9月末に八王子にある現在のマンションへ引っ越して来たのですが、それまでに何人かの方々へ数軒の見取り図等を見せて占ってもらいました。

 サイコメトリーで千田さんに視てもらったり、読者の方にタロット占いをしてもらったりと。。


 そしてもう一人の占い師から、風水とタロットを用いて占ってもらっていたのでありました。


 今回紹介するその占い師とは、「この悩みにこの占い師・ヒーラー・気功師55人」という本で紹介されていた内の一人、月丘アンナ氏にお願いしてみることにした。


  月丘アンナの The Space of Healing


 彼女のHPから、メールで新宿での鑑定を希望し予約を入れた。そして後日、新宿東口の交番前で待ち合わせをすることとなった。


 。。。というわけで、約束した7時間のちょっと前に到着。




Dscn0617


 

 新宿駅の駅ビルの向って左側が交番。


 メールでは確か、「私はキャメル色の革の比較的大きめのバッグを持っていて、メガネをかけておりますので…。

 と書いてあったが、居るかなぁ、と捜してみると確かにその様な人物が多くの人ごみの中に一人居た。

 しかし。。。見た目は公務員か古臭い会社の事務員さんって感じの風貌だ。

 どう見ても占い師といったイメージとはかけ離れていた。ここは新宿だ、これだけの人が居るんだから同じ格好をした人は沢山いるので多分人違いだろうとスルーして捜し続けた。。

 しばらく捜してみたが、やっぱりこの人以外には見当たらない。


 「月丘さんですか?」と尋ねて違ったらかっこ悪いしなぁ、と思いながら尋ねてみることに。。


 「月丘さん。。ですか?」


 「はい、そうです」


 。。。。というわけで、この人が占い師さんだった。


 「場所は何処でも良いですか?」と聞かれたので、「はい、何処でも構いません」と答えると、月丘さんはスタスタと歩き出し、無言のままスタジオアルタの裏通りまで歩き続け、その通りにあるカフェへと入った。


 カフェの二階へ上がると月丘さんはキョロキョロと座る場所を捜し、テーブル席に着くと私にドリンクを注文するかを尋ねた。


 「何か飲まれますか?」


 「う~んっと、じゃあ。。。。アイス。。アイスコーヒーで」


 すると月丘さんは一階の注文カウンターへと向った。その間に私はノートとレコーダーを用意して待っているとドリンクを運んで戻ってきた。


 「あっ、お幾らですか?」と言いながら鞄から財布を出すと、


 「いえいえ、いいんですよ」


 おお、ドリンク代は占い師持ちだ! ラッキー


 今まで沢山の占い鑑定を受けてきたが、占いの館や個人事務所以外の「外」で鑑定を受けるのは今回が始めての経験である。


 月丘さんは席に着くと早々と占いはスタートした。。


 「お引越し先の相談でしたっけ?」


 「はい」 私はバッグから数軒分の間取り図を取り出して月丘さんに手渡した。


 すると先ずは風水で以下のようなアドバイスを頂いた。

  • 北東に玄関は×
  • 西に水周りは×
  • 梁がある部屋は×
  • 欠けている部屋は×
  • 相手とのドアが向き合っていると×
  • 東南に向って机を置く
  • 枕は北、西、北西のいずれかに向ける




Dscn0623


 そして次に三箇所の部屋をタロットカードで占ってもらうことにした。

Dscn0620















  最初に出たカードがこちら。リバースとかは関係ないのだろうか、逆さに出たカードを全て同じ向きに正した。

 向って左側の列のカードは20○号室。この部屋に入ると凄く疲れるらしいが、希望していたことが叶う部屋だそうである。


 真ん中の列は20○号室。堅実に生活をしてゆけ、落ち着ける部屋。


 向って右側の列は20○号室。悪くはないが、ちょっと忙しくなる。しかし、やりたいことにトライできたりする。


 そして次にこんなカードが出てきた。
Dscn0621




 私にとって「情報」、「智恵」、「知識」というキーワードが出てきた。


 そしてこれらのキーワードに対して、「使い方に迷う」と言われた。


 また、それに対して克服するには、向って右側の列のカードの部屋が良いという。


 別の物件の部屋に関して占ってもらうと。。


 自分以外の人と関係が良くなる。幸せな状態になる。ここへ入るとなると、「覚悟をしてはいるぞ」といった感じになりそう。満を持して、「やるぞという気負い」とか「頑張らなくちゃ」という感じになってしまう。


