかまりが解ける』というような、そういうようなお客さんが増えてこの方は上手く成功できると思う。だから色んなことを学んでいって、ヒーリングにしても占いの施術にしても学んでもいいんだけれども、今いったように自然のものとか、そしてペットとかカラーを中心に何か取り入れて勉強するのが一番いいと思う」


 「この方の前世とそれから守護霊のメッセージとか分かれば。。」


 「この方は前世に鳩とか白い羽のある鳥を飼っていて、それを凄く大事にしていたちょっと目の悪い青年だったの。だけどこの人、凄く感受性が鋭くて大きな橋がある先の大きなお屋敷に住んでいて、お婆ちゃんが凄くお金持ちだったの。そしてね、目がちょっと不自由なんですけどお婆ちゃんとても絵が好きな人で、絵をいっぱい飾ってあるんだけれど目が見えないのにもかかわらず霊感があるから、その絵を見えない目で視ることが出来た。肉眼で見るわけではなくて霊視して見ていた。『お婆ちゃん、この絵はこうでこうでこういう感じね』とか、『お婆ちゃん、この絵は女の人なの、ふう~ん素敵じゃない』みたいに喋れるってことね。で、そんなようなことをやっていた方で、凄くねえ、目に見えない神様とか、目に見えない心の声っていうものにうんと敏感だったの」


 「ほおー」


 「だからこの人には、ミカエルっていう天使が付いていて、ミカエルっていう方がこの人に絵の雰囲気を教えてくれたり、そして鳥を飼っていたんだけれど鳥との心が通じて、鳥が『今日は調子が悪い』って言えば、あっ、ちょっと外へ出さないで『この足が痛いんだね』ってヒーリングしてあげたり、それで『あっ、今日はちょっと調子が良いから、ちょっと外へ飛ばしてあげよう、また戻って来させよう』っていうことが出来た人なんですよ」


 「ふ~ん」


 「だからこの人に付いていたのが、天使系のミカエルで魔を祓って真実を教える。ミカエルって『真実を教える』っていう意味があるから、真実を教える天使が付いていたので、邪念がある人とか悪い人も皆見抜けるし、だけどこの人の周りにはその加護があるから悪い人間とかこの人に危害を加えるっていう人は近寄れなかったみたい」


 「ふう~~む」


 「だからこの方は不思議な前世を持っている方」


 「国とか時代とか分かりますか?」


 「国は。。。フランスで、今から。。。。。ちょっと前だから100年くらい前かしら、そんなズーッと昔ではないと思う。亡くなって直ぐ生まれ変わったくらいの感じだと思うよ。で、この方ね、目が見えなかったから顔の表情をその前世からの癖で、中々変えないっていう癖がある」


 「。。。。。顔を変えない?」


 「顔の表情が固まりやすいの。人間って顔の表情が変わると鬱になり易いの。表情筋ていうのがあって、顔が凄く。。目が見えなかったっていうのもあるかもしないけれど、今世の話になるんだけれど、顔に疲れが溜まりやすいタイプなの。だからこういう人っていうのは、顔は人に見せるものだから常に緊張してるんですよ。で、大体ね、ヒーリングに来た人とか色んな人をやっても顔が固まってるとストレス取れないの。だからあんまり酷い人の場合、私は顔をヒーリングしちゃうのよね、『ブワーーッ』とね。そうすると不思議なんだよね、泣く人もいるし、その後、仕事での人間関係が良くなったり、恋愛が良くなったりする人がいるから、顔のマッサージとか、顔の筋トレしたりなさると鬱も取れて運気がアップする」


 「あと守護霊からのメッセージを。。」


 「『あなたは真実を語る人。あなたは真実を見る人。その本人にある一番良い長所が凄く分かるから、人と会った時にホントにその人の良いところを言葉で相手に教えてあげて』だって。そして悪いところがあったら嫌味じゃなく、『こういうところはこういうふうにケアすればいいよ、それも指摘してあげてね』ということを言っている」



 相談者Cさんの感想コメント


鑑定結果を繰り返し読ませていただきました。


スピリチュアルな学びの内容について、いろいろご提案をいただきとても参考になりました。スピリチュアルな分野で学んだことをお仕事にする・・・というのは、本格的に学んでいるといえるものもまだないので、今のところ積極的には考えていないのですが、特に、アロマやカラー、香りについては、興味をもって学べそうに思いました。


