今年1月のことなんですが、都内某占いの館へ占いに行ってました。見た目50代~60代女性占い師で名前は都合により伏せさせていただきますが、占いのスタイルが非常に珍しかったのでチラッと鑑定内容を紹介してみたいかと思います。

 先ず差し出された用紙に自分の氏名を苗字と名前の間に少し間隔を空けて記入するよう言われて記入ました。その訳を尋ねると、紙を透視していると真ん中の空けたところから視えてくるものがあるのだそうです。

 そして出ました回答が。。

 「今なにかに怒ってらっしゃるう? 腹の立つことがある!? あのねえ、今ちょっとが視えてらっしゃるんですね。これはそのときによって変わりますんですけど、私が考えてとか拝見してでなくて上から私に分かるようにいろんな動物で表すんですね。それでね、狼がですね、ちょっとこうやって牙をこう。。でこすってるんですね。で毛並みの方はですね、例えば犬のように撫でたらなでらかになるんですけれどもちょっとこうボサボサ感があるんですね。だから例えば猫が怒ったときとか背中の方が毛がバーッと立つじゃないですか。ああいう感じなんですね。ええと、本来の黒とこげ茶色みたいの他に所々白い毛がちょっと生えてたりするんですよ。そういうところは普通の狼の野山に暮してるたくましい狼の状態よりも自分でこういう考えあるんだよとか自分でこういうもの持ってるんだっていうのをピッピッと白いところでちょっと表現している感じなんです。。何を怒ってらっしゃるんでしょうか(笑) 私いつも動物視てからご相談内容伺うんです」

 動物に例えるとは面白いなとここで二名ほど人物透視をしてもらいました。

 「・・・はポメラニアン。ポメラニアンと狼だったら断然狼の方が強いから先ず動じない。まともに相手にしなくていいです。あのー、ポメラニアンってねぇ構ってあげないと。。例えばパグとかブルドッグは強いから滅多に吠えないです。ただあのぉポメラニアンって力が無いので知識もそんなにこういったものはないですね小さいので。キャンキャンキャンキャンってずっと吠えてるんです。それは○○(パンダ)さんだから吠えてるんでなくって、誰に対してもキャンキャンキャンと勝手にやってる。でこういう人はただね犬なので、環境が整って餌にするとかね、『そっち行ったら危ないよ』ってキュッとリードを引いてくれるような人が構って構って、『カワイイよ、ほら美味しいでしょ』と構ってあげると裏切らないし言う事聞くし大人しくなるんですよ。ただ、『私ここに居るのキャンキャンキャン』、『皆無視しないでキャンキャンキャン』、『私こんないい人なのにキャンキャンキャン』って騒いでるんです。だから狼の方が正面切って戦ったら確実に勝つので、だからあの自分の中でこの人より高いところから見てまた訳の分かんないことを言葉汚いですけど馬鹿な姿勢でキャンキャンしてるからしょうがないなあって。どうしても接触持たなくっちゃいけなかったらもうホントに事務的、まるで話すんでも箇条書きのような感じ、余計なことを言わない感じで。そうじゃないとまたいっぱい構ってあげちゃうとベターッて来るんです。だから例えばこういう方が奥様だったらねお世辞を言ったり『可愛いよ』って言ってあげればいいんですよ。お仕事の関係であったならば、本当に自分は高いところで『ああ、また騒ぎ立ててるな』って。それは最低限仕事なので伝えなくちゃいけないこと、しなくちゃいけないことにはキチンとして、でもそれが気に入らないっていうことであれば、こんなことどうたらこうたらどーんなことしてもおそらく気に入らないんで最低限のことだけやって一線ピーッと引いちゃう。で自分はいざ最後になったときには、『自分は絶対勝つ』って思っていて。そんな人に気持ちを持ってかれると時間が勿体無い。その人にこう『あー、また困ったなー』って、そういう意識を持って行かれるんだったら自分の勉強をなんかしてた方がまだいい。だから絶対○○(パンダ)さんの方が強いから。強いっていうことは『正しい』っていう意味でもある。だからそこは自信をもって自分が一段高いところから『しょうがないなあ面倒見てやるか』みたいなぐらいで・・・(中略)・・・もう卒業で良いと思います。もう学ぶことはない・・・(中略)・・・で他の方に意識を持っていったほうがいいですね」

 もう一名はこんな感じのキャラと出ました。。

 「この人はねぇ柴犬かねぇ。この人の方がまだ大人しいですよ。一応お行儀良くは座ってるチョコンとね。ただね尻尾はありますよね。まあ尻尾は普通になってますね。巻き込んでたら委縮してたり怖がってるってことなんですけどまチョコンとお行儀良く座っていて、尻尾のところが白い毛がシューッて一筋出てるんですね。この人はこの人なりのちょっと考えを持っているんです。それは傍から見るときちんとお行儀よくお座りして可愛いワンちゃんだねっていう風に見えるんですけどもちょっとこう一物持っているっていうか一言いいたくなるタイミングがあると思うんですよ。持ってますよ自分の考えを。だから表面上はね・・・(中略)・・・かもしれないですけど自分の考えをお腹の中に持ってらっしゃるんです・・・(中略)・・・ただこの人はワンちゃんなのでぇリードもちゃんと視えてるんですけれどもね・・・(中略)・・・狼は一匹狼っていうじゃないですか、でもそれは悪いことではなくって山で群れで行動する場合もあるじゃないですか」

