備品補充で先日パンジャルームへ行ったときのこと、ふと占いをしてもらいたくなり道路(外苑西通り)を挟んで反対側にある広尾のビーナス高木さんの予約を入れ行ってきました。

 この日は引越し相談メインで行ったのですが、『引越し』は3万円(税別)のコース。
 予算的に今回は諦めて、『現在の運勢』や『恋愛の相性(3名迄)』が占える1万円(税別)コースで今後の運勢を視てもらいました。

 占術は今回もビーナスさんが得意とする水晶の丸玉による霊視鑑定。 

 「運気的にはちょうど今年の5月くらいから大転換期に入ってるんです。なので大きな方向転換を余儀なくされるという変化の時期に入ってます。ちょっとブルーの陰影と月が出てるので基本的にはちょっと情熱の偏りがあるとか物事の決断に至らないとかそういう熱意の空回りみたいなお知らせになっちゃってるんです。なので自分自身のモチベーション不足とか現実的な事実確認をしっかりして計画したり見通しや見込みがあるか自分の中で確認して前に進むことが必要と出ているので運勢的には悪い時期ではないですけど気持ちと行動のギャップが出てしまってるお知らせ。思ってるほど行動できていないとかコミュニケーション不足といったお知らせになってます。いろんな人間関係を増やし築いて行くといったコミュニケーションをとって行かないといけない状況であり色々な人と一生付き合って行くご縁など人間関係を築く時期に入っているが自身ではなかなか行動できない状況。勇気が持てないとか欲不足な部分は過去のトラウマやこれまでの経験が足踏みさせてるというお知らせが『月のブルーの陰影』になっています。『勇気が持てない』、『現実的に考えられない』、『不安』、『活力不足』これは今の段階で自分に自信が持てていない理由です」

 「ブルーというのはオーラみたいなものなのですか?」

 「オーラではなくて取り巻いてる自分の空想、イメージ。上手く行くイメージに持てていない。自分の思想、哲学、考え方。だからどこか逃げ腰というか。本来は赤くなければいけない。そこにブルーが出ているということはオーラではなくて過去のトラウマだとか思いとか失敗とかそういうものが付きまとってるお知らせなので自分が取り払わない限り、脱出しない限りは前に進めない状況。霧が晴れないようなもの。心の中には自分のエネルギーを持っているけれども出し方が分からないとかアプローチの仕方が分からないとかモヤモヤした状況がそうさせてるというお知らせです。だからそこをもう一回仕切り直して花の種を撒きにいかなきゃいけない状況になっています。自分を取り戻さないと。自分の情熱やバランスの崩れを直して行かないと何も上手く行く気がしない。自分の信念において前に進むということがちょっと欠けているというお知らせです。何か自信が無いのが周りにも伝わってしまうとそれが理由で相手も躊躇されるしそういう人しか集まらない。自分が今自信に満ち溢れていなければならない時期にそれがなにか小さいものでしかなく、ましてや火が消されるくらいの陰影に包まれてしまっている暗闇みたいなものですから。そうじゃいけない時期なんですけどどうしちゃった? っていうお知らせですかね。元気が無いですねって」

 「健康的なものもあるんでしょうけど健康運はどうなんでしょうか?」
 「健康運っていうよりは運勢的に仕切り直しの時期なのでどこがどうってことではなくて、悪い生活習慣があればそれを直さなければいけないですし、病院に行って治療したりしなければいけないですし、しっかり自分と向き合うっていうことが出来ないと良くなるものも良くならない。怠惰に生活しているとドンドン悪化する時期に入っていっちゃいます。だから自分の心掛け次第。自分に対しての愛情とかどういうふうに幸せにするとか自分と対話するような時期に入ってます。運勢は悪くないですよ。ただ自分自身が何をするのかっていうことが現実的に落としどころが分からないというか自分の中での腹積もりというか決断に至ってないのでそこをシッカリ自分分析していただいてそこが仕切り直しっていう時期なんですよね。ですから今は自分の中で何を変えたいのかどう変えたいのか、具体的な信念を持って目的意識を何のために変えて行くのかどうしたいのか、綿密に計画的に具現化していくことがちょっと今足りていないのかなという状況なので今恋愛的にもコミュニケーション不足で発展して行かない。誰とでも中途半端な立ち位置、距離感で出てしまっています。決断不足だったり自分の信念不足だったり欲目で物事見たり本質的に相手との会話が発展していないのでただの妄想や思い込みで時間だけ喰ってしまってチャンスを逃してる。ただ運勢的には問題ないですけれども」