オラクルカードも今までは知らな
かったのですが、持ってみたらフィーリングがしっくりくるかもという印象です。ペットセラピーは自分の中ではあまり興味はないのですが、医療系の仕事をしていますので、漢方薬ということもおっしゃられていましたし、そういう情報を読み取られたのではないかな・・・と思いました。

私が、お仕事で携わった方が、安心してくださり、温かみを感じてくださるのだとしたら、それはとても素敵なことですし、そうであったらとても嬉しいです。


人を癒す時に、カラーとかハーブとかアロマはすぐに少しづつ生かせるものですよね。ですから、今の仕事をベースにして、学べる生かせるという視点で考えてもよいのかも!とも思い、大変よいヒントをいただけました。


前世については、以前パンダさんも鑑定士巡りをされていた観音寺りえさんがお得意な分野ですが、観音寺さんのリーディングを受けた際に指摘された、私の今世に強くリンクしている前世が5つほどありまして、その中のひとつが目の見えない男性なんですよね。場所や年代は違いますが、一致した情報が出てきたのは、すごいと思いました。


守護霊の方のメッセージなども含めて、全体がとても素敵な内容で、自分のことなのかなとちょっと照れくさい感じがしましたが、名前と年代、性別だけでここまで鑑定されるというのは、すごいです。そして、アドバイスから優しくポジティブな印象をお受けしました。

対面で鑑定していただいたらさらに精度の高い鑑定をしていただけるのではないかと思います。


今回アドバイスいただいたことを今後の生活に取り入れていきたいと思います。


桃伽さん、丁寧に鑑定してくださいまして、ありがとうございました。



************************************


 最後は私パンダの相談です。。


 「じゃ、最後は私を。。。私も前世聞いてみようかなぁ。。」


 「これは何処かなぁ、オランダかなぁ。。オランダかなんかでねぇ、凄く大きい平屋みたいな屋敷があるんだけど、周りが牧場みたいになっていて、そこにパンダさんは女性。そして政治家みたいな革命家みたいな男性の奥さん」


 「ふぅ~~ん」


 「そしてね、その時にね、子どもさんが6人くらい居るの」


 「うん」


 「で、皆それぞれ町なのか地域なのかの名士っていうか政治家に育てていて、でもその旦那さんは凄く色んなことを頭で知っていて周りの地域を統一してるんだけど、パンダさんはその時何をなさってたかっていうと、孤児院とか困った方いるでしょ、具合の悪いところを廻っていって、皆にね自分が大きな暖炉みたいなところでパンを焼いてあげてたりとかお肉を買ってきてなのか取ってきてなのか分からないんだけど、地域の困っている方々のところへ行って端から廻ってる」


 「ふう~~ん」


 「そしてね、『ママ、ママ!』って皆に。。その地域のマザーっていうか皆から『ママ、ママ。ママー!』って言って、知らない人は居ないぐらい凄く皆を助けた慈愛の人だったみたい」


