先日、都内某所で鑑定されていた某占い師のセッションを受けておりました。

 現在は残念ながら休業されてるのですが、せっかくなので今回アップさせていただこうかなと思います。

 鑑定内容は今後の恋愛運と健康運についての相談。タロットと守護霊によるアドバイスでした。


 先ずは恋愛運の相談から。。

 「あのー、間違ってたらすみません。婚活パーティーとかって行ったりしますぅ?」

 「それはないです。ああいうところは行ってないですね」

 「なんかそういう結婚相談所に登録とかされてます?」

 「ないです。じゃあ今後そういうところで縁があるっていうことですか?」

 「ですかね? なん。。なんだろう?? 不思議と。。今彼女さんいない?」

 「いないです」

 「ですよねえ。いないのに意外と良いカードが並んでいるんですよ。で、アウトドアとか趣味の状況のカードで、これって『人が集まってる』カードなんですよね。『人が集まる場所で出会いがある』のが入っているんですよね。で、そういいう運に誘われるのか自分が行くことになるのかみたいな。で、出会いもあるの」

 「ふう~ん」

 「出てるんですよ。ただその後なんですよね。多分今までもそういうことあったのかもしれないですけど、出会いがあったとしてもそれをキープするのがちょっと苦手なのかな~」

 「そうですかぁ」

 「そんなことないですか?」
 「うーむ」

 「んーとぉ、『コントロール』のカードが入っているのでぇ、コントロールの必要性がある。それはえっと例えば自分の今までの異性への接し方とか会話の仕方とかっていうのをちょっと改善する必要性があります」

 「そうですかぁ」

 「うん、それが視えてくるの。そんな感じなんですよね。それが出来る可能性がかなりあるんですよ。そうするといい感じになりやすい。お付き合いが出来るっていう方向性が見えやすい。。どうでしょう?」

 「出来たとしても一時的なんでしょうかねぇ?」

 「いや~~、自分次第で彼女は出来るみたいです。そこのコントロール、接し方とか話し方とかの改善が出来ると、ここに『恋人』のカードが入っているので、『可能性は十分あるんだよ』って」

 「はあ~~」(;´▽`A``

 「うん。ただあ、自分の中でどうしたらいいかが分かんなくてグチャグチャになっちゃってることが足を足を引っ張っちゃってる。せっかく良い運気がきたとしてもそれが足を引っ張って進展しない方向に行っちゃう。でそこを変えるとこれ(カード)もこれ(カード)も恋愛が始まるし彼女も出来るし、良い方向に行くんじゃない?」

 「ちょっとじゃあ楽しみに頑張ってみます」

 「出会いは接し方、話し方、例えば雰囲気とかをちょっと変えるといいですね。見逃さない出会いを」

 「そこなんですよねぇ。。鈍感なんでえ、どんな感じの人が向いてるだとかぁ?」

 「出来れば、シッカリとした人ですね。シッカリ者の女性。引っ張っててくれるような」(笑)。

 「引っ張ってってくれるようなねぇ。。」

 「その方が上手く行くかもしれないですねえ。例えば年上とか」

 「気立ての良いタイプとかではなくって?」

 「姉さん。姉さん女房じゃないけど」

 「元気な方とか?」

 「はい。パワフルな人とか」

 「そっちの方が向いてるんだぁ」

 「『年上のシッカリした人』というカードが入っているので」

 「年下じゃダメぇ?」

 「年下でもいいんですけどお、シッカリした人。男の人が引っ張ってくれるのが当然じゃなくって、私がそんだったらやってあげるわよ、引っ張ってあげるわよぐらいのシッカリした人がいいです。でそういう人と出会う可能性が高いので、そういう人と出会ったらちゃんと話し方、接し方とか雰囲気をちょっと明るめにするとか。そっちに変えて逃さないようにするといいと思う」

 「はい、分かりました。守護霊さんから何かアドバイスはもらえますか」

 「はい、出せます。ちょっとお待ちくださいね・・・(目を閉じチャネリング中)・・・なんかマリア様のような人が守護霊さんで視えますねえ。シスター!?

