前編からの続きです。。

 


読者Cさん (30代 女性)


 相談内容


「望んだとおりの転職(収入面や精神的な充実度?もある程度クリアできるような) がいつ頃できそうか」、をお願いしたいです。

もし細かくみていただけるなら、どういった業種とか職種が良い・見つかるか、どういったものを媒介して見つかるか(人の紹介、ネットの求人、職安など)、その辺も知れたらすごくうれしいです。


この先家族を養っていけるようにならないとまずいという状況なのですが、やりたい事、好きなこと、何かの才能→なし…というぼわんとした私が、果たしてやっているんだろうか?と長い間考え中、悩み中なのです。


それでは、よろしくお願いいたします。

 

 「この人はねー、多分凄いバランス感覚が良い人で、人をこうやって見ながら相手のタイプを見分ける力があるの。別に占い師っていう訳じゃないんだけど、『あっ、この人こうじゃないかな?』、『今こうじゃないかな?』って凄い気が回る人だから、何かのコンサルティングだとか、逆にヒーラーみたいな人を助けてあげるようなパワーを持つと凄く自分のこの収入面や精神的な充実度がUPする! あのね、現実的なことだけをやってても満足しないようなスピリチュアル的な性格というか魂を持っている人。ただ自分がそこまで自分の能力というかタイプに気付いていないかもしれないから、例えばこういう方とお会いして、ハッキリと『これはこういう所にこういうタイプがあってこういう才能があって、こういう性格を持っていますよ』なんて書いてあげたりして頭で理解して心でパーンと落ちるとこの人は自信が出るわけ。自信が無いから分かんないのね。で、自信が出たところで自分なりに『私はじゃあ、コンサルティングをやってみよう』とか、『ヒーリング習ってヒーラーのようなことをやってみよう』だとか、方向性が決まるでしょ、そうしてくるとこの人は凄く真面目で色々計算する人ですから『じゃ、こういう時はこうしよう』だとか、『こういう人が来たらこういう喋り方しようかな』だとかって考える人なんで、そういうお仕事の面がね徐々に徐々にキャリアアップして行く。そういうタイプです」
 
 「ほお~~」
 
 「現実的なこともきっちり出来る人なんだけれども、目に見えない霊的なこと、スピリチュアルなことと縁があるっていうか、やると上手くいく人」
 「スピリチュアル的な!?」
 
 「うん、今いうヒーリング業界だとか癒し系の仕事が向いている」
 
 「霊感霊視とかじゃなくって?」
 
 「霊感霊視とかじゃなくって、癒しのほうね」
 
 「ほお、ふう~ん。。。。で、『望んだとおりの転職(収入面や精神的な充実度?もある程度クリアできるような)がいつ頃できそうか』って書いてあるんですが?」
 
 「ただし、転職に関しては直ぐに癒し系で勤まるわけにはいかないから、この方の場合はね、でも今年の12月とかは凄いパワーを感じるから、ホントだったら今から何か始めて12月ぐらいから何か目処が立ってくることも。。あの、尻込みしないでちょっと寒い時期だけど動けばまた見えてくる形にはなると思うんだけどねー。意外とまだねえ、腰が重そう。考えていて、『こうかな、ああかな?』って思っているんだけど、不安で一杯なのかもしれない」
 
 「なるほどね~」
 
 「で、意外とねえ、色んなところに頼んだりセッティングするのは、恥ずかしがり屋なところがあるから下手かもしれない。そういうのがあるとパッと決まるんでしょうけどね」
 
 「ふう~ん」
 
 「なので、ちょっと尻込みしちゃうと2月ぐらいまでかかっちゃうばあいもあるねー」
 
 「ほー。で、『どういったものを媒介して見つかるか(人の紹介、ネットの求人、職安など)』って書いてありますが?」
 
 「人の紹介というよりは、自分で見つけたほうがいいですね! 何故かっていうと、人の紹介っていうとシガラミが絡むから気を使っちゃってなんかパッとしなくなっちゃうかもしれない。ホントは自分で見つけるとかネットの求人とかそういうので見つけたほうがいいね。人の紹介が100%駄目じゃないけれど、どっちかっていうとそっちのほうが良いように私は感じます」
 
 「自分で探すにしてもネットや新聞広告など、色々あると思うんですけど」
 
 「とりあえず、ネット求人でいいんじゃないかなとパッと思いましたけどね」
 
 「『この先家族を養っていけるようにならないとまずいという状況なのですが』っていうことみたいですけど?」
 
 「悩んでるだろうねー、これねー。。。ただ急にヒーリング業界へ入るのは難しいですからね。まだ開花されていないから今直ぐヒーリングっていうのは難しいかなあ。。。そうなると意外とこの人も介護系とかも合っているかもしれない。。。堅いような所とかね」
 
