お待たせいたしました。前編からのつづきです。。


 モニター相談終了後、モニターに後日遠隔で運気UPの気を注入(?)っぽい感じだったので、私も忘れず最後にその『気』とやらを注入してもらうことにしよう。


 そして残された時間で早速私を霊視していただくことに。


 一見、どこか下ヨシ子風!? な雰囲気もあるスピリチュアルカウンセラーのJUNさん。


 私に対するカウンセリング、緊張の中その第一声は。。

 「占いはあんまり信じてないでしょう?」


 「う~~ん、そんなこともないんですけどぉ」 しかし、何から何まで鵜呑みしないのは確か。


 「信じる信じないじゃなくって自己否定が強いですね」


 「う~ん。。。。その通りなんですよ」 いきなり痛いとこ突かれてしまった。


 ここで先生はモニターと同じく、私の名前と生年月日を紙に書き出した。


 最近まで使用していたペンネームとどちらが良いかも視てもらいたく、ペンネームの字もお伝えした。






026

 前編でのモニター同様、名前にしばらく手を当ててサイコメトリーを始めた。


 ドキドキの瞬間。


 そして。。


 「去年(2009年)があんまり良くなかったね」


 「去年ですか。。ふぅ~ん」 言われてみるとその年の春頃は食うもの食えずで、2週間振りに食べた米が感動するほど美味しく感じたっけ。また米をこんなに有り難く思えてたのは初めてだった。


 「今年(2010年)何とかやっとですね~」


 「ええ、今年からぁ」


 「今年からですねえ」 


 「去年までは駄目でしたね」


 「今年からだねえ、なんとかねえ」


 「そうなんですよぉ」 今まではホント苦しかった。これで地獄抜けられたのかなぁ。


 「こっち(ペンネーム)はあ。。良くないですよ」


 「あっ、駄目ですかやっぱりぃ! よく言われてたんですよねー」


 「あっ、そお? これ(ペンネーム)、あなた消滅しちゃいますよ」


 「あ゛ー、そうですかー、はい」 これ聞いといてスッキリした。


 「来年(2011年)もかあ。。。来年5月ぐらいまではやっぱ良くないですね」


 「え゛ー、来年? でも今年ようやく良くなったんですよね。。。5月までこの調子で続くわけですね!?」


 「今の通りです。だから静かにしてくださいっていう意味です」


 「なるほどねえ」


 「自分から攻撃しない、受身で」


 「じゃあ、今以上になるってことですか、6月以降は?」


 「あなたの場合、○月生まれだから」


 「ふぅ~ん。。。。嬉しいですねぇ、今以上になってくれるだなんて。。。へぇ~~」


 「来年(2011年)は花が咲くでしょう。だけど5月まではあまり攻撃しちゃ駄目。今の状態でずっと静かに待ってれば。。。とても良い月日の生まれだからあなたの場合は運勢は強いですよねえ」


 「はぁ。。」


 「結婚は?」


 「してないです。どうですか、そっちのほうは? 恋愛結婚運は出て来ない!?」


 「駄目。出て来ない。。。駄目」 


 「ふぅむ」


 「ちょっと手相見せてください」


 「はい」 ここで手相を視てもらうことに。


 「晩年はあなた結構いいですね」


 「晩年ですね」 大器晩成タイプとはよく言われてきた。


 「55歳からですね、これ(運命線)はシッカリしてる」


 「へえ~。。。。生活保護になっちゃうんじゃないかなって思いながら毎日過ごしてるんですけど」


 「ない。あなたの場合、自分の若い時、ちょうど23と25歳ぐらいの時に自分の行き先が分かってないんですよ。どうなりたいかっていうことも全然分かってなかった。やっとですよ、これ。だけどね、障害線が入ってますよね。5年前あなたは一番大変だった、だけどやっと立ち直った」


 「ふーむ」 しょうもなくなり占い師巡りを始めたのが2005年、5年前のことであった。


 「はー、51、52かぁ、これは大変だぁ」


 「。。。。」 そんな年になってまた苦労する!?


 「だからあのぅ。。人が大好きなんだけどお、大好きなんだけどね、割とねえ好き嫌いが多いんですよ」


 「は~」 図星の図星


 「人間関係のギクシャクさが、今やっと落ち着いてきているんだけど、若い時はそれがね、上手くいかなかった。。。ねえ、勿体無いねえ」


 「ふぅ~」 これまた図星


 ここで先生は私の手にペンで線を書きながら説明していかれた。


 「金運の線いいじゃない。。財運線も出てるけど太陽線も。。。ふう~~ん、今ちょうどこの時期ですよ。ここは55歳から出てますよ、とても良いです。今やっと波が繋がってきています」


