前世は農民とお公家だったそうで、それぞれ『農民=八王子、お公家=広尾』として今世で影響を及ぼしてるのかもしれない。そう考えてみたのであります。そうなってくるのであれば、この先もドジョウたちと共に八王子に引き籠ってていいのだろうか。。というわけで、前回のセッションから1週間後の3月中旬に再び訪れました。

 前回同様3分間ほど呼吸を合わせてからセッションは行われました。

 「先週よりエネルギーが変わりましたね。ご自分の動こうっていうか活動しようっていうエネルギーが始まっている。先週はどんよりしてた」

 「花粉症のせいか磁場の関係か原因分からないんですが体調もイマイチ具合が悪く、呼吸も苦しかったんです」

 「もうパンパンだったんです、凄く。今は第一、第二、第三チャクラ辺りが動こうとしているので良かったです」

 「あ、良かったです」


 そして今回は、住む場所で今後自分に相応しい引越し先の相談をしました。

 「パワースポットって分かりますか。ここに住むと良いとか?」

 「パワースポットっていうか、今すべてにおいてこういうエネルギーを取り入れるといいよっていうのは今出てますけれども。。海とか山とかって苦手ですか?」

 「そんなことないですけどぉ。。嫌いじゃないけどそっちの方が開運しやすいですか」

 「○○(パンダ)さんの現状の丸ごとのエネルギーを視る限り、自然のエネルギーを今ドンドン取り入れた方がいい」

 「うーむ」都心よりも遠くなるなぁ

 「じゃあそれが実際に住む場所になるかと。。そうなるとまた現実の問題があるんじゃないですか。お勤めもされていらっしゃるでしょう?」

 「そうなんですよねぇ」

 「職を変えるっていうとよっぽど熱くなるもの、自分でもう『ここだ!』っていうものがあるんなら自動的に動いていらっしゃると思うんですよ」

 「例えばピンポイント的に『世田谷が良いよ』とか、『目黒が良いよ』とか、『思い切って青山にマンション借りちゃいなさい』とか。。」

 「青山のマンション高いですよお」

 「まあ高いですけどぉ、高いけどそれだけの見返りは期待できるとか?」

 「あ、分かった! そういうね、あの。。受動的だなぁ」

 「例えばそこの土地に縁があれば。。やっぱり土地と縁の無いところに住んでるよりは多少高くっても縁のある所へ住んだ方が運気が上がって収入も増えるとか色々縁が出来るとかっていう可能性は見込めない? 過去世でこの土地で良いことあったからそこへ行くと良いよとか」
 「そうじゃないんですよ。今ご自分がどうしたいか、先ずそこが無いとスタート切れないんですよ。。。うん、間違いなく自然界の柔らかさとか。。うん、お花って留まるところなく咲くでしょう? 頭であれこれ考えずにその調和の中の自然のリズムの中で自分を咲かして行くんですよ」

 「まあそうですけどねぇ。。」

 「その力も欲しいところなんです」

 「ふーむ」

 「尚且つ土台。体でいう二本足なんですけれども自分を作り上げている信念とかそういうものをもうちょっと強化した方がいいかも」

 「うーむ。。まぁ。。じゃあ私の質問の『どこが良いですか』っていう答えは無しで!?」

 「『ここに行きたいけれどもどお?』っていうんであったならば、視れる。うん。。東京都内の地図を視ているんだけれども、どっちかっていうと南の方。北は寒い、合わない。○○さんにとって北は窮屈。もっと窮屈になります。ッ南の方向、暖かい方へ行ってください。北は窮屈なはずなんです」

 都内で視た結果とのことで、北だからといって東北や北海道も悪いということではないらしい。

 「南は目黒区大田区になるかなぁ。。」

 「元々東京都の方ですか?」

 「神奈川です」

 「あっちの方が合ってるんじゃない?」

 「あんまりいい思い出なかったしね~」

 「海がありますよね。三浦半島も神奈川ですか?」

 「うん。鎌倉でも小田原でも海ありますからねぇ」

 「そもそも東京っていうエネルギーは辛くないですか?」

 「そんなことないですよ」

 「そっかぁ。でも北は駄目ですよ。東の千葉側も難しいです。南の方が良いです、行くんならば」

 「東京の北側は大衆的じゃないですか、北区とか足立区とか池袋とか。ああいうところはあんまり好きじゃないです。住まないにしても仕事とか港区は相性どうですか?」

 「真ん中よりちょっと東側は問題ないんですよ。丸の内とか港区とか」

 「恵比寿、代官山とかはキツイ?」

 「ううん、キツくない。。北千住とか。。葛西もキツそうですね。港区は可もなく不可もなく」

 「あ、そうですか!」

 「はい」

 「ふう~ん。良いこと知りました。目黒とか。。大田区はあんまり好きじゃないなぁ。。品川区とか?」

 「大田区はおススメしません」

 「南側というと。。東横線沿線とか?」

 「その辺は安全ですね、今の○○さんなら。鎌田とかはちょっと冒険すぎる」

 「そっちはあんま興味ないから。。ふう~ん、なるほど」

 「鎌田、行けるようになったらもう立派ですよ」


 ここで名刺を差し出しはじめて職業を明かし名刺鑑定。仕事運を占ってもらいました。

 「パーンと飛ぶような感じにはまだ今は見受けられない。ポーンと抜きん出て売上が上がるとか」

 「逆に落ちるとかはぁ?」

 「落ちるとかはないです」

 「屋号を変えればいいわけですか?」

 「ううん、そのまんまで大丈夫ですよ」

 「それから場所は今後どうするべきかと?」

 「サロンは良いんじゃないですか。。。サロンの家賃は大変じゃないですか? この場所は大変です」(笑)。

 「でも黒字で何年もずっと来てますよ」

 「うん、だから良いと思うんですよ、このサロンの場所は」

 「サロンの場所は良いんですけど、ご自分の場所が八王子。。もう少し都内側。。目黒でもいいかもしれないですね」

 「家賃は幾らくらいに抑えれば上手くやって行けそうですか?」

 「今の家賃と同じくらいだったら今のところ一番安心なんじゃないですか、見える形で」

 「借りれないですよ、今の安い家賃で目黒は」

 「今引っ越したいんですか?」

 「今直ぐではないんですよね、将来的に」

 「うん、今はぁ。。。(守護霊に)止められちゃった。。痛い。。今止められてる」(>_<)

 「今は止めとけって?」

 「うん。。痛い。。うん」

 「駄目っていう意味で止められてる?」

 「うん。。目黒は問題ないです」

 「じゃあ例えば来年くらいだったら良いってことでしょうか?」

 「一年後。。状況変わるかもしれないですねぇ」

 「なるほどねぇ。。。悪い意味で変わんなきゃいいですけどねぇ」

 「悪い意味では今感じ取れなかったので。それこそサロンに見合う場所っていうのが分かるかもしれない。『あ、ココ!』っていうのがお決めになるかもしれないです。そのときに『ああ、この部屋事務所でも使える』っていうところがあるかもしれないです」

 新たに良いと思える場所が見つかるというのは他の先生と同様な答えでありました。

 目黒かぁ、住んでみたいなぁ、住めるかなぁ(#^.^#)



 占いインフォメーション欄トップページ


       島根動物愛護ネットワーク1 com 黄