「原宿占いの館 塔里木」に石井清龍という評判の良い占い師がいるらしい。 


 http://www.tarim.co.jp/profile/contents/uranai-ishii.htm


プロフィールを見てみると、


真勢流本筮易学会主催
会長 石井清龍
真勢流・龍山派 本筮易 宗家 
。。。などと書いてある。



そして、先生のホームページを読むと

 http://www.asahi-net.or.jp/~pa6c-isi/


面白いではないか!


いつの日からか、石井先生のHPにハマッていた。


そして、いつかは占ってもらいたいと思いながら1年は過ぎただろうか、とうとう念願の日がやって来たのは2005年12月のことであった。。

原宿竹下通りにある塔里木に行くと石井先生の人気は凄いらしく、午前中に行ったのにもかかわらず、鑑定は夕方になってしまうと受付で言われてしまった。


先生の場合は1人30分しか視てもらえないとのことだったので、前金30分5千円を払い予約券を手にした。そして指定された時間に戻ってくると石井先生は時間内に終わらせるのが苦手なのだろうか、その後1時間程待たされた。


そしてやっとのことで私の番が回って来て鑑定スタート。。


先ず占う前に目を瞑り、『氏名、生年月日、住所』を心で唱えるよう言われた。その間、先生はサイコロを長細くした様な木の棒を振った。


東洋のタロット版といった所だろうか、出た目を解釈して占う占術である。


その結果は以下のようになった。

  • 計画できないで考えているだけ
  • 最近は以前よりも心が落ち着いてきている
  • 人間関係はおとなしさを付け込まれる
  • 大きく切れる性格
  • 自分を出さず犠牲にする
  • 結婚は10~11年後
  • ホームレスにはならない
  • マイナス思考
  • 考えずに職を選んでしまう
  • 周りに流される
  • 気合がない
  • 机上の空論
  • 将来は金に恵まれない
  • 人間関係が駄目で今まで通り職を転々とする
  • 首、肩甲骨、腰が悪い
  • 食べ物が好き
  • 珈琲自家焙煎での起業は×


オーラの色を聞いてみたら眼鏡を外し、私をじっくり観察。。。


「神社巡りをしていませんか?」と先生は言った。


そう言われれば、昨日は高尾山にある薬王院へ護摩焚きへ行ったばかりだ。


色のほうは、全体が乳白色と藤色が少し出て胸の辺りが緑色、そして左側がグレーらしい。


このグレーという色はあまりよくないらしく、実際私の左半身はあちこち悪いのである。


先生は続けて言った。「眉間に黒い玉があり淀んでいる」。


この言葉にも驚かされた!


確かに私は、眉間から光が出なくなり霊視が出来なくなってしまったのである。


今現在も尚、オーラ透視をしてもらって、ここまで詳細に視る人は石井先生をおいて他に出会っていない。


最初に言ったメインが乳白色というのは、後日本城暎梨香先生からも同じ色を指摘された。おそらく、スピリチュアルの世界に足を突っ込み過ぎた為に色が変化してきたのだろうと思われる。


藤色に関しては、五味先生の所で手に入れたアメジストのブレスレットが藤色と指摘された場所のポケットに入れていた。それを見せると、石井先生もビックリしていた。


そして眉間の黒い淀みについて私はこう話した。


「子供の頃、この眉間から光が出て色々視えていたんですが、視えなくなっちゃったんですよ」


「訓練すればまた視えるようになるわよ」


『。。。と言われてもなぁ』


まぁ、今回の易はこんな感じで、まるで霊視でもされたかのような驚くほどの的中率


恐るべし、本筮易


また、先生の性格はとても親身になってくれる優しいお人柄であった。


塔里木で家紫美姫先生と並んで二枚看板の人気占い師であるということが十分理解できた。そして十分に満足のできる30分でありました。

 このブログサイトにつきましては、パンダが興味を持った占い師や商品に対して、実際に体験したり商品を使用して、その時にパンダ自身が感じたことをストレートに表現している感想文にすぎません。
 そしてまた、パンダが見聞した様々な事柄に対する評価は全ての人に値するとも限りません。
 占い鑑定に行かれたり、商品を購入される事に関しまして保障は一切致しかねますので、十分ご検討の上、読者様の自己責任にて行動願います。

  占い処PanjaRoom Information