このカテゴリーで、前回はY 朱見さんをご紹介したのですが、完全予約制のため読者の皆様をご紹介するわけに行かず、皆様には未消化だったのではないかと次の占い師を探しておりました。


 しかしこのところ、渡邊、観音寺りえ、ロイヤルマートの占い師、Y 朱見さんと、過去の記事をお読みになられている読者でしたらそのハードルの高さがお分かりになるかと思います。


 この高さに達する占い師がなかなか見つからないでいた時、ある知人から霊感のある友人が占いを受けたという話のメールをもらいました。

このところ、スゴい占い師が続いてますね。
ところでところで先日、私の友人を鑑定した占い師もかなりスゴい方でしたよ。

有名な西麻布のタロットバー 「Rosy」にいらっしゃる茂木春江さんという方です。

友人は結婚に迷っていたんですが…
「あら、玉の輿じゃない?」⇒友人の彼はかなりのお金持ち!
「あなたは気の弱い彼に厳しくしすぎ!」⇒まさにそんなカップル!
「今、仲悪い?」⇒ちょうど喧嘩中
などなど、ハタからみててもびっくりするくらい当たっていました!


この友人、実は霊感があって、
「茂木先生もカード以上の何かで視てるね」と言ってました!
友人と2人、久々に大コーフンしました。
茂木先生はRosyの他に自身の営むオフィスアンジェリナや橋本京明で話題の草加の占い館にも出ているみたいですよ。



 当たると噂の西麻布のタロットバーRosy、そしてイリヤさんやあの橋本京明氏が出張されているあの運泉館か。


   
≫ 運泉館 プロフィール

   ≫ タロットバー Rosy

   ≫ オフィス アンジェリナ


タロット歴35年のベテラン占い師
その高い的中率と的を射たアドバイスから、「西麻布の母」と呼び親しまれている
彼女を尊敬する同業者は数多い



 西麻布の母こと茂木春江(もてき はるえ)さんねぇ。

 麻布のバーで飲む金もなし、運泉館は興味あるがちょっと遠いなあ。オフィス アンジェリナのほうが近そうだがどうしよう。。


 行ってみようかな、埼玉県草加市まで西麻布の母をたずねて運泉館へ。。。。




008

 というわけで前日30分の予約を入れ、八王子から1時間以上掛けて到着。



009

 駅を出てロータリー前の道を真っ直ぐ進むと突き当たりにミニストップが見えてくる。




010

 そこを左に曲がった直ぐ隣に松原スターボウルはあった。



011

 ボーリングが流行った数十年前からありましたといった感じの建物。




012

 まあ、最近新しくボーリング場建設するなんていう店はないけどね。




013
 今日は人気のスピリチュアルカウンセラー、田村英一氏と、最近デビューしたばかりという霊能力が強いと噂の清宮一成氏と並んで西麻布の母3名の出演。



015

 中に入ると、カウンターの脇に運泉館があった。通路を挟んでボーリングのレーンが並んでいる場所だ。

 イリヤさん、ここに来てたんだなあ。それに橋本京明氏も。


016

 その二人を別にしたとしても、今日もやっぱり凄い顔ぶれ。




017

 時間になり、受付の方に案内されて中へ。


 コーナー手間に茂木さんがいらっしゃった。今回は顔出しNGということで。

 今日は私の『占い処』に関する相談もあったので、西麻布の母と対面した直後、早々に面割れ取材ということになります。


 占術は霊感によるスピリチュアルタロットと西洋占星術。


 先ずは時間オーバーとなってしまわないよう、読者相談からスタートすることにした。


 ここで茂木さんに読者情報をお伝えしたのは氏名、生年月日、出生地。その他職業などといった情報は一切伝えていない。。。



 読者Aさん(30代女性 自営業)


 { 相談内容 }


次の恋人との出会いはいつ頃で、どんな方ですか?