 あくまでも今の状態で明日のキャラはまた変わるそうで、狼や犬以外にも鳥や虫、恐竜など様々な動物で出て来るとのことでした。

 最後に金運アップのアドバイスをいただきました。

 「私、金運が弱いんですよねぇ」

 「玄関綺麗にされてますか?」

 「そういうの関係あるんですか?」
 「あります、あります」

 「あんまりぃ、掃除はしてないですねぇ」

 「してない? ホントぉ(笑)。綺麗なところにお金寄って来るんだけどね」

 「風水ではよくそういうふうに言われてるみたいですけどねぇ」

 「それこそ大企業の一部上場の企業なんかでも結構社長なんかもトイレ掃除しますよ」

 「トイレはマメにやってます」

 「トイレをマメにやっているんだったんならば。。風水って言ってもねぇ全部拘んなくってもいいんですけどねぇ、やっぱりトイレとかねぇ玄関。それこそとりあえずご自分の靴一足だけにして綺麗にしてくださいねっていうことだけ言いますけど、風水的に拘るともういっぱいありますよ。観葉植物置いてとか鏡とか。それこそこれ龍の写真置いてとかね。そういうことよりも自分が『金運悪い』って二度と言わないでください。先ずね、自分が『金運悪い』って言って言葉に出すでしょ。そうしたら頭蓋骨に響いて自分で聴いてるわけでしょ。そうするとそれが本気で結構言ってると思うんですよ、『金運悪いんですよ!』って。そうすると西洋的に言うと可愛いエンジェルさんが一人に最低二体はついていらっしゃるんですって。そのエンジェルがその人の望みと思っちゃうわけ。本心で言ってるから。『金運悪い』って思ってるって。そうすると金運悪いっていうことを望んでるみたいに思われてしまう。だから嘘でもいいので、『運が良い!』って思ってなんか金運が玄関片付けただけで金運良くなってきたぞ。それをね常に思って行くと人間ってね癖になるんでそれが身に付いて来ちゃうんです。そうするとそのエンジェルさんも金運が良いって言ってるんだからミカエルのところまで飛んで行ってアソコの仕事をどうのとかって動きが出るんです。早い人は一週間もしないでねパッとなんか変わってきたりしますよ。あとね、ホントにねホントにやる気があるんだったらね、夜寝る前にお布団の中でこうなりたいって映像でイメージする。なんで寝る瞬間かって言うとね、普通に意識してるときって顕在意識であるわけですよ。今も金運が無いとかって顕在意識で思ってるわけ。そこから寝るときに潜在意識に切り替わるときなんですよ。そのときに映像でテレビ見てるみたいにね良いことをイメージして、『よし、これでいいぞ!』、ってね。夏ぐらいにはどうなってるかってね。数字のイメージをしてもいいし、騙されたと思ってねそれ本気で思ってください。それを毎日擦り込んで行くんですよ。潜在意識のねマナシキとかアラヤシキとかっていうね深~いところにね意識があるんです。でそこにこう擦り込んでいくんです。それが近道。何故風水やるかっていうと自分が安心するでしょ。『風水でこれをやってこれをやったから良くなるぞ!』って本気で思い込むわけ。それを『風水でこんなことしたってもダメだよなぁ』って思ってる人はもうホントに上っ面の形だけで終わる。人間の意識でねいろんなことホントに変えられるんです。だから病気だってそうですよ。子どもがね脳腫瘍になってねそれをねゲームの敵のキャラクターに設定してね、お医者さんとそういうやり取りがあったらしいんですけど、自分でゲームしながら頭の中の脳腫瘍を敵のモンスターかなんかにピッピッピッって攻撃すると実際消えちゃったりするんですよ。それは世間に公表されてますけどね。『先生、僕もうどうやっていいか分かんなくなった』って。検査したら腫瘍が消えてたって。消えるわけないじゃないですか手術もしないのに。でも消えるんですよ。それって人の意識。私も癌の方とかねご自分の意識とかでね消したなんて言う人も沢山いるんですよ。だからそれは自分で『金運が悪い』なんてね神様でもない人がね金運が悪いなんていうのは決められるはずもない。それで神様ってホントエネルギーだからね。で、『自由にやりなさい』、この世に生まれて来たってことはね自分で計画立てて来るんですよ。『お父さんとお母さんのところへ生まれて来て今までお金持ちの生活を経験したから今度お金を忙しい人の気持ちを勉強しようか』みたいにして生まれてきたリするんですよ。それでそういうものも自分の意識で変えられるんですよ。あとなんか腹の立つようなことがあったら深呼吸すると良いんですよ。人間の身体って唯一呼吸はね勝手に出来るんですよ。だからそこでちょっと深呼吸してそうすると怒り方が違ったり表現が違ったり。でそういうふうに自分で自分の気持ちを綺麗にしていって自分が光ってくると良いものが寄って来る。で悪いものって光が眩しいから寄って来れなくなる。でね、ホントにその寝るときに望むことってね『こんなオイシイ話あるわけないよな』っていうくらいなことをね想像して良いんですよ。自分が主役なんだから、自分の人生だから。でしかも意識で変えられるんですよホントに早い人なんかは女性ですけれども『虐められてね、もう辞めようかと思う。でも生活のために辞めたら困るの』ってね。じゃ虐めのお相手の方に対してこういう意識持って指導したら三日後に電話掛かって来たの。したらね、『先生、虐めてる人移動になったんですよ』って。だから自分の前から消えるわけですよ。人を変えようなんてのは簡単ではないので自分が変わった方が早道」

 以上のような感じで透視と風水による鑑定が終了。

 姓名透視で動物に例えられたのはちょっとビックリ。「オオカミ」というキャラは、確かに1月は気分的に荒れてたこともありましたが、自然好きで単細胞と自覚する自分に当て嵌まるかもしれないとなるほど納得腑に落ちるところかもしれません。また人にはエンジェルさんが二人付いてくれてるといった話も今回初耳でありました。。


 占いトップページ