 そしてこのカードについて月丘さんはこんなことを言い出した。。
Dscn0622


 「えーとぉ。。。。ご結婚されてますぅ?」


 「いいえ」


 「彼女いるぅ?」


 「いいえ」


 「あ、そうお?」


 「どういうふうに出てるんですか?」


 「ちょっとねえ、このカードがさっきも出てたんですけど、お姉さんって感じの女性。。好きじゃない?」


 「う~ん、いやぁ悪くないですよ」


 「悪くないですかぁ(笑)」


 「年上の女性のことですか?」


 「いやっ、え~っと、具体的には年の割に落ち着いているとか、あんまりキャピキャピしていないとかそういう感じの人がぁ。。。近くにいません?」


 「口数があんまり多くないとか、悪く言えば掴み所がないとか。。。あまり身近にはいないんですか?」


 「あっ、いるいるいる! その女性と縁があるとか!?」


 「縁がありそうな気がしてしょうがないんですよ、同じカードが何度も出てきているので。。あの、5回出てきているのね。この人と係わってくるという可能性はあると思うんですよ」


 「近所に友達というか知り合いというか、交際はしていないんですけどね、二人ほどいます」


 「恋人という感じではないんですけれど、例えば困った時に話を冷静に聞いてくれるとかっていう人は近くにいると思うんです。今度の引越しを契機に思わぬ展開になるかもしれないし。。」


 「お付き合いしたほうが良いということですか?」


 「この方が恋人になるのか何になるのかは分かりませんけれども、あの~、こういう方が現れて今の生活を豊かにしてくれるという感じはします」


 「これから物静かな女性が現れるのではなくて、今そのような女性が知り合いでいるということなんですか?」


 「なんかそんな気がします。さっきね、最初に並べた中で一番手前に出ていて、あれは時間系列でドンドンドンドン進んでいくっていうものなんですけれど、それが手前に出ていたので」


 そして結果的には、向って右側の列のカードである部屋が一番良いとなった。これは千田さんや読者のタロット占いと同じ結果だ。


 それから、「今回の引越しはとても発展に繋がる引越しであると出ている」とも言われた。


 次に先ほどの女性に関しても改まって占ってもらうことにした。


 「えーと、具体的にどんなことを知りたいですか」


 「お付き合いしたほうがいいのかだとか。。。結婚相手なのか」


 「じゃ、この人がっていうことも含めて、今後どんな運勢かみたいな感じで占ってみます」


 そしてこんなカードが出てきた。Dscn0625



 「なんか嫌なことありませんか。。すごーく嫌なことありませんか、もうズタズタみたいな?」


 「ありましたよ。。。もうボロボロですよね」


 「大変でしたねえ。。。よく立ち直りましたねえ」


 「強ーい女の人いませんか?」


 「何処にですか」


 「なんか身近に」


 「いますよ、大家! 娘に代替わりしてからなんか嫌なことばかりで」


 「あ~、それでね! なんかそこの部屋は出たほうが良い」


 「それで嫌で嫌で引っ越そうと思って」


 「ホントにぃ(笑)」


 「このカードでそういうふうに出たんですね」


 「そうですね」




Dscn0626
 そして先ほど指摘された女性の話に。。


 「凄いシッカリしている人なんですけど、裏を返せばワンマン。。。だからその人は幸せなんだけど、『これで良かったのかなぁ?』と思ってしまうことがある。恋愛モードに踏み切るというよりかは。。。そういう感じではまだないかなぁみたいな。ちょっとあやふやな気持ちになるかもしれないし。。。人間不信だとか誰かの前では良く振舞っているんだけれども、内心あまり楽しくないだとかそういう状態が続いてしまいそう。。。えっとぉ、真面目な方。。勤勉というか」