 「多分、今年、来年中に出会いはあると思いますし、今年7月、8月過ぎから見つかると思います」


 「あっ、そうですかあ」


 「11月頃が一番モテるのでえ。。その頃にどんな人が出て来るかということなんですが、まあちょっと変わった人。。年上ですねえ。多分あのう、かなり積極的に彼女のほうにアプローチしてくるんじゃないかということですね」


 「あ、そうですか。へえ~」 ズバッときたな~。


 「楽しみですね」


 「は~~」


 「特に7月末頃は、それこそ初めて会って。。プロポーズ。。先に『結婚を前提に』といっていいぐらいの人と『付き合ってくれ!』とかって相手の方から言われちゃうかもしれませんねえ」


 「あー、そうですかー、へえ~~。結婚相手になる可能性はありますか?」


 「あると思います、この方は!」


 「へえ~~」 これまた初っ端からおめでたい結果だあなあ。


 「ええと、やはり今年は多分とても忙しい年なんで、自分の中でも人生の切り替えっていうか、大きく流れが変わってくる時かと思います」


 「どんな人かなあ。。。じゃあすみません、代わりに左手で3つに分けて1つにしてください」


 「左手でっていう理由は何かあるんですか?」


 「でもこれ昔から随分調べたんですけれども、かなり昔から『左』って書いてあるんですよね。ただね、トートは右だったり、人によって違ったりするんですけれども未だに中々どれっていうのは出てこないですけれどね」



023

 ボッティチェリタロットという名前のカードで占ってもらうことに。


 このタロットは、ボッティチェリという『プリマベーラ』とか、『ヴィーナス』の絵を描いたルネッサンスの画家の絵をイタリアの若手画家達がアレンジしてカードにしたものとのこと。






019

 そしてこのカードを私が左手で切り分け一つに戻すと、茂木さんはこれをテーブルの上へ次々と展開していった。

 「あー、この人は凄いあのー、とても頭の良い方なのかもしれないし、今までかたく考えてあまり動く気持ちが無いような気がするんですよね。で、本人がいつ頃恋愛が出来るかっていうんですけれども、まあ結構高望みと言っちゃなんですけどもねえ、あのお。。彼女自身が凄く仕事が出来たり何でも出来る人なんでぇ、それよりももっと出来る人っていうのでぇ、かなり理想が高いと思うんですよ。それで今までホントにモテる方で、かなり色んな人も来るんですけれども、彼女のほうがシャットアウトしちゃうっていうのかしら。。うーん、『自分とちょっと違う』と。結構冷たい言葉でこの人は男の人にお話しちゃう気がする。それと周りにはホントに社会的にも結構立場が上だったりだとかそういう人達が一杯いますんでぇ。まあ、出会いの場所みたいなものを考えると、あっちから来るんですけれどもね、やっぱりなんか飲食に関わるパーティーだったり食事だったり、まあ仕事上のお付き合いかもしれませんけれども、そういう時は本人はあまり行きたくないという気持ちが強いみたいですけれども、あのー、仕事上のお付き合いでもドンドンドンドン行かれたほうがいいんじゃないかしらっていうのがカードにはあります。あと、うーん。。うーーん。。。この人はお付き合いしたくても結婚はあまりしたくないのかな~という気もちょっとするんですよね。実際結婚、結婚って言っているけれども自分の自由とか、そういうのを奪われるのは、言葉で言っているけれどもそうじゃないような。だから普通の結婚っていう形よりもパートナーみたいな感じかしら、それだと凄く楽なんじゃないかな~と。あと、そういうのが分かる大人の男の人が出てくるっていうんです
ね。で、結婚っていう社会的な籍入れたりなんかがあったとしても、意外と中は凄いクールな関係だったりする。そのほうがこの人は全然楽だと思いますし、そういうのを希望している男性が近々現れてくると思うので楽しみだと思います」