 「簡単なマッサージとかでもいいんでしょうかね?」
 
 「うん、嫌じゃなければそういうのでも良いと思う。見習いとかで入っていって、そこからヒーリングの資格とか取ったりして。。マッサージ兼ヒーリングっていうところもあるでしょ!? あれを癒し系にしてやって行かれると良いの」
 
 「ほー」
 
 そして次に何かスピリチュアル的なものが視えてきたようだ。。
 
 「この人はねー、やっぱり家の色んなカルマを背負い込む性格なんで、ラッキーストーンは黄色が良いね、シトリンとかルチル。何故かといいますと、黄色というのはマニプーラチャクラと言って、胃のチャクラを開くんですよ。自分を開く。芸能人とかスポーツ選手とかこういうパワーを開いてるのね。この人は自分を開くのが苦手なの! 人に合わせちゃって人の顔色見ちゃうの。だから才能があったり、凄くバランス感覚が良くて人をサポートするような包み込むような基盤作り出来る様なものを持っているんだけれどもそこまで発揮できていないわけ。人にばかり気が行っちゃって自分ていうもののエネルギーが弱まっちゃうんだよね。そういう人だから胃のチャクラを開く黄色い色を持って頂いて。。お金のことも考えているからシトリンっていうのは潜在能力を開くんだよね。で、ルチルは、『自分が使える自分のお金を引き寄せる』効果がある。で、それで両方合う石だからコンビブレスにしてもいいし、どっちか好きなのを持ってもいいからお金を呼びながらやっぱり自分の運命を開くっていうことを考えないと年取ってから自分が寂しくなっちゃう! 人のこと考えていて気が付いたら『私は何だったんだろうな』ってなっちゃ困るからそういうふうな優しいところがあるからねえ」
 
 「先生のほうからひとつ、前世か守護霊のアドバイスを頂けたらと。。」
 
 「この人はねえ、赤い着物を着ている日本の女性だったの。で、この人は何か恋に生きる人だった。で、自分は凄い美人だったんだけど、ハンサムな男性とそのとき恋に落ちてるわけ。で、その時は凄く身分が違ったみたいで、かなり心が寂しかったの。でも凄く恋に生きた自分の運命があるからどちらかというと、男の人に尽くしたり人の痛みが分かるわけ。恋のカルマがあって苦しんだ前世を持つ人っていうのは占い師に向いていたりもするけど、人のサポートに凄く向いているんですよ、痛みが分かるからね」
 
 「ふ~~ん」


 「なのでこの人の前世を見たときに凄い恋愛をしていて、恋愛で良い思いもしているんだけれど苦しみも味わっているから人の奥底の感情のヒダが凄く分かる人だからこの方っていうのはそういった点で今はどうか分からないけれど、前世のパワーを見たときにホントに『恋愛系』なのね。だからヒーリングしながら相手に愛のエネルギーを送るとか、相手が恋の過程とかで苦しんでいる人がいるでしょ、そういう人を慰めてあげると物凄く向くの」


 「へえ~~」 深いな~。


 「本人は気付いていないかもしれないけど、意外と『恋愛パワー』の持ち主だよ」


 「へえ~~」 深過ぎて、へえ~とか、ふ~んという返し方しか出来ない^^;


 「それでね、その時に赤い着物を着ていたから、服でもハンカチでもいいので、『』を持っていると恋愛パワーが凄く倍増する!」


 「へえ~~」


 「貫いた人だからどんな障害や試練があっても赤いものを持っていれば、記憶が蘇って来ちゃって、試練とか困難に耐えることが出来ちゃう!」


 「へえ~~、そういう理由でもラッキーカラーとかにもなるんですね!」


 「そう! 前世絡みでのラッキーカラーっていうのもあるんだよ。思い出すの、なんとなーく。そうするとこのモチベーションが凄く高まって『よし!』って変わるわけ」


 「ほ~、そうっすか~、凄いっすね~、ふう~~ん」


 「色ってね、スッゴイ大事! 色が自分合うとモチベーションが上がりますよ」



 { 読者Cさんからの感想コメント }


いい歳こいて自分の事がわからなすぎな私なので、何度も読み返すうちに腑に落ちてきた、という感じでした。仰っていた性格とかかなり当たってるように思います。


あぁ、これってそういう事だったのか、と思った箇所が沢山あって、なるほどなぁと。

何だかとても興味深かったです。


とは言えまだすっぱり結論を出せるところには至ってないので、もし機会があれば直接お話して、色々事細かくお聞きしてみたい気がしました。



 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


読者Dさん (30代 女性)