 「ほお」(; ̄Д ̄)

 「ただお客様(パンダ)は優しい方なんですよね」

 「はあ」

 「でえ、その優しさが分かるから見守ってくれているというか・・・(目を閉じチャネリング中)・・・えー、『あなたの良さを分かってくれる人がいい』と言っています。多分基本的に優しくって真面目な方であると思うんですよ。そこを理解してくれる人。で、外観に惑わされないとか外に出ているものに惑わされないような、やっぱりさっきのシッカリした人じゃないですけど、そういう人が良いよと・・・(目を閉じチャネリング中)・・・積極的に出会いを求めるといいと思う、はい。さっきの集まりにっじゃないですけど、そこに無理して行くということではなくて気持ち的にちょっと引け目っていうのか、『オレなんかそんなに良い出会いがあるわけない』って、ちょっとある感じですか。それを変える

 「うーむ」図星

 「自分を『せっかく生まれてきたんだからそういう幸せを掴んだっていいじゃん』っていうふうに気持ちを変えることが積極的に求めるっていうこと。なので、『幸せになっていいんだ、オレ』って変えて欲しいみたいです」(笑)。


 そして最後にオーラ透視で健康運を霊査してもらいました。。


 「喉から胸辺りに掛けて悪いというより弱いって感じかなあ」

 「そうなんですよねぇ。慢性的に食後に咳が出ちゃうんですよね」

 「多分、喉だけじゃなくって呼吸器ですね。全体がちょっと弱い」

 「そうなんですよね。だから老後の健康がちょっと不安なんですよね。あと他は大丈夫ですか?」

 「他は大丈夫。あえて言うなら腸かな。腸がその日によってちょっと調子が変わったりする

 「胃じゃなくて腸なんですね!?」

 「はい。例えば、『今日はすごいビンッビンッと、でも昨日は普通だし』みたいな」

 「確かに弱いっていえば弱いかもですね」

 「呼吸器が弱いと免疫力って下がるんですよ。だからスタミナだとかもやっぱり出難いっていうか、あとは腸がバランス崩しているとスタミナ出難いんですよね。だから免疫力とスタミナがちょっと低めになっちゃうのはあるかもしれないです。そうすると、東洋学でいう気血流の動きも悪くなるんで、頭の回転も一緒に遅くなったりもしますし、そうすると頭がボーッとしちゃったりするので、大きな病気ではないですけど出来ればちょっと良くしちゃった方がいいですね」

 「あ~、そうですかぁ」呼吸器系が元だったというのは核心を突かれたかもしれない。

 「頭の動きもちょっと鈍いんですよねぇ。それは呼吸器のせいかなと思ったんですけれども。空気が行かなくなって上手く働かないとか。なんかたまに頭痛いとか背中痛いとかありますぅ?」

 「頭痛はないですけど、背中が痛くなるときはあります」

 「あと鼻かな、鼻がちょっと詰まるとか?」

 「鼻が詰まるっていうのはありますね」

 「痛みじゃないけど頭がたまに締め付けられるような感覚なのかもしれないですね。あと鼻、背中がちょっと感じますねぇ。多分、口の中なんですよ。歯の治療は昔したことあります?」

 「あ~、噛み合わせの問題でしょうかねえ?」

 「噛み合わせも考えられますけど、口の中の虫歯菌が実は呼吸器に回っちゃって呼吸器が悪くなっちゃうことがあるんです」

 「あ~、なるほどね。そういうのもあるかもしれませんね」

 口内の菌が体を回ってしまうらしく、口内菌を減らす効果のある乳酸菌を大目に摂取すると良いとのことでこの日のセッションは終了しました。

 この一週間後、この時のセッションはすっかり忘れていたのにもかかわらず、ブルー・フェアリー(ピノキオを人間にした妖精)のフィギュアを購入していたんですよね。マリア様の話は半信半疑だったんだけど、偶然なのか必然の流れだったのか。。。今となっては不思議な思いです。



RIMG0028

 ブログランキング・にほんブログ村へ   HelpAnimals
com 緑