都合により、「某所のEさん」とさせていただきます。
 8月に某所で霊視リーディングと霊感タロットで鑑定されているEさんのセッションを受けた内容です。

 この日は何故でしょうか、うっかりしていてレコーダーとデジカメ、おまけに手帳まで置き忘れてきたという今まで経験の無い痛恨のミス。
 そんなわけで今回は覚えているところを書き出してアップしてみたいと思います。

 まずはじめに私の仕事内容を伏せて過去世リーディングと守護霊鑑定をお願いした。するとEさんはしばらく目を瞑りながらのリーディング。

 「小舟に乗っている様子が視えて、釣りをしている釣り師でドジョウかウナギのような魚を釣っている。魚は卸していた。近くの小舟に乗っていた母と子どもが落ちて溺れているのをその船の船頭が助けに飛び込んだが3人とも溺れてしまったため、自分が助けに飛び込んだ。結果3人を助けることは出来たが自分は溺れ死んでしまった。とても優しい人であった

 長年ドジョウを飼い続けていることを話すとEさんは驚き更に深くリーディングしてくれた。。

 「本当はペット用に売りたかったんだけれども買ってくれる人がいなかったため、食用に卸すしかなかった

 そして守護霊は。。
 「マリア様みたいな人が視える。そして『人のためになることをして欲しい』と言ってます

 不思議なことに先日アップしたこちらの方と被るような回答。(;・∀・)

 このマリア様のような存在が今の仕事を私に託しているのだろうか?
 というわけで最後に仕事内容を告げて今後の運勢を霊視してもらうと。。

 「これから出会うとても優秀な占い師が10月に決まりそれから運気は上昇する」

 仕事運はこの秋に上がると複数の先生方に占われてきたのでこれも被ることになりました。


 マリア様については、これは机の後方に美輪明宏さんの写真を額に入れて飾ってます。これはたまたま偶然なのですが机に座るとちょうど私の背後に位置する場所になるため、もしかすると美輪さんがマリア像として私の背後霊として視えていたのでしょうか。または、マリア様のような存在がそうするよう私を無意識に動かしているということも?

 ドジョウについては、アロワナの餌用に沢山のドジョウたちが袋売りされているのを見るに見かねドジョウ救いのつもりで10年飼い続けてきました。しかしこの行為は知らず知らずの内に過去世の帳尻合わせしてただけだったのかもしれません。
 人生はすべて『正負の法則』で成り立ってることになるのでしょうか? 今回のセッションは、『輪廻転生』についていろいろ考えさせられるのでありました。


 占いインフォメーション欄トップページ


ブログランキング・にほんブログ村へ  アニマルライツセンター 小 画像有  Photo