 相談内容

「どのようにしたら、すぐに就職に結びつくか(出来るか)?」を知りたいです。

転職時期と同じに調べていただけると嬉しいです。

 
 「あー、この人は今凄く疲れていて。。あのー、下半身が重く視えるの」
 
 「う~ん。。」
 
 「お風呂の時にお塩で下半身をマッサージして、熱いシャワー掛けてお湯かぶって首とか肩も同じようにマッサージして、この人はお塩で浄化をして。エネルギーが弱くなっているから。。今視ながらちょっとパワーを送っているんだけど。。だからちょっと就職は足が止まっちゃってる形になっていて就職が決まり難くなってる」
 
 「あ~~、はい」 いきなり遠隔ヒーリングを始められたのにはビックリでしたcoldsweats02
 
 「今、遠隔なんだけどエネルギーを足のほうへちょっと流して上のほうにも気を流しているんだけれども~、頭も頑張りたいっていう気があるんだけれども足が止まっているんだよね」
 
 「う~ん」 遠隔でよくそこまでcoldsweats01
 
 「だから申し訳ないんだけれども就職が決まらないんじゃなくってその足のこういう疲れ、足のそういうマイナスエネルギーを塩を使ったりして。。アロマオイルとかが好きだったらそのままアロマオイルを塗ってもいいから。。で、この方は体に邪気が溜まりやすいから、息を『フーーッ、フーーッ』て吐いて! それから安い物でもいいからキャンドルを灯してほしいの、『火』が足りないんだよね。体は多分、霊媒体質が強いんだろうな~。あのね、体の波動っていうのがあって、薄くなると霊がそのまま素通りして通り抜けちゃうぐらいの霊媒体質の人がいるんだけれど、この人はその気がある! 私が視ると体が薄く視えるの。だからって病気で死ぬとかじゃないの、元々の体質だから可哀想ね」
 
 「。。。。。」
 
 「この人、珍しい体質持ってるんだなー。もしかすると、これは信じてくれる人と信じてくれない人がいるんだけど、人間に生まれていても妖精魂っていって、妖精だったり天使だった人って稀にいるの。この人、妖精かなにかだったかもしれない」
 
 「それって前世とか?」
 
 「前世。前世はきっと妖精」
 
 「妖精ってのはなんですか?」
 
 「妖精っていうのはね、例えば木だったら木の精霊とか」
 
 「目に見えるものなんですか?」
 
 「霊能がある人には見えるんだよねぇ、だけど霊能がない人には見えない」
 
 「ふう~ん」
  
 「花だったら花には妖精がいて、その妖精とお話出来るとするでしょ、例えば全然結婚運が全然ない人に『お願いだからこの人にこういうふうに結婚させて!』と言ってフッと飛ばしてあげると結婚が決まるぐらいそういう妖精っているの」
 
 「へえ~」 凄いこと聞いちゃったなぁ。

 「そういうような。。木の妖精だったのかなー、足がこういうふうにこう地についている姿が(手でジェスチャーしながら説明)視えるから、それか木の中に自分が天使とか精霊みたいに魂の時に入ってたかね。肉体に生まれ変わる前の段階で、そうすると自分が人間の魂であっても何かの場所に住みついちゃう魂。。私もそういう前世があるんですよ。お人形さんの時にちっちゃい時に死んでずーーっと人間に戻れなくって後で人間になったんだけどちっちゃい子だったからお人形さんの中に入ってて、お人形さんの中から人にお人形を持ってた女性が結局病気だったんだけど、その人が私の記憶で出てきたのよ。こう見ながら話しかけて慰めてあげたいんだけど、『私に気付いてくれない』って」


 「。。。。。」


 「自分もそういった経験があるから分かるんだけど、だからスピリチュアル度の高い木の精霊だった記憶があるってこと。そうすると、自分の頭では人間だから『これをやりたいよ、こういうふうに進みたいよ』と思っても、木は一箇所に根付いていて動かないでしょ!? その記憶が今リンクして出ている、そうすると動きが鈍っちゃうの。だから、その時の記憶を断ち切るわけじゃないけど、『火』っていうのは、色んなものを浄化して進めちゃうエネルギーがあるの。なので火を使って頂いて、要は足とかそういうところを浄化して霊的な自分と現実的な自分を逆に切り離す、そのほうがこの人にとっては開運すると思うので。。私も赤のパワーっていって、現実界のパワーを持っているんで、遠隔なんだけどこの人、足に念力で赤のパワーを『フゥゥーー』って入れてるの。そうすると、薄い霊体が少し現実的な肉体に霊的に視えるようになるわけ」


 「。。。。。」 遠隔で再びヒーリングを始められた。


 「この方はそういった意味でどっちかっていうと、霊的な浄化して上に送るよりも地に足がつくとか現実を生きるっていう強い波動を『ブワーーッ』て送ってあげたほうが、運気が良くなるタイプ」