 「ほお、ほお、ほお」


 「今のままで自分自身を自重しながら。。天狗にならければ出来ますよ」


 「結婚ですか?」


 「うん」


 「ほぉ~」


 しかし、『天狗』というキーワードが桃伽さん、ジョカさんときて今回のJUNさんで3連チャンとはちょっと驚いた。


 次に先生は私の手に波動を送りはじめたようだ。


 「ああ、良い『気』を持っているのね。。少し感じる?」


 「う~ん、なんとなく。。」


 「『良い気』は持ってますね、凄く」


 「良い気って例えばどういうことですか?」


 「気の流れのことを波動って言いますよね。波動が良くなることは自分の良い気というのは波動の流れですよ。掌の火星丘っていうところから出てくるのが良い気なんです」


 「それが良いとどうなるんですか。性格が良いっていうことですか?」


 「違う違う(笑)」


 「健康のことですか?」


 「そうそう。それとオーラです」


 「ほぉ」


 「だから宇宙との交信をなさるとか、レイキとか気光とかあなたの対面であった時の正中線から左はあなたあんまり丈夫じゃないんですよ」


 「そうなんですよ」 またまた図星。


 「そういうものは気の流れを良くすると、とても良くなります。『きこう』といっても中国の気功でなくって、光って書くほうね。で、パワーを入れてもらうとか」


 左半身が悪いというだけでなく、その理由までもセッションの最後に説明されることとなるのであった。


 このあとも手相の話は続きました。。


 「あげまん線が出てるって言われたことあるんですけど、私はあげまんの素質あるんですかねぇ?」


 「えっ、うーん、無いです」


 「あっ、無いぃ。。。」


 「はい。。。アッハッハッハッハァ~」


 「あはは、そうですかぁ。。。感情線から3つに線が分かれてるとあげまん線だっていうじゃありませんか!?」


 「いやっ、それは違う、違います(笑)」


 「あ、そうですかぁ!? ふぅ~ん」


 「感情線から沢山分かれているっていうことは、なんでも器用に出来るっていうことはありますよ。あなたの場合、一番問題なのはこの障害線なのよね。障害線っていうのは一番トラブルのね。。。だから金運がある時にトラブルが入らないように気を付けてください」


 「ふぅ~~んっ。。。神秘十字線もキチッと入ってるんですよ。あと、ソロモンの輪も入ってるしぃ~」 ここでちょっと自慢


 「これですか?」


 「仏眼も


 「仏眼? これ違いますよ」


 「違います?」


 「ひいっ、ひいっ、ひいっ、ひいっ(苦笑)」


 「。。。。


 「これぐらいだったら誰でもありますねえ(笑)。。。。もう少しあなた自身が、女性に対しての結婚運は今の手相からいくと。。」


 「無いんですよねぇ!?」


 「うん」


 「恋愛運も駄目ですかねぇ?」


 「うん、来年(2011年)に期待しましょう」


 「来年のいつぐらい?」


 「だから2月過ぎなきゃ駄目なんです」


 「出会いありますか?」


 「あなただったら大丈夫よ」


 そして生年月日から数字を割り出し、ラッキーカラーの話へ。。


 「今、ゴールドですよ。ゴールド身に付けたほうがいいですよ」


 「ゴールド!? へえ~~」


 「そう。あと、静かにブルーに変更していきますけどねえ」


 「いつからですか、ブルーは?」


 「50歳から」


 そしてラッキーストーンは、ラッキーカラーがゴールドなので、ルチルクォーツなどといった金色の石が合っているらしい。


 最後に『運気アップの気を注入』とやらをして頂くことに。。。


 「運気アップさせてくれるっていう、なんかあるんですか?」


 「運気を入れる。。入れようか?」


 「あーっ、お願いします 運気アップさせてください、ホントにっ


 「アッハッハッハッハッ。。。。。。じゃあ、聞かせてください。あなたはこの世の中で。。この世の中よ、今の現世で一番誰が大事で大事で大好き大好き大好きですか?」


 「。。。。。居ないです」


 「全部よ、自分も含めてね」


 「ふぅん?」


 「誰も居ない?」


 「いやぁ~。。○○ですね、そうなっちゃうと」


 「うん、○○ね。それ一番良いの、ピンポンなの。○○の存在感をシッカリと分かってればいいんですよ」


 「はい」


 「で、あなたの一番の。。さっき言ったように正中線から左側の波動がとっても悪い。それとあなた自分自身を先ず信じてない、自信が無い。それがあなたの波動を狂わせている」


 「うーん」 そこが原因だったのかぁ。病は気からっていうからなぁ。


 「それでは『気』を入れさせて頂きます。先ずは手を前に組んでくださいそれで・・・・・」


 このあと運気アップの気を注入して頂き、今回のセッションは終了いたしました。。



 あなた自分自身を先ず信じてない、自信が無い。それがあなたの波動を狂わせている


 テープを起こしながら改まって。。。響いたな~。


 小学生の頃から同級生や母親からバカにされ続けてきたから、自信がなくなっちゃったのかなぁ。のび太くんそのまんまのキャラだったし、今でもそんなキャラだったり。。

 実際、占い師がドラえもん代わりみたいなもんだし。


 今後、運気アップしちゃったら、天狗にならないよう気をつけたいと思います。


   ≫ JUN プロフィール 運泉館


  占い処PanjaRoom Information


 このブログサイトにつきましては、パンダが興味を持った占い師や商品に対して、実際に体験したり商品を使用して、その時にパンダ自身が感じたことをストレートに表現している感想文にすぎません。 そしてまた、パンダが見聞した様々な事柄に対する評価は全ての人に値するとも限りません。 占い鑑定に行かれたり商品を購入される事に関しましての保障は一切致しかねますので、十分ご検討の上、読者様の自己責任にて行動願います。

   にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ      Photo_2

Photo_2