今となっては占い処の母として活躍中のスピリチュアルカウンセラーJUNさん。以前記事にした『東京都にいる占い師』と被ることが多いのが、実はこの方なんですよね。


 そんなJUNさんの体験談を先日読者の方から頂いておりました。


失業中だった男性のお話です。

ジュン先生からアドバイスを受けたら仕事が決まった。

長年子宝に恵まれないことも悩みだったが、
その後奥さんと一緒に再びジュン先生の鑑定を受けたそうです。


ジュン先生のアドバイスは通常「こうすればよい」と言われていることと
逆のことだったので不思議に思っていたが、
その通りにしたら妊娠した。


 そういえばJUNさんを取材してからもう半年が経っていることに気が付きました。


 そんなわけで半年振りにモニター数名分の相談を抱えてJUNさんを訪ねることに。。




*******************************


読者Aさん (40代 女性)


相談内容は、今後の仕事についてです。
今年40歳になりました。
転職をしたいと考えています。現在は個人病院で医療事務をしています。しかし、今の職場で一生終わらせたくはありません。

何か自分の出来ることはないのか?
自分は何がしたいのか? 考え始めると、きりがなく…
年齢を考えると焦りさえもあります。

頭痛持ちなので体調にも波があり、今のままのほうがよいのではないかとか…
そう考える自分もいて、
就職難の時代に再就職の不安もあります。

動く時期はいつ頃がよいのか!
私には何が向いているのか?
アドバイスお願い致します。
ちなみに、ラッキーカラー、ラッキーストーンを教えていただけますでしょうか?



 「転職したいようですがね、今年は駄目です。2011年までは絶対動いてはいけません。それ以降、2012年も要注意の年です。転職、移転も駄目です。で、『何か自分の出来ることはないのか? 自分は何がしたいのか? 』と書かれておりますが、今の仕事をしながらまずね、どうぞ方向性を考えてください。ご自分で何が一番やりたいのかっていうことをね。で、『頭痛持ちなので』っていうのは、彼女の場合は自分自身で頭痛持ちを起こしている。だからとにかく頭と心がブレているからね、この人は。不安ばっかり。もう少し自分に自信を持つこと。『動く時期はいつ頃がよいのか!』というのは、来年以降。もし今年どうしても動くんであれば11月」


 「なるほどね~」


 「『アドバイスお願い致します』って言っている割には、自分は一番何がやりたいかっていうことが、彼女にはまず決まっていない」


 「本当はこういう人っていうのは、私もそうだったんですけれども何が向いているのか分からないから『あなたは○○○の世界へ進みなさい』って占い師さんにポンと言われたいっていうのがあるんじゃないんですかね?」


 「まずこの人に言いたいのは、自分の精神的な安定をしないと頭痛持ちが消えないということね。だから一番自分に何が向いているかっていうお仕事だったら今のお仕事に対して、医療事務をしているんだったらそれに繋がるお仕事」


 「ふう~~ん」


 「だからブレないことですよね、一番のことは。そして彼女のラッキーカラーは(メイン)。それとゴールド(サブ)。晩年も紫だからね。50歳までの彼女の色が紫ですから、彼女を視た場合には性格的にはとても負けず嫌い。中の持っているものがね。だけど自分のことはあまり強く言わないと思う。だけど本当はリーダー的なものは持っている人」


 「あと先生のほうからアドバイスしておきたいことが何かありましたら。。」


 「彼女に一番言いたいのは、頭痛持ちを治すためには一番に自分自身の波動を良くすることだから、まず頭と心がブレないようにすることと言ってあげて。心の迷いのほうが多いの、この人」


