有隣堂書店へ行ったら一冊の新書に目が留まりました。


RIMG0079

RIMG0091
 大杉日香理著『龍神の力をいただく「神旅」のはじめ方


 本の表紙に記された『龍神』の力をいただくというところで自分にとって必要なことが記されてるかもしれないと思ってしまったんですよね。それは何故なのかと申しますと、十年前にスピリチュアルカウンセラーの正木りささんに支配霊に龍神がついてるとリーディングされたことがあったから。。

 「で、それで、支配霊といって、守っている人間の10年から20年後を大きく人生設計してコーディネイトしてくださるようなそういう存在としては龍神。龍がいますね、で支配霊というのはね皆さんね、あなただけじゃなくって皆さん人間じゃないんですよ」


 「はぁ~~~」


 「うん、守護霊と指導霊って皆さん人間なんだけど、支配霊だけは皆さん人間じゃないの」


 「はぁ~~~」


 「で、あの~~、種類としては、龍神、天狗、弁天様、お稲荷さん、それとか天使とか妖精とか観音様とかお不動様とかそういういわゆる人間でない存在が、支配霊というお役目を担うわけね、そこに龍が入っている」


 こりゃまた凄いのが入っているもんだなぁ。。


 「で、龍が入っているっていう方はとにかくねぇ、あのぉ~性格的に厳格。厳しいとされているんですね、でもその厳しいという目が自分に向く。ようは、自己評価低いです。あの~『長所は?』って聞かれても語れない人が多い。でも『短所は?』っていうと、いつも言えるんですね。ようは、何事も常に自分の中で出来ることは出来て当然だと思っちゃっているんですよ。出来ることを褒めるんじゃなくって、人間何事も出来て当然。だから常に出来ないことばっかり数えてきちゃってる」


 全くその通りで、自己評価が低く長所を数えられずにいるのは、支配霊のせいだったのか。。。まいったなぁ、決して龍が良いという訳でもないんだね。


 「だから、目が出来ないことに向きやすいんですよね、だから自分の欠点を凄く知っている。だからぁ。。でも、何事も出来て当然ってことになってくると自分がどういう才能があって、何をしたら自分が飛躍発展をするのか!? それが分からない人が多いです。だけど凄くね、前向きになっている時っていうのはぁ、自分が出来ないところだらけだから頑張るっていうふうに『グヮヮーー-』って何でも活力持って何でも勉強しますって流れに行けちゃうんだけどぉ、だけどこれが一度テンションが落ちていっちゃうと『自分は何も出来ない、だから駄目だぁー』って堕ちちゃうんですよ。そうすると何も出来なくなっちゃうから、だからこの龍神様が憑いている方っていうのは、いかにモチベーション高めてね、プラス思考でいくかっていうのが人生での成功の秘訣になってくるの」


 《 これを読まれている面接官の方へ 》


 「長所は?」って質問して、迷っている応募者の後ろには、龍が憑いていると思いましょう!


 さて、戻ってつづきを。。。


 「うん、それからぁ、良い意味で聞いてねぇ、この厳格さがぁ、人に向くと良いんです。何故かっていうとぉ、自分の出来ないところを見抜く力があるでしょう!?」


 「はぁ。。」


 「だから人が出来ないところを探して見抜いてあげる力がある」


 「はぁ~」


 「うん、そうするとぉ、人の欠点を見抜いてぇ、その欠点をプラスに変える。あなたが何か学問なり学びがあればぁ、その人に対して指導者になれるんですよ」


 「うん。。」 学問も学びも全く無いんだけど。。


 「ようは、出来ないところを見抜くから」


 背後霊団を知り腑に落ちる 前編 正木りさ


 そんなわけで今回躊躇なく購入して帰りました。



RIMG0080
 龍神の御利益を力説した内容の本は珍しいかもしれません。

 目次からチラ見してみますと



RIMG0082

RIMG0083

RIMG0084

RIMG0085

RIMG0087


RIMG0088

RIMG0089

RIMG0090

 今ある自分は、龍神のお蔭様であるのかも。。(;^_^A


 



 占いインフォメーション欄トップページ


 ブログランキング・にほんブログ村へ   ドッグフードの選び方ならドッグフード研究所
com 緑