 「それ聴けて安心しました」

 「そうですね、良い吉報を受けられる時期でもありますし、自分のモチベーションをどうアップさせ継続させ自分の情熱とバランスに果敢にして現実的に自分が幸せになる方法を模索して行くかと出ているので」

 「やっぱり人には『身の丈』っていうのがあると思うんですよね。自分の身の丈っていうのはどの辺なのかなって?」

 「自分の身の丈は一番下に見積もっていたほうが良い運勢ですよね。『プライドの運勢』なんで」

 「都心に住んでる方は家賃や物価も高いだろうし皆さん腹くくられて出て来られたのはスゴイですよね」

 「そうですね、皆さん覚悟があるから良いお客さんは付きますし」

 「だからそれだけの器があるんだろうなぁ~。私はそこまでの器があるのかどうか」

 「あるのかどうかより自分は何処まで行きたいかがすごく重要で他人と比べてる場合じゃないですよね。人は人ですよね。『自分はどうしたいのか』、『自分はどうありたいのか』っていうやっぱり自分が周りを視るね自分を磨く目を持っていないと怠惰になっていくということを思っていないといけないですよね。だから一番下に自分を見積もって置くっていうのが一番いいですよね。上には上がいて。だからといってそれが別にどうこう言うことじゃないし、○○(パンダ)さん的にも今色々な経験や実績を得られてる状況で、『さて、ここからさてどうしようか』ってもう一回ねどうするかって再出発するのか、それともどうしたいのか。結婚を本気でしたいのか、それとも恋愛でいいのか。もっと具体的な案をドンドン練って実践的にやって行かないと上手く行かないとは思います」

 「今から14年前(こちら)だったかな、先生に『結婚はしない』と言われたことがありました(笑)。あれから14年経って当たって凄いなと思いました」

 「うん、やっぱりチャンスはあってもやっぱりそこは○○さん的にその色んな使命があったりだとかね、考え方がおありだと思うのでこれから本気かどうかっていうことは試されますよね。でも今の考え方じゃやっぱり14年前と変わらない。成長できてなければやっぱりそのままいってしまう」

 最後に恋愛運の相談では考え方が貧しいと赤い糸の相手とも上手く行かないというアドバイスをいただきこんな質問をしてみました。

 「どんなタイプの人が合うんでしょうか?」

 「正義感の強い人がいいと思います。間違ったことを正してくれる人。ハッキリものを言ってくれる人」

 「先生みたいにですか!?」

 「そうです。あなたが優柔不断だから」

 「あ゛~」

 「じゃないとぉ、やっぱり間違った方向にドンドン行ってしまったりとか自分の優柔不断さをカバーできる人じゃないといけないですよね。でもそういう人はあなたを選ばない。面倒だから」

 「ふぅ。。」

 「男らしくないしね。19歳とか20歳だったらまだいいですよ。だから魂の段階で信頼できるとか尊敬できる人は好きかもしれないけれど本当は○○さんだってスピリチュアル性持っているのにやっぱりそういうところを信じてるようで信じてないから。どっかで妄想で終わっちゃってるから。だから現実的に考えられてないから」

 「5歳のとき視えなくなっちゃったんです」

 「だから現実的に考えられてないから。現実と精神性のバランスがとれてないのでそこをちゃんと磨くってことを努力なさらないと真実は見えてこないですよね。だからどの方と良い相性ですよって言われても何が良いのかサッパリわかってないのね」