 「7月8月の間ですか、それとも11月っていうことですか、ベストは?」


 ここで再びカードを展開してもらい視てもらうことに。そして出た結果は。。。




020

 「ええと、これ視てみると出会いは7月、8月にあるけれども、12月にかなり良い相手からアプローチがあるとかそういう感じがするので、出会いが7月末辺りに出会った人が11月か12月ぐらいになると、まあ結構もうちょっと固めようとか、お家に挨拶に行こうとか、そのぐらいのことを言って来てもいいかなあと思います。で、7月8月に会う人なんですけど、もしかするとお、以前出会っている人!? の可能性、しかもずっーと彼女のことを思っている人っていうのが出ているのでぇ、だからご本人は、『次の恋人との出会いはいつ頃ですか、どんな方ですか?』っていうことがご質問ですけれども、もしかすると今までの中に気になっていた人が出てくる可能性があるかもしれないですね」


 「ふ~~ん」


 「本人としてみるとお、意外とそのお、全く違う人って思っているかもしれませんけれども、昔忘れられなかった人がまた舞い戻ってくる可能性も十分あると思います」



 読者Aさんからの感想コメント


「多分、今年、来年中に出会いはあると思いますし、今年7月、8月過ぎから見つかると思います」
渡邊先生にお仕事(お金のこと)を聞いていたときに、1ヶ月か2ヶ月後に大きなことが起りますよ・・・
とは言われたのですが・・・それとは関係があるのかしら?
でも何かしら夏には変化が起きそうですね。


「ええと、やはり今年は多分とても忙しい年なんで、自分の中でも人生の切り替えっていうか、大きく流れが変わってくる時かと思います」

今の時点でちっとも忙しくはなく・・・もっと忙しくなるくらいお客様に来てほしいのですが。泣


「あー、この人は凄いあのー、とても頭の良い方なのかもしれないし、


自分でも思います、頭がいいなってw
私よりいい大学の出身の子に「○○○ちゃんは頭がいいから」って言われます。


かなり理想が高いと思うんですよ。


事が出来るとか、お金があるとかではなく、ルックスには拘るほうだと思います。
性格がよくて、お金があっても、好みのタイプでないとスキンシップが取れないです・・・



それで今までホントにモテる方で、かなり色んな人も来るんですけれども、彼女のほうがシャットアウトしちゃうっていうのかしら。。うーん、『自分とちょっと違う』と。結構冷たい言葉でこの人は男の人にお話しちゃう気がする。

ドSですから。でもそんなにモテた記憶がないのですよね。
告白されることって、今までそんなにないですもの。

まあ、出会いの場所みたいなものを考えると、あっちから来るんですけれどもね、やっぱりなんか飲食に関わるパーティーだったり食事だったり、まあ仕事上のお付き合いかもしれませんけれども、そういう時は本人はあまり行きたくないという気持ちが強いみたいですけれども、あのー、仕事上のお付き合いでもドンドンドンドン行かれたほうがいいんじゃないかしらっていうのがカードにはあります

自営業だからって、お仕事の付き合いでパーティーなんてありませんけれど
あるパーティーにはたまに参加していますが、全員女性です・・・
確かに面倒な時もあります。出逢いのあるようなパーティーにはお誘いが来ないのですけれど?


あと、うーん。。うーーん。。。この人はお付き合いしたくても結婚はあまりしたくないのかな~という気もちょっとするんですよね。実際結婚、結婚って言っているけれども自分の自由とか、そういうのを奪われるのは、言葉で言っているけれどもそうじゃないような。だから普通の結婚っていう形よりもパートナーみたいな感じかしら、それだと凄く楽なんじゃないかな~と。あと、そういうのが分かる大人の男の人が出てくるっていうんですね。で、結婚っていう社会的な籍入れたりなんかがあったとしても、意外と中は凄いクールな関係だったりする。そのほうがこの人は全然楽だと思いますし、そういうのを希望している男性が近々現れてくると思うので楽しみだと思います」

