最近、カウンセリングの上手な占い師さんにあまり出会っていないなぁ、なんて思っていました。そこで、心理カウンセラリングを普段の本業とされているバランガンの霊能者である麗子さんにでも相談してみようかな、と思い立ち予約を入れてみることにしました。

 バランガンのHPを見ると、麗子さんは月に2日程しか対面カウンセリングをしていない様で、予約を取るのは難しいかも!? と思っていましたが、すんなり取ることが出来ました。



Dscn2957 
 バランガンは今年の始め頃、新堂さん(旧 Kingyo)を頼りに行って以来2回目。





Dscn2958


 では、2階の鑑定所へ


Dscn2959_1  中へ入ると前回と同じ受付のお兄さんが出てこられて、予約したことを告げると鑑定室へ通され、そこでお兄さんに10分サービスの割引券を手渡した。


 鑑定室のソファーで出されたお茶を飲んで暫く待っていると麗子さんが現れた。


 麗子さんは「始めまして、麗子と申します」と言いながら全面が写真になっている珍しい名刺を差し出された。


Dscn3109_1


 インパクトのある名刺である。

 実はこの日、ICレコーダーをセットしていたのですが、停止ボタンに当たってしまったのか、残念な事に録音を失敗してしまいました。また録音されているからと安心しきっており、この日はメモも取っておりませんでした。その様なことで今回、詳細は書けませんが覚えている範囲で少しだけ紹介してみたいと思います。


 まず、何を相談したいのかを質問され、仕事について質問すると最初の仕事は何をしたかとか、心理のカウンセリング的に質問されたが、なんだかコールドリーディングっぽくなるのが嫌で、その辺ははぐらかした。


 なんか、当てが外れたかな!? なんて最初はガッカリしかけたのだがその後、紙に名前と生年月日を記入する様に言われ、書き込むとその紙に手かざしをすることもなく、じっくり見つめてリーディングを始めた。 

 そしてアドバイスの細かい内容は忘れたが、「本当は、もっと他に自分の進むべく適切な道に進んでいたのに父親の間違った教育が原因でおかしくなってしまった」「外見で他人を判断してしまう」など、まさにその通り! と言えるほど家族関係や何が原因で今の精神状態になっているのか等を詳細に語ってくれました。


 名前と生年月日を書いた字を手かざしすることもなく見ているだけで視えてくるのは、霊能力が結構強いのかな!? と思えたりもしました。

 「適職」や「守護霊」などは視えないそうだが、これは視えないものは視えないと正直に答えられる所などは信頼できる優秀な霊能者である。

 得意分野である魂の波長や精神状態などは、納得のいく深い回答を頂き何か心のシコリを一つ溶かしてくれた様な気持ちになった。

 そしてまた麗子さんは、嫌な思いをさせられることもなく、私の言動に対しても最後まで冷静な素晴らしい態度でカウンセリングをされました。

 精神保健関連の国家資格を持ち、心理カウンセリング10年以上のキャリアは決して伊達ではなく、今回、麗子さんの素晴らしいアドバイスを詳細にお伝え出来なかったことが、非常に残念でなりません。


 何でもバリバリと視えて回答される方ではありませんが、今迄の占い・霊視とは、また少し違った視点から回答を貰ってみたいと思われている方には、お薦めのカウンセラーなのかとも思います。



  麗子 blog http://blog.livedoor.jp/rin200341/



 このブログサイトにつきましては、パンダが興味を持った占い師や商品に対して、実際に体験したり商品を使用して、その時にパンダ自身が感じたことをストレートに表現している感想文にすぎません。
 そしてまた、パンダが見聞した様々な事柄に対する評価は全ての人に値するとも限りません。
 占い鑑定に行かれたり、商品を購入される事に関しまして保障は一切致しかねますので、十分ご検討の上、読者様の自己責任にて行動願います。


  占い処PanjaRoom Information