 「私がですか?」


 「はい。で、あの、人から信頼を得たいとか、最終的には『信頼関係だよ』みたいに仕事でも思ってらっしゃる。人の為に一生懸命やってらっしゃるし、『それがなかったら意味ないじゃん』みたいなね。先ずは自分自身に対しての信頼を取り戻そう、あるいは信頼を得る方向で・・・それがあって始めて恋愛が出来るようになってくるんじゃないかと思います」


 「はぁ~」


 「結構回りから頼られてません?」


 「そういう一面はありますね」


 「悪く言うと、面倒臭いことを押し付けられたりだとかそういうことはない!? (笑)」


 「そうですね~」


 「そういう感じがするので、あのー。。あなたの回りの人があなたにとても甘えていてそれは凄く大変なんだけど。。ホントは自分がやることじゃないんだけどやらされちゃう。。」


 「ホントにその通りで。。な、なんでそうなっちゃうんですかね~」


 「それはね、回りの人がどんなふうに見ているかとか、どんな態度をとっているかだとかを現すカードなんですけど、それがここに。。やりたいことの現われなんですよ。それが強い人って言ったのは、この棒を持っている女王様なんですね」


Dscn0627
 「うーん、大家ですよ、これ!」


 「だから、この人は○○さんのことを不幸にしている」


 「なるほどねー」 クソ大家め




 「で、あのぅ、なんか意志の強い人が周りにいてその人達のやりたいことをする為に使われちゃっているとか、『あの、待ってよ、それは僕がやることじゃないでしょ』みたいな感じの扱いを受けていたりするのかな~っていう感じがする」

Dscn0628


 この絵の通りで全くその通りかもしれない。。。ボッタクリ大家め


 そして月丘さんはこう続けた。。

Dscn0630



 「で、あの~、やっぱり信頼関係であらゆる色々な人達と『楽しいからしたい』っていうのが一番の理想のようなんですよ。それで、それはだからフワフワとやるんじゃなくって、やったらやっただけ成果が出るとかというのが理想・・・・・・・で、『この状態を受け止めて進んでいけるかな』っていう状態ですね。。。。やっぱりね、○○さんは、こうしようと思ったことをやれる人だから、あのー、今度は自分で意志を。。自分のやりたい事を自分の手で。。それが出来るかがキーポイントになる。。きっと出来ますよ」


 「それは、『そうなっていきなさい』なんですか、それとも、『そうなりますよ』なんですか?」


 「幸せになりたかったらそうなりなさい」


 「『なりなさい』なんですか!?」


 「うん」


 「成り行きとしては、あのー。。。。今まで自分が面白くなかった、自分をケチョンケチョンにやっつけてくれちゃった色んな要素があると思うけど、それらを良い形で自分で消化して前へ進んで行ける様に。。。それがあるから自分が前へ進んでいけるような感じにはなりますね」


 「うーん」


 「で、雰囲気的にもそういう感じにはなります。ただちょっとまだ、この時の後遺症がまだ。。ちょっと人が信じられないとか・・・・・・けど、思っていることは間違っていないから自分の良いところを信じて。。。間違っていないから・・・・・」