そうなのです!もういい加減この歳まで一人だと、他人に合わせて生活するのって
大変なんじゃないかなって思ってしまうのですよ。結婚結婚ってうるさいのは家族のほうですしw
でもこの歳までバツも付かずに独身って、人として欠陥があるのかも?って思われちゃうし、というのもあります。


これ視てみると出会いは7月、8月にあるけれども、12月にかなり良い相手からアプローチがあるとかそういう感じがするので、出会いが7月末辺りに出会った人が11月か12月ぐらいになると、まあ結構もうちょっと固めようとか、お家に挨拶に行こうとか、そのぐらいのことを言って来てもいいかなあと思います。で、7月8月に会う人なんですけど、もしかするとお、以前出会っている人!? の可能性、しかもずっーと彼女のことを思っている人っていうのが出ているのでぇ、だからご本人は、『次の恋人との出会いはいつ頃ですか、どんな方ですか?』っていうことがご質問ですけれども、もしかすると今までの中に気になっていた人が出てくる可能性があるかもしれないですね」

最初に出てきた年上のちょっと変わった人というのは、この方なのでしょうか???
ちなみに、年上の方との出会いってほとんどなかったのですけれど


「本人としてみるとお、意外とそのお、全く違う人って思っているかもしれませんけれども、昔忘れられなかった人がまた舞い戻ってくる可能性も十分あると思います」

今も顔を合わせている以前好きだった方と、元彼は、二人とも年下ですけれど・・・んー

結婚に対する意識や、理想が高い(内容は若干違いますが)とか、そこは当たっています!!

サロンにひきこもりで、おばちゃん相手にお仕事をしているのに
いつ出逢うのかしら~あと1ヶ月半くらいですね~!!



 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 読者Bさん(30代女性 OL)


 { 相談内容 }


私の父親は長男なのですが、香川県の実家を離れてご先祖様のお墓に入る気は無く、自分の墓を静岡に買ってしまっています。


これはしょうがないとも思うのですがすごく気になって。

それと関係あるのか分かりませんが、私にはいとこが4人しかいなく、それと兄が一人。
私を含めると父家系の血が入っている子供は合計6人なんですが、結婚したのは1人だけで、みんな独身なんです。

これは何か関係ありますか??


私は6人の中で下から
2番目ですが、皆結婚適齢期は過ぎています。
こんなに家系的に結婚できないのは、ご先祖様が関係しているような気がしてならなくて。
何にもなければいいのですが。。。


お墓を購入したのは3年ぐらい前なので、
購入前からの因果関係みたいなものがあるような気がするんです。



 「凄くご先祖様を大事にするし、守られている人ですね、この人は確実に」


 「ふ~ん、そうですかあ、へえ~」


 「この方は6人の中で下から2番目なんですけれども、もしかすると墓守じゃないですけれどもお家を継いでいくとか守っていくっていう感じはします。だから彼女は凄い気になっているとは思うんだけれどもお。。。お婿さん貰うんじゃない、この人」


 「あ、そうなんですか、ほお~」


 「うん、なんかそんな気がする。なんかこの人は来てくれる気がするんですよねぇ。この人が多分見ていかなきゃいけない気がするんだよねえ」


 「あぁ、そうですかあ」


 「うん。で、結婚できないのは家系ではないかとかって言ってますけどお、そういうのは私は全然無いと思うしぃ。。。それよりもこの方が、考え方が。。。。凄く周りの方が気になる、家族のこともそうだけどお、あと兄弟のこととかぁ、『皆のために』っていう気持ちが凄く強いのでえ、あのう、意識が常に外へ外へ行ってしまうんだと思うんですよね。それが割とこの家系の方皆さんそうなんですよ」


 「ふーーん」


 「だからそうじゃなくって、結婚に関してもそうだけど、適齢期を過ぎているっていうけれども、あの~、自分のことより皆が周りを気遣い過ぎているような気がする。自分に集中するっていうことをホントはもうちょっとしてもいいんじゃないかなっていう気がしちゃうんですよね」


