前編の記事掲載後、取材対象者のY朱見さんより以下のコメントを頂きました。



 
私は宜保愛子さん目指すも目指さないも考えてません(これまで一度も)。
 
かなり前に、人の思惑から発せられたタイトルなので、それについては、少し困ってます。

 私自身は、何故か動かされている、誰にでもなく、ただ声のする方向により、と思ってます。
 もちろん誤解無いように言うならば、政治も宗教も関係ないです。
 それと、○○(パンダ)さんがいらっしゃったことによりさらに教わりました。
 仕事内で言ったことには責任持つことをこれまで以上に肝に銘じて、これからも精進したいです。

 それと、話変わりますが、話によれば金額の云々が占い業界ではあるようですが、私の場合ご参考に。
 例えば、「何か憑いてるので祓ってください」は、たまにあります。
 が、たいてい精神的なものです。
 お身体を視ることも含め、「病院へ」と言います。これは毎回です。
 でも時々、割合でいえば百人に一人位のものでしょうか。
 お会いした瞬間に私が後ろに回る場合があります(祓うために。本人に判らない場合もあります)。
 それはリピートの方も含め、有り得るので、こちらとしては手を抜けないです。

 元々、『生き霊・悪霊祓う』が大好物なので、なんて…すいません。
 現実、結構そんな具合です。
 もちろんそんな時でも、見料は60分で1万円なんです。私自体は、やりおおせた感で、高揚しますが…

 今日、本日の方で、話が長引いて、1時間20分で1万円でした(私の勝手なので)。
 それと、私のところでも、現実他の占い師さんより被害あったのも聞きます。
 その際、私の答えは、「警察に行ってください」です。
 ご理解いただければ助かります。


 確かにYさんはセッションの時、今回私が付けたタイトルの『ポスト宜保愛子』ということを売りにしたいとは思っておられないようなこと話されておりました。

 そしてYさんの良心的な価格設定というところもまた魅力的ですね。


 さて、中編となる今回では、知人に依頼されていた相談のアドバイスをお伝えしてみたいかと思います。



 〔 相談者 40代女性 主婦 〕


   相談内容

  • 亡くなった母は成仏しているか?
  • 娘(小学生)はどんな仕事を目指せばよいか?


 では。。。。


 「まず、相談者本人の『気』を引っ張っちゃいますね。。。ヒュッ。。。(霊視中)。。。ヒュッ。。。。えっと、○○(パンダ)さんはお会いしたことある方ですよね?」


 「はい」


 「はい、じゃそこから。。。ヒュッ。。。。フーーン、ヒュッ。。。。。。○○(相談者)さんなんですけどね、精神的には波のある方です。ですから時々落ち込むこともあるんじゃないかなってことで、やっぱりマイナス溜めやすい方だと視ています。はい、それとですね、健康面では特に内臓関係だとかそちらは出てきませんが、時々やっぱり呼吸器系統が精神面から来るようで、胸の辺りがザワザワッって来るもの持っていると思います。簡単に言うとそんな感じですが、胃腸系統も若干弱いかなと。。あと膀胱関係という感じです。で、本題入りますね」


 「はい」


 ここで亡くなられたお母さんのことを視ていただくことに。。


 「多分相談者の『気』を引っ張ってあるんで大丈夫だと思いますけれども。。。。ウーーン、ヒュッ。。。。。。これ相談者じゃなくてお母さんかな、あー凄い。。。ヒュッ。。。。フーーン、ヒュッ。。。。。フーーン、ヒュッ。。。えーとですね、私、亡くなった方に入ってもらう(Yさんの体の中へ)のにやっぱりご家族が傍にいるほうが確かに確実なんですね。だからちょっと今回保障できないところがあるかもしれないですけれども。。こういう試みはちょっと初めてなんでね。だけどあの、どういう状態なのかというと、亡くなった方を自分の中に呼び出すときは、亡くなった時の状態で入ってもらっちゃうんですよ。うん、ですからどういう状態で亡くなったかというとそういう中で自分の中で検証しているんですね。で、まずお母さんが入ってきてから私声が出なくなっちゃったんですよ。まあ無理やり出している状態で非常に喉の辺りが苦しいんですね。それでお母さんに対してですけど、物凄い心臓の鼓動がダーーッと波立つ音と、それとこれも精神面でかなり辛い所にいらっしゃった方なんじゃないかと思うんですね。で、病気はなんだろうと探しているんですけれども、サーーッと色んなものが冷たくなってくるんですね、冷えてくる状態」


 「は~~」


 「これ病気なんですか? と思うぐらいにちょっと今、私自身は凍りついた状態になっちゃって、御本人本当に返事してくれているのかどうかが、自分でもよく分かんないんですね。一瞬入ったときにダーーッと鳥肌が立つんですけど、その鳥肌がまだ入ってこないんでやっぱり○○(パンダ)さん通してだとやっぱちょっとキツイかなと思うところがあるんですけれど、実はいつもここの時点で今度は身内の方がいらっしゃると実はあそこに姿を映すんですよ。で実は自分の目で視るんですね、『こんな髪型してる』とか、『こんな洋服着てる』とか、要するに○○(パンダ)さんが亡くなった相談者のお母さんに会っていればねいいんですけど、お会いはしてないですよね?」