 騒音が酷くて、所々テープが聞き取れなかった。


 「今後、恋愛運とかはないんですか?」


 「いや、ないんじゃなくって、自分で未だそんな気持ちになれないだけなんですよ」


 「経済的な面で消極的になっているからなんですかね?」


 「あ、あー、それはあるかも、だけどぉ、報われますよ。一生懸命コツコツやってていることとかは。。」


 「先ほどの女性との相性とかもタロットでは出ないですか?」


 「あっ、出ますよ。でも、ただタロットで出たから『じゃあ』っていうんじゃね。。」


 「でもタロットは嘘つかないですよね!?」


 「まぁ、まぁ、一応はね。。そうなんだけれども、先ず相手に興味を持たなくっちゃ!」


 「でも、ホレタハレタでくっついても別れたっていうケース多いですよ」


 「まぁね。。でもそれも。。」


 「厳しいですよ~、子供を一人で養っていかなきゃなんないのは~!」


 「でもほら、あの~。。それが。。。」


 「寂しいですよ、子供の顔を見れなくなっちゃうんですよ」


 「それはね、結婚や恋愛に興味があったからそういうことになったの。。その相手に興味があったわけではないのよ、そういって別れられたのは」


 「なんか×1の意見みたいですね(笑)」


 「いやいや。。まぁ、見てるとね結婚は・・・・」


 「でも、例えば良い相手だとして、恋愛で良い相手でも結婚相手としては向かないという相性もありますよ」


 「それはあります。それはありますけど、それを分かって・・・」


 「インドなんかでは、占星術で結婚相手を選んで離婚率が低いようなんですけど」

 このあとも相性問題の話は続いた。。。


 「結婚は一番相性の悪いもの同士が一緒になるって言われているんですよね。なんでかっていうと、自分の嫌な所っていうか自分の足りない所が自分の結婚相手だったりするらしいんですよね・・・・」


 次にこんなことを聴いてみた。。


 「先生は霊感ってあるんですか?」


 「ないと思ってたんですけどね」


 「あるんですか?」


 「『ない』とは良い切れなさそうですね」


 「ふ~ん。。。カードを見ているとなんか浮かんでくるとか?」


 「あー。。まあそうだしぃ。。。やっぱりね、カードに集中してなんていうかこう。。考えるんじゃなくってぇ、問いかける様にする。。」


 「ふぅ~ん」


 「あと、例えば『これは行かなきゃいけないな』とか、『この人は、こういう様に例えなきゃいけないんじゃないか』だとか。。。。。で、『5』の付くタイミングに注目してください」


 そういえば、ビーナス高木さんにラッキーナンバーは『5』だと言われたことあったっけ。


 「5の付くタイミング? ラッキーナンバーが5ということとはまた違うんですか!?」


 「それは違うんですよ。だから例えば、5時間後とか5ヵ月後とか・・・・5ヵ月後が誕生日の月なので、新しい人との出会いがあるかもしれないですし、離れていた人が戻ってくるとか。。その時は全然興味なかったんだけど、もう1回会ってみたら『話し合うじゃないか!』みたいなっていうこともあるんで。。。で、誕生日の頃って誰でもそうなんですけれども。。誕生日の大体1ヶ月前ぐらいになったらね、あの、身の回りの出来事に注意を払って」


 「自分の身の回りのこと?」


 「そう。あのお。。時々ね、自分が試されたりだとか、そろそろまとめに入ったほうがいいぞみたいな感じの出来事が起きやすくなる。なので、その時期に注目して出来ることなら書いたほうが良いと思う。そして誕生日の数日前になったら、『1年後の自分はどうなっていたいのか?』を一生懸命考える。出来れば静かな所で。。。誕生日の前になったらボーッと過ごさないでそうやっていると結構良いことありますよ」


 今回の鑑定はこんなところで終了した。しかし、30分の鑑定だったのに時間が大幅に延長してしまい、時計を見ると2時間近く経過していた。


 延長料金は一体幾らぐらい請求されるのだろうか。。。恐る恐る尋ねてみた。


 「ちょっとあのぉ~~~、時間延長に、なっちゃったんだけれどもぉ~」


 「ええ、あのお、会社とかじゃないので(笑)」


 というわけで、今回は延長料を取られることなく5千円でじっくり話を聴いてもらうことが出来た。


 鑑定はこれで終わらず、後日占星術で適職を教えてくれるということらしい。



Dscn0631




 残念ながら今回の顔写真はNGということで、代わりに占い師になる決意をしたとき、記念に購入したという月丘さんのラッキーストーン(確かオパールだったかな?)の指輪を見せてくれた。

 


 そして後日、別の部屋で検討することになってしまい、改めてメールで質問してみることにした。すると次のよう
な回答が占星術のホロスコープで視た「適職」と共に返信されて来た。


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



占いのご依頼ありがとうございます。


タロットカードで改めてみてみましたところ、
20○はあまり気が進まないというのはおっしゃるとおりで、
20○にした場合も、後日「本当にこれでよかったのかな」と
思い悩むことになりそうです。

