漠然とながらその意味合いを把握して暮らしてきた『態度』という言語。ネットではどんな文章でその意味合いを解説されているのかふと気になってしまい、ちょっと調べてみることにしました。


(その時その時の)情況の中で人がとり、まわりの人にも見えるまたは感じられるそぶり、また考え方の現れ。

人,集団,社会問題などの社会的環境事象に対する組織化された整合的・持続的な思想,信念,感情,反応傾向の総称。社会的環境に対処し適応する過程で形成される。一度発達すると反応様式に規則性を与え,適応を容易にする。

ある物事に対した時の人のようす。動作表情などの外面に表れるふるまい。ある物事に対応する身構え応対。出方。そぶり。挙動。

物事に対したときに感じたり考えたりしたことが、言葉・表情・動作などに現れたもの。

事に臨むときの構え方。その立場などに基づく心構えや身構え。

心理学で、ある特定の対象または状況に対する行動の準備状態。また、ある対象に対する感情的傾向。 物事に対したときに感じたり考えたりしたことが、言葉・表情・動作などに現れたもの。

事に臨むときの構え方。その立場などに基づく心構えや身構え。

心理学で、ある特定の対象または状況に対する行動の準備状態。また、ある対象に対する感情的傾向。


 面接でも経歴以上に要チェックされているところはこの態度だったりもしますようにどの業種に限らず出世で明暗の別れる箇所は意外とそこに歴然とした違いがあったりします。
 もちろん占いの世界も例外ではありません。この10数年間に何百名という占い師とお会いしましたが、一応サービス業のくくりに入るだけあって、この業界で生業とする者と副業とされる者との差にもお見受けすることが多々ありました。

 発言の内容や行動もその態度次第であったりするもの。適切な態度を身に付けることは何を学ぶか以上に重要な事柄なのかもしれません。。と思ってみるのでありました。


 占いインフォメーション欄トップページ


 ブログランキング・にほんブログ村へ   ウサギを救え!2
com 緑