 「ふう~~ん」 またまた深い^^;


 「そのように送ってあげるエネルギーって2タイプに分かれます。この人の場合は現実感を送ってあげたほうがいいし、今こうやってパワー送ってあげたから、そうすると今度は就職に結び付く何か切っ掛けが今から出てくると思うし、ま、ここ3、4ヶ月の間で自分が『あっ、ここいいな』、『ここだったら大丈夫かな』という目星がいくつか出てくるはず」


 「ふう~~ん。。なるほどね~」


 「ただね、自分では分かっていないかもしれませんけど、意識が現実離れしようとするところが私が視たところあるから、決まり始めても自分が思い違いしちゃう時があるから、自分で迷いが出たりおかしいなと思った時は、『フーーッ』とやって、あとはキャンドルをちゃんと灯していたほうが良い!」


 「部屋にキャンドルを?」


 「うん、部屋とか自分がくつろいでいたりする場所に。火って凄く大事だから」


 「キャンドル1本でいいんですか?」


 「うん、1本でいいの。人間っていうのは火があるから意欲が出たり前に進むといったパワーを貰っているので、火を使わなくなると人間の運命やエネルギーが変わったりすることもある。だからこういった方は火を使ったほうがいいんじゃないかなと思う」


 「ふ~ん、なるほどねぇ。。。この人のラッキーストーンとかは?」

 「この人の場合はね~。。。この人の場合、ラッキーストーン選ぶの一番難しいなぁ。。この人自体はね、色んな霊が体に入っちゃうんで。。。オニキスとかオブシディアン、黒水晶など黒い石があるでしょ、黒い石は人間の潜在意識といって、『無意識』を表す石なんです。でこの人、無意識自体がもうホントに人間離れしているんで、やっぱり透明なんだよねー。色があんまり無いの!」


 「ふ~~ん」


 「透明なところに何かのエネルギーが入っちゃうとバッと変わっちゃう人なので、怖いから逆にそういう透明なところに先ず黒で色付けしておくとプロテクションが出来ます。プロテクションをしたところでその後運気が変わって地に足が付き生活できるようになり、自分が段々楽になってきたところで今度は逆に何色持っても合うようになるんですよ。元が透明な人は何色でも合うの」


 「ふう~ん」


 「今みたいな邪気が氾濫していて悪魔とか色んなものがいる世の中で、この人の透明な色に変な色を入れたくないので、黒を入れたほうがいい。そうすると落ち着くというか、また違った自分が演出できるんじゃないかなと思います。だから意外と占いのお客さんのほうが、サイキック能力持っている人が多いですよ。そういう人は病院行ってもカウンセリング受けても解決できないから困るの。だからこういう人達はそういった部分をどこかしら持っているんですよ」


 「でもだからといって、こういう人たちがスピリチュアルカウンセラーに向いているってわけでもないんでしょ?」


 「そう。スピリチュアルカウンセラーっていうのは、『前世の生まれ変わりの種類』と、『霊を降ろせる血筋』とか色んな要素が絡み合わないと難しいですね」

 


 { 読者Dさんからの感想コメント }


確かにおっしゃる通り今、転職活動に向けての動きが停滞していることは当たっています。
頭では「したいしたい」と思っていても行動に移せていない自分がいます。
なんでなんだろう? 
自分でも不思議です。頭の中と行動が伴っていません。

それと、カウンセラーの方のいうことで自分が「木の妖精で透明感がある」ということが特に気になりました。
私ね、人からよく名前とか存在とかを覚えてもらえないんですよ。
それって存在感がないってことですよね? 
「妖精」「透明感」「ちょっと理解してもらえない」ような存在、それだったら納得出来るなって思いました。

自分の地盤固めをしていきたいな、と考えています。
人の意見に流されやすくて、「自分という【芯】がないよね」言われた事があります。
・・・その言葉が今やっと理解出来た気がいたします。

行動力がつくよう、キャンドルを買って部屋で灯していきたいと思います。
そして早く良い転職先が見つかってそこで頑張れるようにしていきたいですね。
頑張ります



 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



 読者の皆様、いかがでしたか? なんて、今回は聞くまでもないかと思います。


 次回の後編、パンダの相談に対するその回答は、驚きの連続となるものでありました。



                                     。。。。。。後編へつづく

  桃伽 対面鑑定スケジュール

 

 このブログサイトにつきましては、パンダが興味を持った占い師や商品に対して、実際に体験したり商品を使用して、その時にパンダ自身が感じたことをストレートに表現している感想文にすぎません。 そしてまた、パンダが見聞した様々な事柄に対する評価は全ての人に値するとも限りません。 占い鑑定に行かれたり商品を購入される事に関しましての保障は一切致しかねますので、十分ご検討の上、読者様の自己責任にて行動願います。