 「それ、時代は?」


 「今からどのくらい前かな~、う~~ん。。。近いな。近くて私たちが生まれるほんのちょっと前ぐらいの時。直ぐ生まれたんだと思う」


 「ふ~~ん、なるほど」


 「でね、皆が『ママ、ママ。ママ、ママー!』ってね、宮城まり子みたい。『せかい昔ばなし』の声をやってた人」


 「へえ~。じゃ、今度ネットで調べてみようかな」


 「うん、調べてみて」


 「じゃ、今度は私が生活すると良い場所、ラッキースポットっていうんでしょうかね、この土地で活躍すると良いとか生活すると良いとか」


 「どっちかっていうと長野とか山梨方面とか横浜方面とかね、そこら辺言いかもしれないね」


 「ほお! 長野は言われたことあるんですよ」 長野はワジョリーナさんと被った。


 「山梨か長野か区域は分からないんだけど、山梨長野方面のあっち側か若しくは横浜方面」


 「何故横浜なんでしょうね?」


 「なんか、フッと出てきた」


 「横浜出身ではあるんだけど、横浜の人とは縁が多いんですよね」


 「それで出るのかもしれないのかもしれないけどね、それは楽しく過ごせることかもしれないし、海もあるから水で浄化できるってのもあるかもしれないし。あと山梨とか長野方面は木があるでしょ、パンダさんはさっき言ったエレメントの話になるけれど、『水』と『木』のエネルギーが元々必要なんだけれど、今何で調子が悪いかって言うと中のバリアが凝り固まっていて、抜けられないのね。さっき言った人と同じように酢のお風呂に入るのも良いし、顔も凝り固まっちゃてるのは、たまたま色んなことのストレスが溜まると内臓と顔の流れって繋がっているから凝り固まっちゃってるのね。さっきのお風呂の浄化法をすると大分取れる。取れた後に顔のマッサージとかしてもいいし、顔の筋トレをしてもいい。だから抜いて新しいエネルギーを入れるために顔とお酢のお風呂は今のパンダさんのキーワード」


 「長野や山梨の人とも縁が多いんですよ」


 「土地柄で相性の良い人の地域が今出たんだと思うけど、その人と相性が合うということは、土に暮らしているわけだからそこの土地と合うっていうこと」


 「ほお、ふ~ん」


 「安心感を貰えるとかね」


 「行ったら開運するかな~。。。。じゃ、最後に実家の土地を見てもらいたいんだけど」


 ここでノートに実家の住所を書いて桃伽さんに霊視をしてもらった。。。


 「あっ、ここも意外と何故かミカエルに守られている場所。そして日本風の波動じゃないね。土のエネルギーが、なんとなく光を通すような場所で、勿論浄化もされているし、新しい光が入るエネルギーなんで。。。パンダさん、実家に帰ると具合良くなるんじゃない!? 行ってないんじゃない? 住めということじゃなくて帰るということだよ。実家に一回帰ると光入るんじゃないかな~」


 「こんなとこが良いんですかあ?」 確かに何年も帰ってない


 「良いということじゃなくってね、そこの空間にね、エネルギーが上から入っているっていう意味ね。土地が良いとか悪いとかっていう問題ではないんだよ」


 「。。。。。。そうですかぁ」


 「行ってちょっとお茶飲むだけでも違う」


 「え~~、そこ良いんですかぁ?」


 「土地が良いとかではなく、パンダさんが今そこの場所へ行くとエネルギーが体に入るってことね。このタイミングにちょっと合わせて普段だったら行きたくない場所でも行かれると、その天使からのパワーを体から受けて調子が悪いのを波動調整していただけるってこともあるし、もう一点は親御さんとずっと何年もその場所に行ってないってことで、親御さんのその生霊って言って、『想い』も来ちゃってる分があるわけ。ちょっと家に寄って欲しいみたいな。だからそれも解けるし、今までのそういう想念がクリアになると大分体が楽になるね」


 「ふう~~ん、なるほどぉ」


 この後も土地の話は続き、そしてミカエルの話に。。。


 「・・・・・・・で、何でパンダさんはミカエルと縁があるかというと、さっきオランダの時代に人を助けていたでしょ、あの時はカトリックだったみたい。その時の縁もあってパンダさんが困っている時は目に見えないかもしれないけれどミカエルが来るよ。そんな霊的な繋がりもちょっとあるみたいだよ」


 「。。。。。。」


 ミカエルというキーワードにはちょっと飛び過ぎてて、さすがの私もこの時ばかりは引いてしまったんだけど、この『ミカエル』というキーワードは半年くらい前にモナさんからも指摘されていたことを帰宅後に思い出した。

 モナ「オラクルカードは今20種類ぐらい持っていますけれども今日はパンダさんをイメージしてミカエルが出たのでこのカードを持ってきました」


 その時のモナさんレポで、ミカエルのオラクルカードの画像あり記事は≫こちら


 では続きを。。


 「だから日本系じゃないし、ちょっとシックリ行かないかもしれないけど助けには来てくれているから。。。元々ここは因縁のスポットで。。渦巻きで空間的には、悪いとか良いっていうより、霊が出入りする場所。霊的な穴がこのお家にあるんじゃなく、お家の近辺にあるのが視える。そういう空間なんだよ、だから行くのが嫌なんだよ」