物件が良いとか悪いではなく、
○○様にとってひっかかる点があって、
それを我慢して入居すると、後々後悔の種となってしまいそうな様子です。


同じマンションの中の別の部屋ではなく、
思い切って全然別の物件にあたってみたほうがいいように思われます。


○○様の生年からみて、おうちの間取りでの吉方位は
西、南西、北西、北東です。
(先日お話したことと多少矛盾するかもしれませんが、
個々の星回りでみるのと、風水一般の吉方位は多少違うのです)
上記の方位に玄関がある物件がいいでしょう。

逆に悪いのは(悪い順に)
北、南東、南、東
です。

この方位の玄関は避けたほうが良いです。
ただ、どうしてもそこに玄関がある物件しかないという場合は、
悪い作用を緩和する方法があります。目安にしてみてください。

ただ、○○様の中での物件を決める上での優先順位が
きちんと整理されていないようにも見受けられます。

駅から近いほうが良いとか、
駅から多少歩いても静かな環境が良いとか、
買い物に便利なほうが良いとか、
コンビニエンスストアが1分以内の場所にあったほうが良いとか
ご自分の生活をシュミレーションして、
どんな環境が自分にとって必要なのかを一度整理してみましょう。

それをやらないでいると、どの物件を見てもどこか気に入らない、
決め手がないという状況から抜けられず、
時間切れで手を打ってあとで後悔するということになりそうですよ。


それから先日最後にお話していたホロスコープから見た○○様のお仕事についてですが、
人と人とを上手につないで、共同でおこなう仕事が向いているようです。
コーディネートとか編集ということにあてはまるものがよさそうです。

目標が決まると一直線に突き進める潜在的な力を持っていますが、
競って負けて、傷つくのをとても恐れています。
この恐れを克服して、傷ついても傷ついてもそれに負けない強さを実に着けることが、
○○様の人生の課題なようです。


以上です



 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 この様な感じでメールが送信されてきたわけなんだけど、まず部屋については、


タロットカードで改めてみてみましたところ、
20○はあまり気が進まないというのはおっしゃるとおりで、
20○にした場合も、後日「本当にこれでよかったのかな」と思い悩むことになりそうです。
物件が良いとか悪いではなく、○○様にとってひっかかる点があって、
それを我慢して入居すると、後々後悔の種となってしまいそうな様子です。


 その後実際住んで3週間が過ぎた現在、部屋のあちこちで問題が生じて管理会社に何箇所か修理に来てもらっている状態であった。それ以外にも「ひっかかる点」は確かにあるんだけど、「後々後悔の種」になってしまうのかは今の所、未だ分からない。

 ただし、前回の部屋よりも家賃が1万以上安い割には総合的な条件でこちらのほうが断然良いと思うので、「ひっかかる点」は今の所は妥協できる範囲である。



 そして最後の一文で、


競って負けて、傷つくのをとても恐れています。
この恐れを克服して、傷ついても傷ついてもそれに負けない強さを実に着けるこ
とが、○○様の人生の課題なようです。


 確かにその通りかもしれない。。当たっているかもしれない。

 しかし、その克服方法をアドバイス出来る占い師を探して巡っているわけなんだけどね。


 今回の占い師は、バリバリのキャリアがあるというわけでもありませんがジックリ話を聴いて貰える良心的な方で、占いに関しても他の占い師と被る点もあった。

 そんなことから月丘さんは、落ち着いて相談出来る占い師の一人に数えられるかもしれない。
 今後とも、占い師として活躍して欲しい応援したくなる占い師の一人でした。


 このブログサイトにつきましては、パンダが興味を持った占い師や商品に対して、実際に体験したり商品を使用して、その時にパンダ自身が感じたことをストレートに表現している感想文にすぎません。
 そしてまた、パンダが見聞した様々な事柄に対する評価は全ての人に値するとも限りません。
 占い鑑定に行かれたり、商品を購入される事に関しましての保障は一切致しかねますので、十分ご検討の上、読者様の自己責任にて行動願います。
 


  
 占いインフォメーション欄トップページ

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