三軒茶屋に「毒舌」、「辛口」、「マシンガントーク」、「速射砲」などと噂される占い師がいる。2010年の深夜帯で半年間に渡り放送されていた占い番組『うわさ体感バラエティくちこみっ』で話題になった一人、花占いのタマヨ苓妃さんだ。

 当時テレビで占っていた花占いの印象がまだ頭に残っていたもので一度体験しておこうかなと思い、そのタマヨ苓妃さんの占いサロン『あらから・すぱ』へ予約を入れ先日行ってきました。



RIMG0027 (1)
 場所は世田谷の三軒茶屋駅から数分歩いたビルの2階。




RIMG0025


RIMG0028 (1)
 自分発見できるかな?


RIMG0029

RIMG0030 (1)

 扉を開けると意外に明るく向かい入れてくれたタマヨ苓妃さん。
 
 奥に設置された丸いテーブル席に案内され着席。

 セッション開始前に、「霊感占いはあるんですか?」と質問したところ、霊感占いではないとのこと。そんなわけで今回は統計学占いとタロットでの鑑定となります。

 最初の占いは私が希望した『花占い』から。これは生年月日からその人の星を導き出す六珠占命法(りくじゅせんめいほう)で、それぞれ6つの花に例えて占うタマヨ苓妃さんオリジナルの占術。

 録音を希望したが残念ながらNG。メモは早口なため追いつかないとの理由でこれもNG。
 「今日話した中でなにか心に残ったものを持って帰ってください」とのこと。そして、「黙って聞いていてください」、「いちいちうなずく必要はないです」などの説明を受け、あまりうなずかないよう気をつけながら怒涛の早口で話し始めたアドバイスにじっと耳を傾けた。

 アドバイスの内容は、まず私は『キク科・サクラ』に属すそうで、上品に見えるがとにかくプライドが高い、昔の頑固おやじタイプ、職人気質といったタイプ。そしてサクラの著名人には紀子様や松下幸之助といった人たちがいるという。

 その他にもアドバイスいただいたと思うが、マシンガントークだと緩い私の頭で今思い出せる内容はこのくらいだろうか。しかしながら主に性格占いであるその花占いで指摘されたことはどれもよく当たってたなといった印象は残る。

 最後にタロットで今後の仕事運を占ってもらったが、展開されたカードは今までよく指摘されてきた「コミュニケーション不足」。またそれを改善しなければ最終的に「自分がミジメな思いをして終わる」という結果のカードが出た。
 また現状のまま継続して運営して行くだけだとかなり節約しなければならないという結果に花占い同様、タロットもズバッと痛いとこ指摘されてしまった感じでした。

 2016年の行く末は果たしてどうなることやら。。。社会って難しいですね(;´Д`A ```


  あらから・すぱ





 
占いインフォメーション欄トップページ


現在、取材対象者への誹謗中傷的なコメントは受け付けておりません。このブログサイトにつきましては、パンダが興味を持った占い師や商品に対して、実際に体験したり商品を使用して、その時にパンダ自身が感じたことをストレートに表現している感想文にすぎません。そしてまた、パンダが見聞した様々な事柄に対する評価は全ての人に値するとも限りません。占い鑑定に行かれたり商品を購入される事に関しましての保障は一切致しかねますので、十分ご検討の上、読者様の自己責任にて行動願います。

  にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ         Photo_3

Photo