 「そうですかぁ」


 「家族全員が、お家とか家系とかルーツとかそういうものに対して凄い篤い思いを持ってる感じがしますね。。。私もねえ、割とバリッと言い切っちゃうんですよね」


 「それが一番いいです、白黒ハッキリしたほうがスッキリしますよ」 温厚な雰囲気で柔らかい口調だが、白黒ハッキリ述べるアドバイスはまるでロイヤルマートの占い師のようだ。そういう所がきっと『母』と呼ばれる由縁なんだろうな。


 「昔からそうだけど、時間とか延ばしたり絶対出来なくって、『うん、これは違います』とか言って終わっちゃうから短いですよ(笑)」


 「曖昧な占い師はもう駄目ですよね~」


 西麻布の母は、ここでまた新たにカードを展開した。





022

 「この方、結婚されるんじゃないですか」


 「ほおーーーっ」


 「えーとー、お家のお墓のことで凄く気にしていると思うんですけれども、それで結婚できないことは全然なくって、お父様も帰って来たほうが安心しているみたいだし、とても冷静な判断で上手く。。まあ合理的だしみたいな感じだと思いますね。ただ問題はそこできっと何かなんだろう。。お骨分けたりだとか分骨をちゃんとやっておけばいいんじゃないですか、そういうのをやっていれば大丈夫だと思いますよ。もし自分が何かあった時には分骨するとかすればいいんじゃないですか。で、この方の結婚できないのはどうのこうのっていうことなんだけど、私はなんかこの人とても。。。今まで仕事が出来たり立派な人みたいなのが好きだったと思うんですけれど、中々手が届かなかったっていうか、高望みのカードが出ているんですけれども。今、コツコツコツコツ自分のやりたいことをやっているようだし、婚活っていうのをやっていないかもしれないですが。。これねえ、人からの紹介とか、勿論お見合いも良いし、誰かから紹介してもらって良い出会いがある可能性があると思いますので、是非やってみるといいと思います。また実はお金が出て行くというカードが出ていますので、使ったほうが良いような気がするんですよ! 婚活に!!」


 「なるほど、なるほどね。。。婚活は具体的にどういうことすればいいんですか?」


 「具体的に言うと、例えばお金を払ってエージェンシーみたいな所へ登録してみるっていうのも一つの手かな~と思いますし、あと習い事していくのも良い感じがしますね。この人なんか語学の才能とかそういうのもある感じがするんで、やってみたらいいと思うし、海外にも興味あるんじゃないかしら。外国も行ったりしている気がするので、もしかしたら海外とかも語学関係の習い事とかなんか学校に行ってみたり、また海外旅行すること自体も出会いに繋がるかなーと思います」


 「お見合いパーティーとかでも良いんですか?」


 「そうそう。お見合いパーティーでもピンからキリまであるらしいんですけれども、これ、『なるべく高めの良い所へ行きなさい』っていうカードが出てますね」


 「高めの良い所ってなんですか?」


 「要するにYa○○o!とかの安い出会い系の所へ登録するのではなくって、もうちょっと高いお金を払って会員制でそのパーティーは、白金だったり麻布だったり六本木であったり良いレストランでする所があるらしいんですが、そういうのを探してみるといいんじゃないかしらと思います。具体的に婚活っていうとそういう所かなと思います」


 「ほお~」


 「そういう感じがしますね。もし今結婚されたいんであるならば、あまりお金無くなることは今凄く嫌みたいだけど。。まあ、無駄遣いはしない人だと思うんだけれども、自分のためには使っていいんじゃないかしらと思うんです。自分が勉強したり自分の実になることは、お洋服買うんでも勉強するんでも全然良いんではないかと思います! そんな感じです。この人レベル高いの。だからそこら辺のうち素性の分からない人じゃないんですよ、うん。だから、きっと良い所に。。。女の子は言うわね、皆憧れるような職業の人、歯医者さんとか弁護士さんとか、会計士さんだったりだとか、なんかそんな感じはしますね」