 「ラッキーストーンなどは?」


 「ラッキーカラーは紫だから、アメジストでいいんじゃないですか」


 「ラッキーカラーの色の石でいいんですか?」


 「そうそう、それが一番いいんです」



{ 読者Aさんの感想コメント }


転職は、今年来年は、あまり良くないようなので、その間に、何がしたいのか?じっくり考えてみます。

精神的な安定は、問題山積みなので、落ち着けるのはまだまだ先かもしれませんが、自分で出来ることは、努力していこうと思います。
今の自分を変えたくて安易に転職という気持ちになっていたのかもしれません。
落ち着いて、冷静に自分を見つめ直して見ようと思います。

頭と心がブレているとは、そういうことなのかなと、自分なりの解釈ですけど…
今回はありがとうございました。



*******************************


読者Bさん (30代 女性)


相談内容は、結婚についてです。今現在、恋人はいません。
今後、結婚につながる出会いはありますか?

周りの友人からは、男運が悪い、見る目がないなど、言われてきました。

結婚して、子供のいる家庭を築くことが、夢です。

もし出会いがあるなら、いつ頃、どんな出会い方なのでしょうか?(紹介?自力?)

その出会いに向けて、自分は、何ができるか。何をすべきなのか。

アドバイスお願いいたします。



 「この人の姓名を霊視するとちょうど天地人で地は女と出ているんですけどこの人とても寂しがり屋です」


 「ほお」


 「とてもね、寂しがり屋。で、変化が大好きな人です、この人。彼女の場合、運気UPは2011年7月からです」


 「それ、何で調べるんですか、統計学とか?」


 「違いますよ。私は名前で霊視するだけです」


 「へー、スゴイじゃないですかセンセー。霊視で7月からと分かっちゃうんですか?」


 「大体ね♪」


 「へーー」


 「運気アップですけど、チャンスあります。。けど、結婚は焦らないほうがいいと出てる」


 「ふ~ん」


 「まず彼女の場合は、焦らないことが一番」


 「『いつ頃、どんな出会い方なのでしょうか?』だって」


 「3×歳ですね、この方。ホントは前を視ないと駄目なんだけれど。。。じゃ私が数字出してみますから横に書いてください」


 「はい」


 ここでJUNさんは用紙にモニターの年齢と横線を引いて私に渡し、霊視を始めた。


 「○○ ○子(モニターの氏名)、○○ ○子、○○ ○子。。。。。(霊視中)。。。。36。。。39。。。41、42。。。45。。48、51。。53。。まだ続きますけどその辺で」


 「はあ





002

 渡された用紙に数字を書き込みました。こんなんでいいのかな。


 数字を記入したこの用紙をJUNさんにお返しした。





003

 「彼女が一番いいのはこの空いている34。。35、これは駄目です。36歳は一番結婚の。。ただ彼女の場合は37、38歳で要注意です。要注意ってことは。。バツ1の可能性があります」


 「あらら。その歳に結婚をしたはならないと?」


 「焦らない、34歳、35歳はね。でも結婚は36歳までにします」


 「36でする?」


 「はい。ただそのあとをバツ1にならないように気をつけてもらいたい」


 「ふう~ん」


005

 「で今視えたのは可哀想なんだけど、結婚してもよっぽ運が良くないと子どもは授からない」


 「ふぅむ」


 「彼女の場合はとにかく焦らず。。この人の場合は寂しがり屋でね依存性が強いんです、とても」


 「ふぅむ」


 「結婚するのは何かということを考えると彼女の場合は『逃避』なんですよ」


 「なるほどねぇ」


 「だから『子どものいる家庭を築くことが、夢です』っていうのは、自分の今の歳までの人生で割とこの人の場合は運を使い過ぎている。だから今結婚して依存したいっていうものはあるわけよ。だから一番してもらいたいのは、自分自身をシッカリと」


 「分かりました。ラッキーカラーはどうでしょう?」


 「今はオレンジ(メイン)です、50歳までは。それから藍色(サブ)。で50歳以降は銀色」




006




{ モニター感想コメント }


JUN先生、鑑定ありがとうございました。

結婚は、焦らず
自分自分をしっかり見つめ直して、頑張ります。

結婚‥確かに、
逃げなのかもしれませんね。

ただ、子供が出来ないのは、とても、残念な占い結果で、がっかりしました。

運気UPに期待して、
焦らず、頑張ろうと思います。

ありがとうございました。



*******************************


読者Cさん (30代 女性)