 「なるほどね~、そっか~」


 次に以前住んでいたマンションを霊視してもらった。。。


 「ここにはねぇ、福の神と貧乏神の両方が居る。目には見えないけどね、祭壇が作られていてね、こっちは福の神、こっちは貧乏神が居る。その時にパンダさんを見ていて、『パンダさんは心の清らかな人だね』って。じゃあ福の神が助けてあげて、『また新しいところへ住まわせてあげようね』って言って、今のところへ引っ越してきたみたい。それでこの福の神様が見て、貧乏神様が見て、心の清らかさを見ているから『あ、ここに住んだ人、凄い嫌な人間、この人ダメだ』って思うと引っ越す先が変な話なんだけど変な土地へ連れて行かれちゃうの。あの世とこの世の空間の。。さっきの渦とは違うけど神様が出たり入ったりするスポットがある部屋。座敷わらしとはちょっと違うんだけど貧乏神と福の神っていうのはね、ペアで居てその人の心を見てね、清らかな人は貧乏でも、『この人は心が清らかだな。じゃ、ちょっとお金を助けてやろうかな』っていうことになるんだけど凄く良い人に見えても、『あー、おかしい、この人自分のことばかり考えているな』ってなると今まで良かったのに急に悪くなる人いるでしょ、おかしい方向へ行かされちゃうの。そういう部屋」


 「ふう~~~ん」


 「良いとか悪いっていうより、不思議な場所、不思議な空間っていうのかな。四次元空間って言っていいのか分からないけど、今住んでいる空間とは全く違った空間だよ。見られていた、ここでジャッジされていた。ジャッジされていて、ここで合格を貰ったね。で、今のところへ引っ越した」


 「そこへ住んでいた時は、ずーっと堂々巡りしてたんですよねぇ」


 「あー、そうなんだあ。『あなたの知らない世界』じゃないけれど、ここはあの世とこの世が繋がってる場所だよ。パンダさんは、実家の穴もそうだし、ここもそうなんだけど結構不思議な場所に住んでるよ。普通の人が住むところと違うところへ住んでる」


 「今住んでいるところは?」


 「今のところはまた全然違う、丸っきり違うんだよね」


 



 以前住んでいたマンション、そういえば番地が『〇町〇ー〇ー11』と『〇町〇ー〇ー12』の二つあって、大家からは「どちらを使用してもいい」と言われ曖昧だなぁと思ってたのを思い出した。それからそこは建物が新旧二棟並んでい物件だったんですよね。

 こういうのって、2つの神の仕業だったりするのだろうかなんて思ってしまった。


 前世がオランダと言われたのは今回初めてだったので、その時は『?』と思ってしまった。しかし後日、子どもの頃を思い返してみると、テレビの映像を観ていて何故か親近感が最も湧いてくる外国がオランダであった。


 風車、チューリップ畑、木靴、チーズなどオランダ名物はどれも心が動かされていた。


 老舗のビール会社ハイネケンは20代の頃に惹かれてちょくちょく購入していた。


 そして子どもが6人いたと言われたが、人生において何故か縁のある数字が6だったりすることが多い。


 ワールドカップでは何故かオランダを応援しちゃってる自分を思い出した。


 オランダの土地は平地でヨーロッパでは自転車の利用が最も盛んなお国柄。今世の私は関東平野で暮らし、ずーっとこよなく自転車を愛用中ってとこでこれもリンクしてるような。。


 そういえば、数年前から他のスピリチュアルカウンセラーの方何名かに、ヨーロッパで裕福だった女性が守護霊に付いたと言われることが何度かあった。今回指摘されたその前世が守護霊としても存在しているのかもしれない。


 もしかすると、この守護霊が女性的なカテゴリの占い業界へ導いて後押ししてくれてたりするのかなぁ?

 こうして色々振り返ると、「格が違う」と私も共感してしまうのでありました。。



  桃伽 対面鑑定スケジュール


 このブログサイトにつきましては、パンダが興味を持った占い師や商品に対して、実際に体験したり商品を使用して、その時にパンダ自身が感じたことをストレートに表現している感想文にすぎません。そしてまた、パンダが見聞した様々な事柄に対する評価は全ての人に値するとも限りません。占い鑑定に行かれたり商品を購入される事に関しましての保障は一切致しかねますので、十分ご検討の上、読者様の自己責任にて行動願います。


   ブログランキング・にほんブログ村へ        Photo_6

Photo_2