 「占いに行くと年上が良いとか年下が良いとかいろいろ言われるんですけど」

 「歳は関係ないです! だから○○さんの場合は『波長』なんですよ・・(中略)・・プロセスを大事にしないといけないですよね。出会った人は大事にしなきゃいけないから。もっとどんな人とでも踏み込んでコミュニケーション取った方が良いですよねってことだから。そうじゃないと全部挫折ですよっていうことだから。これから誰と出会ったところでも一緒ですねって出てるんで。そこが分からないと前へ進まない。後は包容力を自分に付けて頑張ってください」

 「はい」 

 「うっふっふっふ。だからホントにスピリチュアルを知ってるんだったらフィーリングを大事にされてください。形に拘り過ぎないで、占いに振り回されないで。もっと自分の直感とか霊感とかそういうものを信じて自分を信じて答えを出せるように自分の責任感を持って答えを出せるようにしないと女性は一生付きません。そこが今変えられるかどうかの瀬戸際っていう転換期なんです。変えられるチャンスがある。ただそんなに長い時間は無い。来年の誕生日までにまず自分の心をきちんと収めておかないとまた分裂する。不安定になる今はそういう時期です。今は固める時期。もう一回再スタートするのかもう一回出会いをちゃんと詰めに行きたいのか信頼関係を作りたいのかそのスタートラインなので。仕切り直すんであれば今がチャンス」

 「現在の運勢的には今後もう大きなことを発展させたり新しいことにチャレンジして行くのが良いのか、それともちょっと現状維持であまり出過ぎず欲張らずにもうちょっと運勢拓くまで待ってた方が良いのかなと?」

 「それは内容によります。取り巻く環境とか人間関係とか自分の器とかによってそれが変わってしまう。本来いい時期でもそれだったら動かない方が良いという場合もありますし」

 「現在の運勢とはいつまでのことなんでしょうか?」

 「今年の誕生日から来年の誕生日までです。それが現在の運勢で今が転換期。間違いなく転機です。だから良い時期なのに自信が無いのは何でですかって出ちゃってるので。決断しきれないとかチャンスを逃してるのが、踏み込めないのは何故ですかって出ちゃってるの。ここはもう心の問題ですから。これはもう○○さんの勇気の問題ですから。『勇気と覚悟が無いですね』って出ちゃってるので。何事に対しても。真剣に苦しんで脱出した方が良いですね。そこが人任せで他人任せで占い任せじゃなくって、占いは一つの切っ掛けで活かすぞと思ってやらないとそろそろ危ないですよね。。。そこに気付けないと」

 「はいそれで『切り替えの時期なぁ』なんて自分でもちょっと思ってつい先生に電話して来ました」

 「うんうん、そういう行動力はあるのにぃ、何で他のことは出来ないのってことなのよ。でそこはこうやって繋がれるのにホントに繋がらなきゃいけない人たちと遠慮しちゃうの? 真剣に踏み込まないの? そこがちょっと○○さんの弱いところっていうかだらしのないところというか人の顔色見ちゃうところなので、そこを自分でちゃんと意識して直して行かないと前に進まないですよね。無心で人に奉仕するのがホントに好きな人に幸せになってもらうためにとことん尽くすとか。なんにも始まってないのでなにも言い様が無いですよ(笑)」

 。。。というわけで、前回から4年振りとなる3回目の鑑定を受けてきました。


 “波長が合う人がいい”とアドバイスされましたが、それは『居心地が良い』とか『楽しい』と思える相手だそうです。今回「歳は関係ないです!」って言ってたけど、14年前には「ベストパートナーは気立てが良く面倒見の良い年上の人」だと言ってたんだけどなぁ^^;
 あ、それから“ブルー”といえば今年は服とか物買うときなんでも青系統をよく選んでたのを思い出しました。やっぱり今度から赤系統で選ぶことにしようかな。。って、それはちょっと違うかなf(^-^;


 ※現在は紹介制のようですが面識のない方の紹介依頼はご遠慮願います


 占いトップページ