今年の2月に知り合って、仲良くしている方がいてほぼ付き合っているような感じなのですが、相手が付き合って彼女!というのを認めてくれません。

特に他の女性がいる気配はないのですが…★

ズバリ彼の気持ちが知りたいです。

そして今後の流れも気になります。

鑑定宜しくお願いします。



 相談内容の用紙にモニターの氏名を書き、そこへ手かざしをしてサイコメトリーを始めた。





007

 「この子ねえ、とっても運勢が強い」


 「へえー」


 「この人(彼)、去年は凄く悪かったんだね。今年はなんとかなったねぇ。。。。大丈夫ですよ、この二人」


 「ほお」


 「彼女のほうが今、男役」


 「ふ~ん」


 「あのー、この人(彼)ねえ、お仕事が段々段々駄目だったのね。でもなんとか持ち直しているから。この人(彼女)も今いいの」


 「ふぅーん」


 「この人(彼女)大丈夫よ。彼女が彼を支えてあげられればね。上手く行きますよ」


 「ほー、良かったですね」


 「彼女が我慢さえすればいいってこと。彼女のほうが今彼を熱烈なのよ。大好きなの」


 「ふうーん」


 「だけど彼はゴチャゴチャ、ゴチャゴチャしたことに執着を持たない子なの。で、彼は長男だから。○○(彼)家の問題もある。だから彼女が彼に奉仕が出来るんであれば大丈夫です」


 「ふう~ん、なるほどねぇ」


 「ご先祖同士はとても仲良しなんですよ」


 「へえ~~」


 「『彼の気持ちが知りたいです』、『今後の流れも気になります』っていうんであれば、あなたが奉仕。あのね、○○(彼女)家と彼の先祖様は仲良しなんです。だけど仲良しなんだけどこちら(彼)のほうが主なんです。で、こちら(彼女)が従うほうなんです。だけどいくら勝ち負けが出ても今は勝てない。だから彼とずっとお付き合いして結婚したいっていう大好きなの。だから奉仕」


 「メデタシ、メデタシですね。ラッキーカラーは何ですか?」


 「オレンジ(メイン、サブ共)、晩年(50歳以降)はブルー。彼は黄色(メイン)、グリーン(サブ)、ゴールド(52歳以降)。。。。彼女は感情を抑えて利口な子」



{読者Cさん 感想コメント}


正直…


当たってます(汗)

今年、彼は仕事がなかなか順調らしく(サラリーマンとかではないのですが)、かなり毎日忙しいようです。

ま、そのおかげでなかなか会えないんですが(泣)

なので、かなり私のほうが我慢という感じです。


まさに男役!当たってます。
JUNさんは大丈夫ということを言って頂いてちょっとほっとしましたが、相変わらず進展がないのが気になります。


じっくり時間をかけるしかないのかと思いますが、機会があったら個人的にじっくりみて頂きたい!と思う鑑定結果でした。



*******************************



 未来の運勢や人物透視、相性診断などに定評があるJUNさんの鑑定はいかがでしたか?


 優しく面倒見が良く、また時にスバッと忠告するその姿勢には年代問わず、多くのクライアントから厚い支持を得ておられるようです。

 
  ≫ 運泉館 JUN プロフィール



  占い処PanjaRoom Information


 このブログサイトにつきましては、パンダが興味を持った占い師や商品に対して、実際に体験したり商品を使用して、その時にパンダ自身が感じたことをストレートに表現している感想文にすぎません。そしてまた、パンダが見聞した様々な事柄に対する評価は全ての人に値するとも限りません。占い鑑定に行かれたり商品を購入される事に関しましての保障は一切致しかねますので、十分ご検討の上、読者様の自己責任にて行動願います。


     にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ           Photo_3

Photo