 読者Bさんからの感想コメント


「凄くご先祖様を大事にするし、守られている人ですね、この人は確実に」

これは本当にそうだとしたら嬉しいです。一人暮らしなので部屋にささやかな神棚というにはおこがましいくらいの場所を自分で作り、毎朝、毎晩お供えをし手を掌わせているので^^
ただこの方法があっているのかよくわからないのですが。。。
でも、墓守をするかと言われると、実際そこまでする気もなくて。
お婿さんを貰うのも本当にありえなくて・・・

そんなことをしたら兄の立場もないですし、正直今の苗字が本当に嫌いで、結婚して違う姓を早く名乗りたいとずっと思っています。

ただ、兄が結婚しなかったら代々のご先祖様のお墓や父が立てたお墓は無縁仏になってしまうので、私が永代供養はしないととは思っていました。

「皆のために」ですかぁ。
そこまで思っているつもりもないのですが、どこかで働いているのかもしれないですね。

でもご先祖様が結婚できないということに関係していなくて安心しました。


そして1番気になる結婚!!!

カードの感じからするとそう遠くない未来にありそうな感じで嬉しいです^^
当たるといいなぁ、というよりも当たって欲しいです。
でも今まで高望みをしていたのかな?
もう好きという気持ちが前の彼達に全くないので、あれが高望みとは思いたくないですけどね。。。笑

そして婚活をしたほうがいいとのことですが、実はしているんですよね。
以前にカールバティーさんに言われ、今年の2月から結構がんばっています。
エージェンシーには登録していないのですが、カールバティーさんには医者・弁護士系のパーティーに行くと良いと言われたのでパーティーにはよく参加しています。
ただ、医者・弁護士とうたっていても実際には医者・弁護士は本当に居なくて。
でもここはカールバティーさんと一致しましたね。医者・弁護士との結婚は^^
がんばります☆



『この人なんか語学の才能とかそういうのもある感じがするんで、やってみたらいいと思うし、海外にも興味あるんじゃないかしら。外国も行ったりしている気がするので、もしかしたら海外とかも語学関係の習い事とかなんか学校に行ってみたり、また海外旅行すること自体も出会いに繋がるかなーと思います』

この言葉は本当にびっくりしました。
この鑑定を受けたのが6/4で6/5~NYへ旅行に行っていたので^^
勿論そんなことはお伝えしていなくて。
ただ出会いは全くなかったですけどね 涙;
海外に旅行に行く度に、英語を話せるようになりたいといつも思います。
勉強してみようかな。

あと、お金を使ったほうがいいって聞いてちょっと楽になりました。
結構我慢していて。
もし結婚できなかったらと思うと、老後やマンション購入を視野に入れて遣わないようにしなければいけないような気がして。
これで洋服沢山買えます^^/

そしてこれが1番ドキっとしたのですが、

『白金だったり麻布だったり六本木であったり良いレストランでする所があるらしいんですが、そういうのを探してみるといいんじゃないかしらと』

今週末に実は上記のエリアではないのですが、似たようなところで開催するパーティに参加するんです。
それも、弁護士・会計士限定です。
もしこの鑑定が当たっているなら、今週末に素敵な出会いがあるかもですね!!!
楽しみです^^v



 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



 いかがでしたか?

 そしてこのあと最後の質問として、私の『占い処』のネーミングを今後どうやって決めるべきか相談することに。



                                   。。。。。。。名前編へつづく


  占い処PanjaRoom Information


 このブログサイトにつきましては、パンダが興味を持った占い師や商品に対して、実際に体験したり商品を使用して、その時にパンダ自身が感じたことをストレートに表現している感想文にすぎません。 そしてまた、パンダが見聞した様々な事柄に対する評価は全ての人に値するとも限りません。 占い鑑定に行かれたり、商品を購入される事に関しましての保障は一切致しかねますので、十分ご検討の上、読者様の自己責任にて行動願います。


    にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ          Photo_3


Photo