 「はい」


 「試しというか、今回自分も初めてなんで。。。。フーッ、ヒュッ。。。実はあそこ(部屋の壁)は私にとってただのスクリーンなんですよ。頭ん中で視てるんですけどそれをこう自分の中で変化させちゃうんですよ。客観的に視えなくなっちゃうんで眺めるようにして投影した状態にします」




Dvd_012

 目の前の壁に対象者の姿が映るそうである。

 「あまり背の高くないという方が自分の中では視えています。割と目はパッチリしている感じの方だと思うんですけれどもね、まあこの方が違っていたら申し訳ないんですけれど。あのー。。。とてもなんか変化としては急なんですけれども、もし病気だとしたらかなり急な変化で亡くなった方だと思うんですけど!?」



Dvd_008

 部屋のこの壁 をスクリーンにして投影されているそうだ。読者の皆さん見えます?

 「私もちょっと病名とかちょっと聞かなかったんですよね~」


 「で、一番の質問ですね、それをちょっとやってみます。。ヒュッ。。。。。。あのう、『寿命だったと思ってくれ』と」


 「亡くなった本人が言ってるんですか?」


 「はい。寿命だったと」


 「じゃあ、成仏していると思って安心してよろしいでしょうか?」


 「私はあの、むしろね、そう思ってあげることが大事だと思いますよ。『ありがとう』とね、存在そのものをですよね。それをご本人を上へ上げることになると思います。ですから、『成仏されているかどうか』ではなくて、これはもう寿命だったと。。何が起きようが寿命だったと思って、でその方が『いらしたこと』、『やってくれたこと』、それで『ありがとう』っていうことだと思います」


 「なるほど、はい、分かりました」


 「相談者はそうですねえ。。亡くなられたお母さんは割と細かく言われた方だったんじゃないかと思うんですよ。だから相談者からすると、やっぱお母さんから時々逃げたがるようなところがあった娘さんだったと思うんですよね。」


 「お母さんから逃げたがった?」


 「逃げたがるという感じもあるんですよ、面倒臭いというのが(笑)。うーん、だから親子が憎しみ合っているというところまでいっていないと思うんですけれども、勿論普通の親子さんですけれどもね。あのう、相談者からするとやっぱ消化出来ていないところもあるからこの質問なのかな~って私の中では」


 ここからYさんは続けざまに娘さんのアドバイスへと移った。。


 「結局自分も娘さんがいる、うーんあのう、そういう中では私はすごく相談者自身は良いお母さんをやっていらっしゃると思うので、うん、娘さんに対しての心配はそんなにないと思います。うん、ただなんか相談者の中で消化出来ないのが何でしょうねえ、うーん、ちょっとお母さんに色々やってあげればよかったと思うところもあったのか、うん。でも亡くなったお母さん視ると、お孫さんの気持ちが出てきますねえ。凄く気持ちが出てきますねえ、亡くなったお母さんの気持ちが。。。うーん、やっぱりお孫さんなんですねえ。うん、可愛かったんですねえ。。。ウーン、フュッ。。。フュッ。。。。うんと、まだ今はですね、女の子らしくてホントに美容師さんみたいなものとか綺麗な職業ばかり視えてくるんですよ。やっぱり女の子なんだなあと思うところがあるんですね。それこそケーキ屋さんになりたいだとか、美容師さんになりたいだとか、まあ割とそういうところは女の子らしいところだと思います。。。ヒュッ。。ただ、○○ちゃんの場合だとそうですね。。ヒュッ。。。。。。あのう。。中にあるものは意外と男の子っぽいんですよ。だから段々成長するにしたがっては今思っていることとはちょっとかけ離れてくるんじゃないかなと」


 「ふ~~ん」


 「綺麗なものとか、タレントさんに憧れているものが変わってくるんじゃないかなと思います。意外とやっぱり社会に出て男性よりもとか、同等だとかそういう気持ちが強まってくるんじゃないかと思います。だからどんな仕事というよりも、まあ今は道を作るわけには行かないですから、本人の個性をどんどん尊重するべきだと思います」

 。。。。



 こんな感じで知人の相談は終了し、後日相談者ご本人にお知らせしたところ、かなり当たっていたということでありました。
 
 後編では再び私の相談に戻り、私の今後についてや前世、守護霊などといったYさんのスピリチュアルセッションをお届けさせて頂こうかと思います。


                                   。。。。。。後編へつづく



  占い処PanjaRoom Information


 このブログサイトにつきましては、パンダが興味を持った占い師や商品に対して、実際に体験したり商品を使用して、その時にパンダ自身が感じたことをストレートに表現している感想文にすぎません。 そしてまた、パンダが見聞した様々な事柄に対する評価は全ての人に値するとも限りません。 占い鑑定に行かれたり、商品を購入される事に関しましての保障は一切致しかねますので、十分ご検討の上、読者様の自己責任にて行動願います。



  にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ  


com 紫